見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

March 06, 2008

バニティフェア誌のイランコントラ2.0



◇米バーモント州にある2つの町が4日、ブッシュ大統領とチェイニー副大統領を憲法違反容疑で逮捕する可能性がある措置を可決したと、地元メディアが報じた。
投票を行ったのは、国政へのリベラルな姿勢で知られるブラトルバロとマールボロの2つの町。
可決された措置は、大統領と副大統領の起訴を正当に行うことができる関係当局に2人を引き渡すよう、町の警察に命じる内容。
大統領と副大統領に対しては、バーモントの州議会がイラク戦争の終結を求めるとともに2人を告発する内容の拘束力のない決議を採択したほか、複数の町も2人を告発する決議を採択しているが、いずれも連邦政府側には受け入れられていない。
(ロイター通信 2008年3月6日)

◇バーモントの2つの町がブッシュ&チェイニーの起訴をよしとする
バーモント州のブラットルボロとマルボロの町の有権者が火曜日、憲法違反でブッシュ大統領とチェイニー副大統領の起訴を命じる法案に賛成した。象徴的な票決の結果は、それぞれの町の警察に2人が町に足を踏み入れればブッシュとチェイニーを逮捕せよと指図するか、または訴追手続きのためどこか裁判権のあるところに引き渡すことを命じる。
(デモクラシーナウ!3月5日ヘッドライン)

◇ブッシュがエクアドル国内のコロンビア攻撃を支持
コロンビア軍がエクアドルに越境してコロンビア革命軍FARC のメンバー20人を殺害した後、何日も南米では緊張が高まったままである。火曜日、ニカラグアのオルテガ大統領はエクアドル内で攻撃を遂行したことでコロンビアを非難した。
ダニエル・オルテガ:「国境から3キロ入ったエクアドル領土を爆撃するというこのけんか腰はコロンビア政府によってとられた。ラファエル・コレア大統領(エクアドル)は、これが交渉と和平に味方して尽力していた男を暗殺するためにあらかじめ用意ができた作戦だったと言った。コロンビアはラテンアメリカの不安定と不確実性の要因となってきている。」
一方、ワシントンでは、ブッシュ大統領がアメリカの密な同盟国、コロンビアの行動を公然と擁護した。
ブッシュ大統領:「コロンビアの民主主義を全面的に支援する、そしてわれわれは地域を不安定にしかねない正統な理由のない侵害行為はなんであれ堅く妨害すると大統領に伝えた。暴力やテロやドラッグ商人に直面させられるとしてアメリカはコロンビアに賛成し続けるだろうと彼に伝えた。」
ボゴタではコロンビア当局がFARC反乱軍について幾つかの新たな罪名を作り始めている。コロンビアの副大統領は、FARCは汚い爆弾を作るため放射性物質を獲得しようとしていたと主張した。ウリベ大統領はジェノサイド(大量虐殺)の後援者になることや資金供給することでベネズエラのチャベス大統領をICC国際刑事法廷に提起すると脅した。ウリベはFARCに金を与えているとチャベスを非難する。チャベスもまた、外国で暗殺の空襲を実行することで、コロンビアを「ラテンアメリカのイスラエル」だと非難した。
(デモクラシーナウ!3月5日ヘッドライン)

◇イラン・コントラ2.0:ブッシュ政権がいかに議会にウソをつき、ファタハにハマス転覆をねらった秘密の軍事援助をしてきたか
2年前のパレスチナ選挙でハマスが大勝し、ハマス政権が誕生した際、ブッシュ政権は武力で政権転覆を試みていたと、アメリカのバニティフェア誌が最新号で報じた。記事によると、ブッシュ政権は議会にウソをつき、対抗勢力のファタハへの軍事援助を急増させ、パレスチナに内戦を起こしてハマス政権を転覆しようとした。
レーガン政権が密かにイランへ武器を輸出し、その資金をニカラグアの反共ゲリラ「コントラ」の援助に流用していた事件になぞらえて、バニティフェア誌は今回の記事を「イラン・コントラ2.0」と題して発表している。
(デモクラシーナウ!3月5日ヘッドライン)

写真はダニエル・オルテガ大統領、アメリカにこてんぱんに潰されたサンディニスタ民族解放戦線の指導者です。彼は2006年11月、16年ぶりに大統領に再選されました。このときの選挙でもアメリカは反オルテガを掲げ公然と干渉しました。当時の商務長官や大使がオルテガには入れるなと運動したのです。OAS米州機構選挙監視団の遺憾声明もおおっぴらに無視しました。レーガン政権のもとコントラへの秘密援助に深くかかわったノース中佐がニカラグアに赴き、右派候補の選挙キャンペーンに加わりました。
今回のコロンビアの越境攻撃は、チャベスやオルテガの南米左派政権を目の敵にするアメリカの思惑がコロンビアを使ってひとつ具体化したようにも見えます。親米対反米の構図が鮮明です。世界をめちゃくちゃにする「悪の国はアメリカ」だというのを、ここでもまた確信しました。2枚目の写真はオルテガとチャベスです。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home