見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

December 25, 2013

パレスチナを想う


差別と抑圧をぶっつぶせ
いつかそのうち、パレスチナは自由な状態でクリスマスを祝います
(バンクシーの絵)

イエスはパレスチナで生まれた。占領されているため、パレスチナ人は世界中の人々のようにクリスマスを祝うことができない...



December 22, 2013

カストロのコラム


◇オバマと握手したことでフィデル・カストロが弟を歓呼して迎える
ロイター通信 19 December 2013
ネルソン・マンデラの記念式典でアメリカのオバマ大統領と握手したことについて、礼儀と尊厳をジェスチャーではっきり表明したと言って、木曜、フィデル・カストロが弟のラウル・カストロ議長を賞賛した。

マンデラの死に関する最初のコメント、マンデラを讃えアパルトヘイト終焉でのキューバの役割を再考したキューバのマスコミで発表される長いコラムの結びで、兄のカストロが世界中で大ニュースになった握手に触れた。
「記念式典でのすばらしいパフォーマンスに、特にフレンドリーだが、"ミスタープレジデント、カストロです"と英語でアメリカの政府の支配者にしっかり挨拶したときの彼の決意の固さと尊厳に、私は同志ラウルを祝福する。」
それは予定外で、愛想よい以上には進まないと言ってホワイトハウスは握手を軽く扱った。
それでもやはり、いつもの敵対的なレトリックの代わりに、幾つかの協力の具体例でここ数ヶ月アメリカのキューバとの関係が意外な心のなごみを経験している故に、出会いには共鳴があった。
オバマは先月マイアミで、半世紀以上のあいだ禁輸政策を行ってきているキューバに対し、アメリカはその政策を修正する時期かもしれないと言っている。
1961年に据えられた政策が、共産主義者に支配される島国とアメリカとの違いに対処する効果的手段のままかどうか、オバマは疑った。
2006年に腸の出血のため手術して二度と完全には回復しなかった87歳のフィデル・カストロは、2008年に5歳下の弟に権力を譲り渡した。
フィデル・カストロはマンデラの死についておおやけにコメントしなかったし、先週の南アフリカでの式典に出席するにはあまりに高齢すぎた。
ここ数ヶ月、彼はおおやけに姿を見せていなかった、けれども先週、彼の伝記作家のスペイン人作家イグナシオ・ラモネと話すためブルーのスウェットスーツ姿で席に着く彼の公式写真が月曜に公表された。
他のかなりの世界の指導者らがはっきり意見を述べるのをためらったとき、フィデル・カストロはアパルトヘイト反対を先導する声だった。
南アンゴラで戦って死んだキューバの軍隊を含める戦闘、アパルトヘイトとの格闘で、マンデラはキューバ人の支援に深く感謝した。
木曜のコラムでカストロは、マンデラの信念だったとして、アパルトヘイトのルーツと犯罪がマンデラの死の報道においてさっさと片付けられ思いやりを欠く扱いだったと不平を訴えた。
「マンデラが徹底的な男で、造詣の深い革命をもたらす急進的社会主義者であったことは非常にリアルな事実だ、そして平然たる態度を持つ人は27年の独房監禁によく耐えた」とカストロは言っている。
「彼の正直さ、謙虚さ、桁外れのメリットを賞賛するのを私は決してやめていない。」
http://www.reuters.com/article/2013/12/19/us-cuba-usa-idUSBRE9BI0TH20131219?feedType=RSS&feedName=worldNews

