見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

May 21, 2007

ロシアでは若者はこのように使われる


駐ロシア日本大使公邸に隣接するエストニア大使館をロシアの若者300人ほどが取り囲み、昼夜、大音量の音楽を流してエストニア非難のスローガンを連呼した。
エストニア政府は先月下旬、首都タリン中心部からソ連軍戦勝記念の銅像を撤去、移設した。これに対するロシア国内の反応は尋常ではなかった。若者たちは大使館に投石し、エストニア国旗を焼いた。マリーナ・カリユランド駐ロシア大使の記者会見場に乱入して暴徒と化した。大使は「休暇」名目で国内退避を余儀なくされた。ロシア治安当局の取り締まりは形ばかりのもの。先月中旬、反政府デモを力で封じ込めたのとは大違いだった。
デモ自体が異様だった。17歳の女子高生オリガはミニスカートでタバコを片手に「ファシズム国家エストニアをつぶせ」と叫ぶ。「郊外の町から夜行列車で8時間かけて来た」と愛国心を誇るが、そばの友人は「仲間と騒げて楽しいから」と言う。
18歳の大学生アレクサンドル・カザクは「電話やメールで友達に声をかけて参加者を集めるのが役目」と話した。
パンとジュースの差し入れが届き、野営用テント近くには簡易公衆トイレが置かれる周到さだった。相当の資金力をうかがわせ、若者の自発的な街頭デモとみるには不自然だ。
新イズベスチヤ紙は、政府がお墨付きを与えたデモ参加者が「小遣い稼ぎのビジネス」と化していると伝えた。報酬は1人当たり500ルーブル(約2300円)前後という。若者たちは、政府の世論操作に動員されているフシがある。
今回の反エストニア・デモは、プーチン政権を支持する青年組織「ナーシ」「若きロシア」などが呼びかけた。リーダー格のワシーリ・ヤキメンコ35歳は「銅像撤去は第2次世界大戦の結果を書き換えようとする動きだ」とロシア外務省の公式見解を代弁していた。
ロシア政府は「ソ連軍が欧州、バルト諸国をナチスから解放した」とする戦勝国史観に立つ。バルト、東欧諸国を「占領支配」した否定的側面には目をつぶる。
歴史教科書を編集する高校教師イーゴリ・ドルツキーによると、プーチン政権下で歴史教育への干渉が強まり、エリツィン前政権時代に30冊前後あった国定教科書は7冊に絞られた。「正史」にそぐわない教科書は採用を取り消され、「教師の間にも戦勝国の美点ばかり教える自己検閲の風潮が強まっている」と同氏は危惧する。
(読売新聞2007年5月21日)

どこの国も自分の国に都合の悪い歴史からは目をそむけたがる。そして不都合な歴史的事実をうやむやにした挙げ句、それを伝えるはずの教科書から削除する。人ごとではありません。
写真は、1999年秋に始まった第2次チェチェン戦争を目撃した子どもたちが描き残した膨大な量の絵の一枚です。この絵を元にチェチェン難民の母と息子がアニメーションを作りました。ヴィデオとDVDになっています。「春になったら」と「子どもの物語にあらず」の2作品です。
今日は奥歯を抜いて気分が悪いのに、もっと気落ちするニュースを知りました。北オセチアのベスラン学校占拠人質事件関連で、過失罪で訴追されていたプラボベレズニ地域警察の警察高官3名に対する裁判が中止になるんだそうです。裁判の中止を求めていた被告に対して、ロシア議会が恩赦を決定したためで、現地では「ベスランの悲劇は決して許されない」、「FSBとロシア内務省はテロに責任を負っている」と訴える人々が抗議集会を行いました。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home