見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

August 16, 2013

怒りの日

◇地球のみじめな生活者を殺害
truthdig by クリス・ヘッジス 14 August 2013

イスラム過激派は貧しいイスラム教徒の最後の避難所である。義務づけられる一日5回の祈りが、力を失った信者の生活に唯一リアルな社会構造を与える。人生には究極の目的と意味があるとの理解に加えて、モスクでの祈りの前のきちょうめんな洗浄の儀式、厳格な道徳律は、多数の極貧のイスラム教徒を絶望から遠ざける。抑圧から高まる原理主義者のイデオロギーは柔軟さがなく、誤りを許さない。それは世界を、白か黒か、善か悪か、信者か背教者か、徹底的に分ける。ゲイやレズビアンに加えて、女性、ユダヤ人、キリスト教徒、世俗主義者に対して偏狭頑迷で残酷である。だが、それは同時に、社会の最下層の人々に最後の避難所と希望を提供している。カイロの路上の数百もの信者の大虐殺は、宗教上のイデオロギーに対する攻撃のみならず、ホズニ・ムバラクの残忍な警察国家に戻ることのみならず、またエジプトや他の地球上の貧しい地域を血と苦しみの騒然たる状況に変えてしまう聖戦の始まりの前兆となる。

イスラム過激派の支配力を打破する唯一の方法は、その信者たちに、貧困、抑圧、絶望にしいたげられることに威圧されない将来の人生の可能性を許し、もっと大きく開かれた経済に利害関係を受けさせることである。もしもあなたが、カイロの不規則に広がるスラムか、ガザの難民キャンプ、もしくはニューデリーのコンクリート小屋に住んでいるとすれば、逃れる路はすべて閉ざされている。あなたは教育を受けることができない。仕事を得ることができない。あなたには結婚する算段がない。寡頭制支配者や将軍によってあなたは経済の支配に異議を申し立てることができない。自己主張するのに唯一残された道は、殉教者、またはshahidになることだ。そうしてあなたは生きていて手にれることができないもの、つかの間の名声と栄光を手に入れることになる。そして、エジプトで起こることが宗教戦争として定義されるとはいえ、カイロの血まみれの広場から反抗して立ち上がる反政府派による暴力行為がテロリズムとして定義されるとはいえ、この混乱状態のエンジンは宗教ではなくて、地球の哀れな人が隷属させられて極貧に苦しめられる、もしくは撃たれる世界の破綻する経済だ。戦いの一線はエジプトにそして世界中に引かれる。エジプトの軍事独裁者、シシ(Abdul-Fattah el-Sisi)将軍によって任命された名ばかりのマンスール(Adli Mansour)大統領は、軍主導の政府と夜間外出禁止令、非常事態を押しつけてきている。それらはすぐには解除されないだろう。

過激な運動の活力のもとは殉教だ。エジプト軍は余るほど十分な供給を提供してきている。神に捧げられる死者の顔と名は、怒った聖職者らによって聖なる復讐を要求するために利用される。そして暴力が増して殉教者リストがふくらむとき、戦争は高度に燃え上がってエジプトを分裂させるだろう。警察、コプト教会キリスト教徒、世俗主義者、西側諸国の政策支持者、商売、銀行、観光業、そして軍が標的になるだろう。選挙政策が機能してシステムの中に持ち込むことができたモスリム同胞団によって説きつけられた過激なイスラム教徒らは地下に戻ることになり、モスリム同胞団の多くの平の構成員が彼らに加わることになる。ぞんざいな爆弾が爆発するだろう。私がニューヨークタイムズの仕事でカイロにいた1990年代に彼らがしたように、銃を携帯する殺し屋による手当たり次第の攻撃や暗殺がエジプトの日常生活をだいなしにしてしまう。とはいえ、今回、攻撃はより広範囲でより熾烈となる、制御するのも最終的に鎮圧するのもはるかに難しい。

エジプトで生じているのは、世界のエリートと世界の貧困層のあいだの包括的世界戦争で、先細りする資源、慢性的失業と不完全雇用、人口過剰、気候変動に起因する収穫量の減少、上昇する食品価格によって生じる戦争への先鋒(前兆)である。エジプトの8000万人の33%が14歳以下で、数百万人が世界銀行がその国で一日の収入2ドルと設定する貧困ラインを下回るか、まさに貧困ラインの上で生活する。エジプトの貧困層は収入の半分以上を食品に費やす、多くの場合、ほとんど栄養価がない食品だ。国連世界食糧計画とエジプト中央庁(CAPMAS)によると、2009年に19%だったのと比較して、2011年には推定1370万のエジプト人、もしくは、人口の17%が食料不足に苦しむ。栄養失調が貧困層の子どもの間で蔓延し、5歳未満の31%で発育が阻害される。文盲は70%以上となる。

「レ・ミゼラブル」でヴィクトル・ユゴーは、戦争を、"エゴイスト"と"捨てられた者(追放された者)"とのあいだのものと描写した。

(中略)

抑圧された人を抱擁する信仰システムは寛容でありうるが、これら信仰システムは世界のエリートによって彼らに加える残虐な行為や国家暴力や不公平への返答だ。私たちの敵はイスラム過激派ではない。敵は世界の資本主義である。それは地球のみじめな生活者が市場の命令の前に力尽くで従わせられる世界、グローバル企業のエリートらが世界の富と天然資源を吸い尽くすとき子どもたちが飢える世界、私たちの警官隊とアメリカ合衆国が支援する軍が街の通りで大虐殺を遂行する世界である。エジプトは来るべきディストピア(暗黒郷)への窓を提供する。生き残り戦争は、地球の人間のすみかの最終段階を示すだろう。そして、それがどんなものか、もしもあなたが知りたければ、カイロのどこでも街のモルグ(遺体安置所)を訪れることだ。

http://www.truthdig.com/report/item/murdering_the_wretched_of_the_earth_20130814/






0 Comments:

Post a Comment

<< Home