December 19, 2013

ショッピングモールに無人機


◇イスラエルのモールで戦争無人機をウィンドーショッピング

11月26日、イスラエルのRishon LeZionにあるシネマシティモールのサングラスの売店と映画館入り口のあいだ、まさしくピカピカの日産の新車が見つかると期待するところに、定期的にモールに行く人のために異なる種類の車両、軍用無人機 4X-UMI Heron I が展示されていた。
モールは一日中続く無人機販売品評会に変わっていた。イスラエルの航空宇宙産業によって製造される Heron I は人気の的だった。イスラエルの国土安全保障業界紙、i-HLS Magazineよって組織されていた自律的無人システムズ&ロボット工学代表者会議はイスラエルで開かれるその種の最初のものだった。
アクションスリラーや子どものマンガを宣伝する映画ポスターの前の天井から無人機がぶらさがるシネマシティモールは品評会にとってシュールな背景をなしていた。幾つかのレストラン、ジュエリーキオスク、Heron Iの隣のサングラスの売店を含め、たくさんの店が開店していた。それどころか、参列者の何人かは、Heron Iや近くの観覧車の上空を飛ぶ他の無人機を見るため子どもたちを同行した。
ある意味で、この設定は無人機テクノロジーの民間応用に向けられる会議の焦点にふさわしかった。映画館の前のプレゼンで、無人機のセンサーを開発する会社Velodyneのデイヴィッド・オロシュニクは、ハリウッド映画のカメラ・プラットフォームとして使われる無人機の可能性について話した。
民間応用への関心にもかかわらず、もちろん、軍事テクノロジーも展示のなかにたっぷりあった。品評会の会社の大部分が軍事システムを生産した、そして多くの参列者がすっかりイスラエル国防軍の制服を着ている。
ベングリオン大学で無人潜水艦を開発したHydroCamelは、無人機テクノロジーの軍事と民間の用途の統合のよい例を提供する。HydroCamelプロジェクトのディレクター、Guy Kaganは無人機は非売品だと説明した。それはプロジェクトのスポンサーを惹きつけるために会議で展示されていた。「主要な考え方は海洋学的な研究調査にハイドロキャメルを使うこと」だとKaganは言っている。
また、バックパックの中に入れて持ち運べ、軽量のチューブから打ち上げられる軽量級の使い捨て無人機、UvisionのWASP UAVも陳列されていた。UvisionのAmit Morag は、無人機は主として下検分(偵察)になるが"決死任務"のために弾頭を取付けられると言った。「WASPは、消火活動やガスパイプラインの監視といった一般市場をあてこんだ実用性に用いることができる」とMorag は言った。一方、3Dプリンターメーカー Stratasysは、どのように3Dプリンターが無人機のパーツを創り出せるかをプレゼンする。3Dプリンターは、ほぼすべてのタイプの無人機に使用できる翼と部位をすぐに安く生産することができる。
最近、Dan Gettingerは無人機が戦争の仕方を変換する可能性について書いた。仮に自律的無人システムズ&ロボット工学代表者(AUS&R)会議がなんであれ徴候であるとして、私たちはもっと大きな何か、私たちが日常的に考える兵器やテクノロジーの点で革命を見ているのかもしれない。軍用無人機の先進テクノロジー発祥の地、イスラエルは軍の無人システムの民間活動範囲への統合のための活動の中心になるだろう。同じ無人機が農薬を噴霧し、爆弾を落として暴徒を追跡し同じ手段で対抗するためにますます使われるとき、民間の空域は言うもでもなく軍事テクノロジーが民間人の暮らしに入るという考え方がますます標準化するようになってくる。また、地元のショッピングモールの日産車に無人機が置き換えられるのに長くはかからないかもしれない。
http://motherboard.vice.com/blog/drone-shopping-at-the-mall-in-israel
◇12月12日、アメリカの無人機によって14人が殺害されたことに関して、「誰一人イエメン政府によって指名手配中の容疑者ではなかった」とイエメン当局は言っている。
http://edition.cnn.com/2013/12/12/world/meast/yemen-u-s-drone-wedding/index.html?sr=sharebar_twitter

プッシーライオットに恩赦!


