見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

December 21, 2012

善人に武器を持たせる


NRAの記者会見に潜り込んだ二人は
コードピンクのメンバー
排除されるまでのほんの一瞬とはいえ
副会長の狂ったコメントを止め
記者たちの目を逸らし
勢いを止めるのに効果あり
そうか、この男性なら
会場に潜り込めるかも

◇生徒および教師皆殺しのあと、ティーパーティの団体がお悔やみの言葉もなく銃が景品で提供される"Great Gun Giveaway”を開催して銃賛成の候補者の資金を調達する
コネチカット州エレメンタリースクール銃撃事件から4日後、ノースカロライナ州アッシュビルのティーパーティーが「抽選で二人に無料で銃をプレゼント」する資金集めのパーティを開催。賞品の1つは犯行に使われたのと同タイプのAR15ライフル…

(Common Dreams 20 December 2012)
http://www.commondreams.org/headline/2012/12/20-1

◇NRA(全米ライフル協会)はすべての学校に銃を必要とする
「私たちの子どもを殺している」と銃に反対の抗議者2人がNRAの記者会見
に割り込み一時中断させる

金曜朝ワシントンで開催されたの記者会見のNRA副会長ウェイン・ラピエー
ルの銃犯罪に関する論議を呼ぶコメントは、ピンクの布に白字で「NRA
 killing our kids」と描かれた横断幕を持った男性によって出し抜かれた。

警護によって連れ出されたとき男性は、「NRAは私たちの子どもを殺すのを
やめろ」と叫んだ。「私たちの子どもを殺しているのはNRAと襲撃用武器で
す。武装した教師ではありません。私たちは暴力を終わりにしなければなり
ません。学校での殺害、ショッピングモールでの殺害、ストリートでの殺
害、私たちはこの殺害を止めないといけません。NRAは私たちの子どもを殺
しています。私たちが暴力を止めることになるとNRAとの衝突が始まりま
す。彼らはストリートや学校で起こる犯罪の加害者であると、私たちは本質
的な事実を述べています。」


◇全学校に武装警官を配置すべきと全米ライフル協会
銃賛成のロビー活動団体が、「これが二度と再び起きないため手段を講じる手助けをする意味ある貢献」を約束する声明を出した。襲撃の翌日、NRAのフェイスブックのページは暗い色になり、ツイッターのアカウントでの動きが一時中断された。
http://www.democracynow.org/2012/12/21/headlines

◇オバマ大統領が事件発生後、銃犯罪防止に向け「意味ある行動」を起こすと強調したのに対し、NRAは「意味ある貢献」をすると表明。NRAが銃規制強化に向けた議論に理解を示すともみられていただけに、銃規制派からは一斉に失望の声が上がった。
1999年のコロラド州コロンバイン高校での銃乱射事件で死亡した男性の父親は同日、「変化を望む多くの米国人の願いを無視した」と指摘。その上で、「NRAの『変化』とは、もっと多くの銃が必要ということ」と批判した。
記者会見では、銃規制推進派の市民2人が「NRAは私たちの子供を殺している」「血で手を染めるNRA」などの横断幕を掲げ、警備員に連れ出される一幕もあった。
米国ではこの日、東部ペンシルベニア州で警察官と住民との間で銃撃戦が発生。付近の男女3人が死亡、警官3人が負傷した。警官と撃ち合いになった住民は警察に追われていたといい、銃撃戦の末、射殺された。
(2012年12月22日の新聞報道)

以下、ツイッターから

◇Pre-K(4歳児幼稚園)やキンダー(5歳児幼稚園)に武装兵。
NRAの記者会見:乱射事件から一週間。朝9時半に黙祷があり、その直後に「全ての学校に武装警備を配備せよ」と発言。今回の事件でも使われた戦場用の強力な銃の販売禁止や、ガン・ショーでは購入者の犯罪歴、精神病歴のチェックをせずに販売できるループホールには触れず、「メディアやビデオゲームが悪い」と非難。

確か1999年のコロンバイン高校の時もそう断じて非難したな

◇A Dirty Harry for every school!
NRAの副会長:「大統領を警護するシークレットサービスは銃を持っている。わが国を護る兵も銃を持っている。それなのに子どもを護るために銃を持つのはいけないのか?」
学校での銃乱射事件を防止する唯一の方法は、武器を持った悪党に立ち向かう善人に武器を持たせることだと副会長は主張。
銃規制のおかげで、小学校は「銃禁止(GUN FREE)ゾーン」を表示することにより無防備さを広報しているから事件を招いたという趣旨のコメントから銃の必要性を説いている。

うひゃー「文化の違い」と言っても 同じ時代だろ
すごい殺傷力のライフルだろうが国民皆が銃を持て(保険は×)となる?! 
すごい商売

0 Comments:

Post a Comment

<< Home