見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

November 09, 2007

気が進まないオーロラ計画



米軍がアラスカでもっか力を入れているプログラムのことでは、電磁波の危険に敏感な人たちばかりか、アメリカがまたとんでもない兵器をたくらんでいるのでは?と危惧するヒソヒソ話が聞こえてきていた。ところが単に成層圏の上部、地上約60〜400キロにあるIonospere(アイアノスフィア:電離層)のボイラーに過ぎないとの説明がこのたびプログラムの責任者からあった。はたしてそうなのか?あるいはやはりその他の世界にとって迷惑な物騒な企みなのか?渦中のHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)についてちょっと。

◇アラスカの大地に碁盤の目のように整然と並んだアンテナは、電離層を沸騰させる超スーパーな兵器ではないかと推測される。あるいは天気をコントロールする装置。あるいは巨大なマインドコントロール施設。あるいは宇宙空間核対抗手段。あるいは政府助成金プロジェクトのまったくすごいやつ。
あるいは、HAARPは想像よりはるかに平凡なプロジェクトかもしれない。「IEEE Spectrum」誌がこのプログラムのマネージャーらと話をする、彼らは「電離層を厳密に調べるため電波を引き起こすことがHAARPの主な仕事」だと話す。
以下は「IEEE Spectrum」誌の記事「米軍、バンアレン帯で実験」から引用ーー

◇HAARPの主要装置のひとつは「電離層研究装置」と呼ばれる高周波帯を用いたメガワット級の送信機で、3月に最大出力に達したところだ。
この装置は電離層に高周波を照射し、電離層のある特定のせまい範囲を活性化、すなわち加熱する。そして地上では、低周波受信機、磁力計、UHFを用いた分析用レーダー、光学および赤外分光計、カメラなどさまざまな機器を使ってこのような信号に対する電離層の反応を調べる。
HAARPプログラムの責任者、米空軍研究所のポール・コーセイはこう話す。「われわれの研究の多くは自然のプロセスを管理された条件下で模倣するものだ」
だが、HAARP施設で進行中のプロジェクトはこれだけではない。
米空軍は「DSX:立証と科学実験」で衛星の打ち上げも計画している。環境調査衛星が中軌道でさらされる強力な放射線を調査するのがこの衛星の主要目的だ。
衛星には地球の周辺にある磁気圏の超長波VLF電波の伝導をモニターするための機器も積み込まれる。自然に存在するVLFとHAARPのも含み人工的に照射されるVLFが人工衛星の電子回路を破壊するほど強力な宇宙放射線(killer electrons)を削減できるかどうかを調べる。

このようにHAARPの研究には少なくともひとつはよくわかっていない内容が含まれる。ということは、ほかにもよくわかっていないことが含まれる可能性があるということだろう。
(DANGERROOM 26 October 2007)

電磁波だ、電離層だ、と活性化(ボイラーで過熱する!)なんかさせていいはずはない。このオーロラ、やけに美しいから余計にやばい気がする。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home