ワシントンD.C.のバスにスノーデンに感謝する広告が


◇ロシア下院は18日、憲法制定20周年に合わせ、恩赦法案を可決した。モスクワのロシア正教聖堂で反プーチン政権歌を歌って投獄された女性パンクバンド「プッシー・ライオット」のメンバー2人を含む計約2万5千人が、半年以内に釈放される見込み。 
対象は犯罪時の年齢が18歳以下だった男女や、55歳以上の女性受刑者ら。「18歳以下の子どもを持つ女性」との規定もあり、幼子の母親でもあるバンドメンバーのナジェジダ・トロコンニコワさんら2人が恩赦を受けることになった。
タス通信によると、このほか、北極圏の海でロシアの油田開発を妨害した海賊行為の罪で起訴され、保釈されている環境保護団体グリーンピースの活動家にも適用。
一方、反プーチンデモを主導した著名ブロガーのナバリヌイ氏は対象外となった。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013122002000115.html

ロシアのプーチン大統領は19日、2005年に破産した同国の大手石油会社ユコスを率い「石油王」と呼ばれていたミハイル・ホドルコフスキー受刑者に恩赦を与えることを表明した。大がかりな金融犯罪でロシア国内では非常に有名な同受刑者は既に10年以上服役しており、刑期をわずか8カ月だけ残すだけとなっていた。 
ロシア政府はソチ冬季五輪を間近に控え、人権擁護イメージを高めようとしている。プーチン氏が大統領に復帰して以来の独裁的な振る舞いや、未成年者に向けて同性愛を擁護する宣伝行為を禁止する法律を制定したことが西側諸国の疑念を強めているからだ。ロシア政府は最近西側諸国への攻撃的なコメントを抑制する一方、ロシア議会が18日には人気パンクロック集団、プッシー・ライオットのメンバーやグリーンピース活動家などの有名人も含む2万人に恩赦を与える法律を成立させた。

http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304273404579268881038349514.html

December 18, 2013

南アとキューバ 知られざる歴史

南アフリカのアパルトヘイトの終焉にキューバが不可欠だったこと、知っていましたか! 
◇南アフリカのアパルトヘイトの終焉をいかにキューバが助けたか、公表されてない歴史 
 デモクラシーナウ!より

12月10日火曜日のオバマ大統領とキューバのラウル・カストロ国家評議会議長との歴史的な握手に世界の目が集中するとき、アパルトヘイトを終わらせることでキューバが果たした重要な役割と、カストロがネルソン・マンデラ追悼式で演説するために唯一招かれた世界の5人の指導者のひとりだった理由について私たちは振り返ります。マンデラは、キューバ人は"白人圧政者の無敵神話を破壊した… そして南アフリカの大衆に闘うきっかけをもたらした"と言います。 
歴史家のPiero Gleijesesは、南ア政府にナミビアを自由にするのを余儀なくさせて南アのアパルトヘイトの後ろ盾を乱すのを助けたのは、アンゴラ人民解放運動を支援したキューバが1988年アンゴラで勝利したことだったと主張します。

NERMEEN SHAIKH:バラク・オバマ大統領がキューバのラウル・カストロ議長と握手した火曜の歴史的瞬間に注意を向けます。どちらも南アの反アパルトヘイト指導者ネルソン・マンデラの追悼式に参加しました。握手は予定外だったとホワイトハウスは言いました。アメリカの大統領がキューバの指導者と握手したことでは、2000年以来はじめてと記録されます。ワシントンでは共和党議員らがこのやりとりについて非道と表現しました。

エイミー・グッドマン(番組司会者):オバマ大統領とラウル・カストロ議長の握手に関する騒動が南アの反アパルトヘイト運動とキューバとの緊密な関係に人の注意を引きました。1991年にネルソン・マンデラは当時フィデル・カストロが議長のキューバを訪れました。これは二人がはじめて会ったときのクリップです。

ネルソン・マンデラ:私たちがなにか言う前に、あなたがいつ南アフリカに来るのか、私に教えなければなりません。ほら、ダメです、ちょっと待って、ちょっと待って。

フィデル・カストロ議長:なるべく早く。

ネルソン・マンデラ:私たちの友人、キューバ、我らの民を鍛えることで私たちを助けてくれた、時の流れが私たちの苦闘に賛同する算段を私たちに与えてくれた、医師やSWAPO(ナミビアの独立をめざした黒人の解放組織)として我らの民を訓練してくれた、あなたは私たちの国に来ていません。いつ来るんですか?

フィデル・カストロ議長:私はまだ祖国南アを訪問していない。訪問したい、あなたと南アフリカの人々を愛するようにホームランドとして私は南アを愛している。

エイミー・グッドマン:さて、南アのアパルトヘイトを終わらせるための苦闘でのキューバの欠かせない役割についてさらに詳細を知るためにジョーンズホプキンス大学先進国際研究学校アメリカ外交政策教授のPiero Gleijeses に加わっていただきます。
Piero Gleijeses教授、ようこそデモクラシーナウ!に

この欠かせない関係について、なぜキューバが反アパルトヘイト運動にとってそれほど根本だったのか、話してください。

Piero Gleijeses:キューバは、アパルトヘイトの軍隊に立ち向かわせてアパルトヘイトの軍隊、南アフリカ軍をくじくために、1975年、1976年、そして1988年と二度にわたり自国兵士を送った世界で唯一の国です。そして1991年6月、訪問先のハバナでネルソン・マンデラは、1988年のアンゴラでの南アに対するキューバの勝利について言及しています。アンゴラでのキューバ人の勝利、Cuito Cuanavaleが、私たちの大陸とわが国民のアパルトヘイトの災いからの解放のターニングポイントであると言いました。

エイミー・グッドマン:ごくわずかしか知られていない国のために、キューバの経験、アンゴラでの軍事介入について説明してもらえますか?

PIERO GLEIJESES:はい。アンゴラの植民地脱却があります、ポルトガルの植民地は1975年11月に独立国になるはずでした。キューバが支援する運動組織(キューバ人はポルトガル人との闘いにおいて何年にもおよび支援しました)と南アフリカとアメリカが支援する他の2つの運動組織とのあいだに内戦があります。そしてキューバが支援する運動組織、自由な選挙で勝利して今日アンゴラで政権を握るMPLAは、内戦に勝利する寸前でした。当時アンゴラのCIA局長が私に話したことをわかりやすく言い換えると、最高の指導者と最高の計画を有する最も明確な政治意識を持った運動組織だったので、内戦に勝つ寸前でした。そしてMPLAの勝利を妨げるために1975年10月、ワシントンに駆り立てられて南アフリカが侵略しました。そして南ア軍はルアンダに向かって進軍しました、もしもフィデル・カストロが介入を決めなかったなら、彼らはルアンダを占領してMPLAを壊滅させていたことでしょう。1975年11月から76年4月の間に3万6000人のキューバ兵がアンゴラに殺到して当時南アフリカが支配したナミビアに彼らを押し戻したのです。
そして、これには南アについて話す南アの白人と黒人の双方に計り知れない精神的インパクトがありました。そして主要な南アの黒人の新聞 The Worldが、まだ南アの軍隊がアンゴラにいた1976年2月の社説にキューバ人が彼らを後退させている、南ア軍が中心のアンゴラを撤退したと書きました。彼らはアンゴラ南部にいました。書かれた記事は壁に貼られました。そしてこの新聞 The Worldは、「ブラックアフリカはアンゴラでのキューバの勝利によって生じる波に乗っている。ブラックアフリカは完全な解放を成し遂げる可能性という酔わせるワインを味わっている」と書きました。そしてアンゴラにキューバの軍隊が到着したのを知った1975年に彼は刑務所にいたとマンデラは書きました、そして何かを取り上げるのためではなくてアフリカ人がその自由を成し遂げるのを助けるために国が他の大陸からやってきたのはそのときが初めてだと書きました。
これは南アの解放へのキューバの最初の本当の貢献でした。白人の巨人、アパルトヘイト軍隊が撤退を余儀なくされたのは今でも人の記憶に残るはじめてのことでした。そして白人ではない軍のために彼らは撤退したのです。国内の植民地主義という情況においてこれはきわめて重要です。そしてそのあとキューバ人らは南ア軍からアンゴラを守るためにアンゴラに残りました。キューバ人たちがアンゴラの独立の引受人だったのをCIAでさえ認めました。そしてアンゴラで彼らはマンデラのANC(アフリカ民族会議)を訓練しました。両者のあいだに非常に緊密な関係が創り出されました。このまま続けますか、それともなにか質問で中断したいですか。
(ゲバラの役割について中略)
(ヘンリー・キッシンジャー元国務長官のクリップ中略、NewsFanzineの記事にあります)
PIERO GLEIJESES:オーケー、2つのポイント。ひとつは、南アの侵略に答えてキューバ人らが介入したことや、アメリカが南アと共謀して南アに侵略するようせきたてたことにキッシンジャーは言及しなかった。つまりここではむしろ重要な年代順配列の問題があります。
二つ目のポイントは、日常的に非常に尊大な人物のキッシンジャーが間違いをしたと認めます。彼の間違いはキューバ人がソ連の代理として介入したと言っていることです。そして実はそれはキューバの決定でキューバ人が介入してソ連の眼前に既成事実を突きつけたと、彼は回想録に書きます。そうして回想録のなかで彼は質問をします、なぜカストロはこの決定をしたのか?と。そして、フィデル・カストロはたぶん「当時、権限のある最も誠実な革命の指導者だった」というのがキッシンジャーの答えです。実際に真実であることを少しは言っている回想録のキッシンジャーと二人のキッシンジャーがいます。
エイミー・グッドマン:フロリダ選出の下院議員がジョン・ケリーを攻撃しているのは耳に入ってますね。ソウェトスタジアムでのオバマ大統領とラウル・カストロ議長の握手の重要性。
PIERO GLEIJESES:それはどうしようもない、アメリカの倫理とアメリカの政策を反映すると思います。オバマ大統領は南アで話をするときなど喝采して迎えられます、彼がアメリカの初の黒人大統領だからです。しかし南アの解放に苦闘する、国として政府としてのアメリカの役割、過去の政府は恥ずべき役割です。日常的に私たちはアパルトヘイト政府の側にいました。そしてキューバの役割は解放に賛成するみごとな役割です。この特定の問題より先に出る握手はとっくに行われてよいものです。通商停止は不合理で不道徳です。そして私たちの大統領はサウジアラビアの王にお辞儀する大統領です、サウジがまったく民主主義でないのは確かです。私が言っているのは、オバマはまったくこれをわかるべきだということです。ですから不合理な状況です。オバマに関する問題は彼のスピーチはよいということ、彼のジェスチャーはよいがフォローアップがまったくありません。なので残念ながら握手はただのジェスチャーです、恥ずべきアメリカの政策を変えない待望のジェスチャーです。
NERMEEN SHAIKH:1分だけあります。この歴史について、キューバのアーカイブにおけるリサーチであなたを最も驚かせたことは何だったか話していただけますか?
PIERO GLEIJESES:さて、多くのことがあります。ひとつはソ連に相対しているキューバの独立政策です。フィデル・カストロとゴルバチョフのあいだに衝突があります。アンゴラでのキューバの軍事的任務の指導者とソ連の指導者とのあいだに衝突があります。私の本の中で実際に引き合いに出していることで、読んで本当にひどく魅了されます。
ですがもうひとつのこと、私にとても感銘を与えたのはキューバ人がアンゴラ政府を遇する尊敬です。これは非常に重要です、なぜならアンゴラ政府の生き残りは本当にキューバ次第だったからです。絶え間ない脅威だった南アの侵略に対抗するシールドとしてキューバの軍隊が存在し、またキューバは非常に大規模で寛大な技術的協力をアンゴラに提供していました。そして特異な才は、このように依存する政府をある種の優越でもてなそうとしました。これは私が国際関係で決して発見したことがない驚くべきものです。特にアメリカを研究する誰かさんやアメリカに住んでいる誰かさんに一撃を食らわせます、なぜなら、まじめな話ですがアメリカ政府はワシントンに依存する政府をほとんど尊敬をもって扱いませんから。
エイミー・グッドマン:ジョーンズホプキンス大学、SAIS(先進国際研究学校)のアメリカ外交政策の教授。私たちはあなたの本のプロローグを番組のウェブサイトに掲示します。『Visions of Freedom: Havana, Washington, Pretoria, and the Struggle for Southern Africa, 1976-1991』という本がノースカロライナ大学プレスから出版されたばかりです。
http://www.democracynow.org/2013/12/11/the_secret_history_of_how_cuba

December 15, 2013

ガザに大雨 エジプトに雪

Twitterによると、エジプトで雪が降ったのはなんと112年ぶりなんだそうだよ

写真は12月15日のTwitterから、モーゼが十戒を授かったエジプトのシナイ山がなんと雪景色("Egyptian Museum"のFB wallより)

 たとえカイロに劣らぬまれなできごとどころではないといえども、エルサレムでも雪が降る

 大雨が降って洪水になりパレスチナのガザ地区で4万人が非難した、写真はガザの学校

 ◇先週イスラエル、エジプト、シリア、レバノンなどに雪や大雨をもたらした激しい暴風雨が、人口約150万人のガザ地区を襲った。民間防衛局によると、およそ7000世帯の4万人以上が浸水で避難を余儀なくされた。また、100人以上が負傷、ガザ地区南部では子供1人が死亡したという。
リア・ノーヴォスチ通信
メディは報じないが、ガザ地区の洪水、イスラエルがダムを開けたため、都市部を中心に汚水で溢れている

December 12, 2013

マンデラはユニオンマン


1990年のネルソン・マンデラ東京集会に参加して書いたもの、感慨深い

◇ネルソン・マンデラ東京集会

 1990年10月31日、日比谷野外音楽堂に姿を見せたネルソン・マンデラは、歩くこともおぼつかないほど意気消沈していた。
彼は、反アパルトヘイト(人種隔離政策)と亡命先から帰国の途にある活動家や釈放される政治犯への経済援助を求めた海部首相との会談、そして日本政府の誠意のなさに、失望感を隠しきれないでいた。ANC(アフリカ民族会議)は単なる政治団体ではないのに、日本政府は"特定の政治団体への直接援助はできない"と突っぱねたのだ。
 国際問題研究者の北川洋子さんは、1962年に逮捕されて27年間拘留される前のマンデラにエジプトのカイロで会い、南アフリカでの日本企業の搾取ぶり(安い賃金で黒人を使って派手に稼いでいた)を国連で告発した。国連はアパルトヘイトを南アの黒人に対する差別というだけでなく、人種に対する犯罪と規定した。世界各国の南ア制裁が強化されるなかで1986-87年に日本企業は対南ア貿易額が世界第一位となり、88年に国連で非難決議を受けている。北川洋子さんは、アパルトヘイトと闘うことはイデオロギーの問題ではなく、人間としてやらなければならない人としての最低のモラルだと強く訴える。
現在、選挙権のない南アの黒人の望みは一人一票制。そのためには経済制裁を緩めることなく、私たちにできることをやるべきだと強調する。金、プラチナ、ダイアモンド、レアメタル、南アのトウモロコシやアップルタイザーなどの食料、飲み物は買わない。日本企業は南アと貿易するのをやめる。このことで多少生活が苦しくなったとしても、私たちはそれをしなければならないと、他の反アパルトヘイトの決まりきった挨拶を圧倒する。
 新聞に盛んに書き立てられる南アの部族対立と最近の抗争は、実は部族対立などではなくて、白人と右翼の黒人の反動的勢力が軍や一部の警察とつながってマンデラの勢力に襲いかかっているのだと、日本反アパルトヘイト委員会の楠原 彰氏がジャーナリストの姿勢に疑問を投げかける。彼はビザの下りた南アのケープタウンに出かけ、その実態を見ている。
 マンデラは日本政府に申し入れた32億円を得ることは叶わなかったが、アパルトヘイトに対する闘いはこの国の1億以上の人々と共に歩み、その肩にかかっていると、遠回しに国民の自覚を訴えた。
 ANCの財務局長トーマス・ンコビのアフリカンヴァイブレーションを伝えるトーキング、その「アンフォーチュネトリー(残念ながら)」という言葉は、人間としての義務や、地位ある国家としての国際的な義務を理解しようともしない日本という国への警告のように響く。自国の経済さえ大変なインドやインドネシアでさえ、その場で資金援助を約束している。
 南アの子どもたちの教育や、政治犯/亡命者の帰還に備える資金になる"マンデラ自由基金"は、日本労働組合連合や地方自治体、市民グループなどの協力により、第一次集約金が4300万円集まった。私たち国民が一人1000円の買い物をしたときに支払う消費税分に相当する32億円を援助できないでいる政府に代わり、私たち自身が集めようというもの。
マンデラの異例の国会演説は、梶山法相の人種差別発言のカモフラージュなのか、これを許した政府は、国連決議によるものと言って一方では憲法解釈というルール違反までやろうとしたのに、アパルトヘイト政策に対する経済制裁決議はこれを無視して法律化しようとしない。
 マンデラ歓迎日本委員会の呼びかけ人でもある、渡辺貞夫のトランペットで歌う「コシ シケレリ アフリカ」。タンザニア、ザンビア、ジンバブエ、ナミビアに次いで、この人民の闘いを象徴する歌が南アフリカの国歌となるように、南アの伝統と文化と自由への闘いに敬意を表したい。

△TAMA4号1991より


画像のポスターは1990年ミシガン州のフォードのディアボーン工場にネルソン・マンデラを喜び迎えるため、全米自動車労働組合によって作成されたもの。"ネルソン・マンデラはユニオンマン"より

December 07, 2013

マンデラのために


ネルソン・マンデラに敬意を表してエンパイアステートビルが南アフリカの国旗の色を輝かせる


ネルソン・マンデラは2008年までアメリカのテロリスト・リストに載っていた

ああ、野音でマンデラのスピーチ聴けてよかったなあ
あのとき、日本はアンフォーチュネトリー、マンデラを支援しなかった
そのあとすぐ、彼は南アの大統領になったのだった


無人機でお届け


パキスタンでなんの関係もない市民が巻き添えを食らってたくさん殺害されてきているアメリカの軍用無人機ドローンは実に評判が悪い

先頃、アマゾンのジェフ・ベゾスCEOが、このドローンを使って注文の商品を配達する新プロジェクトの研究開発についてTV番組「60 Minutes」で明らかにした。
アマゾンの構想「Amazon Prime Air」ではローターが8枚あるオクトコプターのドローンを使い、注文品を顧客の戸口先までわずか30分で届ける。
ベゾスは、4~5年以内に展開できると期待していると語り、時期は米連邦航空局(FAA)が検討しているドローンの規則に左右されるという。
米連邦航空局(FAA)は無人機の規則に積極的に取り組んでいるらしい。
なお、「ドローン配達」では宅配ピザチェーン「ドミノピザ」のイギリスのフランチャイズ店がヴァイラル・キャンペーンとしてピザの無人配達ヘリを使用した例がある他、オーストラリアのZookal社は2013年10月、シドニー大学でドローンによって教科書を配達するパイロットプログラムを開始している。

以上、Wired News より