見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

2010/11/26

サラ・ペイリン、あなたが怖い



◇サラ・ペイリン:"私たちの味方(同盟国)北朝鮮と共に、立ち向かわなければなりません"

北朝鮮(ノースコリア)と韓国(サウスコリア)をごっちゃにするサラ・ペイリンによる言い違いは、彼女が直面する信頼性のハードルを思いださせるものだ。

まさかサラ・ペイリンは彼女の家からロシアが見えたとは主張しなかった、それはティナ・フェイ(ペイリンのそっくりさん)だったが、朝鮮半島での緊張を論じて「私たちの北朝鮮同盟国と一緒に立ち向かわなければなりません」と話すグレン・ベックのラジオ番組で彼女は一枚うわてを行った。

ラジオ番組の写しにはこう書いてある:

聞き手:北朝鮮でまさに生じたああいった局面をあなたはどんなふうにうまくさばくつもりですか?

ペイリン:そうですね、北朝鮮、これはより大きい問題から由来しています、「あらいやだ、私たちは何をするつもりなの」と尋ねてみんながこれといって何もしないでいるとき、そして北朝鮮がするつもりであるすべての制裁に対してホワイトハウスが必要なだけ強力な政策を公表するほど、私たちにたくさんの信頼がないときに。従ってこれは私たちの国家安全保障政策の点から確かに私を怖がらせるというように、より重要な実態に言及します。でも、言うまでもなく、私たちの北朝鮮同盟国と共に私たちは立ち向かわなければなりません、条約によって私たちは義務があります...

聞き手:韓国です。

ペイリン:その通りです、私たちの盟友、韓国と共に立ち向かうにつき、私たちはまた思慮分別によって縛られます、そうなんです。

これが全くただの言い違いだったのは、彼女の先行する科白からすぐ分かったけれども、もしも彼女が2012年の確かな大統領候補になりたいならば、それはまったくペイリンがするわけにはいかないつまずきのようなものだ。

Twitterのおバカが真相を載せるまでに時間はかからなかった:

勇敢なサラ・ペイリンのように、ボクもまたノースダコタのわれらの盟友を支える


2008年大統領選挙戦に関しての著書「Game Change」には、ペイリンの知識の欠如について出所が明らかにされていない主張が、恐らくジョン・マケインの顧問のひとりから来ているとする、かなりの暴露があった。397ページのペーパーバック版は2008年9月から成り行きを記述した:

彼女の移動する一行のメンバーがバージニア州ペンタゴンシティのレーガン空港にほど近いリッツカールトンでペイリンと合流する、そして彼女が暗記と学習で多少の進歩をしていたとは言え、初歩的な事項と概念の把握が最小だったのに気づいた。ペイリンは、北朝鮮と韓国が別々の国だった理由を説明できなかった。 連邦政府機関が何をするか彼女は理解していなかった。9月11日アメリカを攻撃したのは誰か問われると、彼女は何度かサダム・フセインだと言い出した。彼女の息子がイラクで戦おうとした敵が誰であるか明らかにしてくださいと頼まれると、思い出せないで無視した。

言い違いは誰でも政治家の人生の苦労の種である:大統領選挙戦に従事するバラク・オバマに尋ねると、57州を遊説してそのことを無視するにまかされるのはめったにないと言った。同様に、仮にペイリンが共和党指名の本格的な候補者だとすれば、韓国(サウスコリア)と北朝鮮(ノースコリア)を混同するのは、ノースカロライナとサウスカロライナをごっちゃにするよりまだましだ、重大な早めの大統領予備選挙がサウスカロライナで行われる。

北朝鮮のちょんぼは別として、質問に対するペイリンの答えまるまるが外交政策の決まり文句だった:韓国を助けて中国に働きかける。全然一匹狼の独立したものでない、そしてほとんど確実にホワイトハウスがとっくにしていることだ。

(UKガーディアン紙 24 November 2010)
http://www.guardian.co.uk/world/richard-adams-blog/2010/nov/24/sarah-palin-north-korea-allies

△写真はちょんぼのサラ・ペイリン



写真:イタリアのピサの斜塔近くで、政府の教育予算削減に抗議してデモを行う学生。約30人の学生が斜塔に乱入し、「大学改革に反対!」と訴える垂れ幕をぶら下げた。この騒ぎで観光客は退去を迫られた。
(AFP=時事 2010年11月25日)

2010/11/25

手強い既成事実化



◇エルサレムの嘆きの壁開発計画は"不当"とパレスチナ人が反対する

占領下、東エルサレムの主要な観光地ぐるり領域を改良する約2300万ドルの問題の多い事業計画をイスラエルが認可

パレスチナ人によって不当(違法)と厳しく非難されてきている動きの中で、イスラエルは、ユダヤ教の最高の聖地であり、この上なく敏感なエルサレムの旧市街の論争地区、嘆きの壁ぐるりの領域を開発する約2300万ドルの5年計画を承認してきている。

第二神殿(Second Temple)の最後の跡としてユダヤ人によって崇めたてられる西の壁、または嘆きの壁は、毎年大勢の観光客を引き寄せる。祈るため、または歴史的な石と石の間のすき間を割って紙の切れ端に祈りの言葉を手書きするユダヤ人礼拝者のたわごとを見物するために。

イスラエル閣議によって承認された計画は、程近い考古学の遺跡に加えて壁と周囲の広場へのアクセスを向上させて、右肩上がり数の見学バスや専用車に満足を与えて、ためになる施設を備えつけることになっている。それは2004年に承認された初期の5年計画の継続だ。

「西の壁はユダヤの民族の最重要の遺産(先祖伝来)の場所」とネタニヤフ首相は言った。「老いも若きも、イスラエルと世界中からの巨万の訪問者にとって霊感の源であり続けることができるように、私たちはそれの開発と維持をゆだねられる。」

壁のすぐ上は、ハラムシャリーフ(Haram al-Sharif)として知られるイスラム教徒の居住区域だ、そこには岩のドーム(Dome of the Rock)やイスラム教徒にあっては第3の聖地のアルアクサ(al-Aqsa)モスクに場所を与える。その場所はユダヤ人には神殿の丘として知られた。

計画の発表はパレスチナ人から鋭い批判を引き出した。

「エルサレムの占領地域でのどんなイスラエルの活動たりとも違法」であるとパレスチナ自治政府の Ghassan Khatibはハーアレツ紙に告げた。

「和平はどうしても東エルサレムの占領の終わりを要求するものなので、和平プロセスが懸念されるほどにそれは有益でない」と彼は言った。

その領域ぐるりのユダヤ人の建設工事は、従来、抗議と暴力を誘発してきている。

エルサレムのキーとなるイスラム教徒とユダヤ人とキリスト教徒の聖地は、グリーンライン(敵対する2つの地域の境界線)または1967年以前の境界のほんの東側、旧市街のあちこちにある。国際社会によって承認されない行動でイスラエルは、1967年の6日戦争において東エルサレムを攻略し、後で併合した。

(ガーディアン紙 22 November 2010)

△写真:ユダヤ教超正統派のユダヤ人がエルサレムの旧市街にある西の壁または嘆きの壁で祈りをあげる(Photograph: Atef Safadi/EPA)

http://www.guardian.co.uk/world/2010/nov/22/israel-western-wall-plan-jerusalem

2010/11/22

29歳の自殺協定



◇双子姉妹の自殺協定はコロンバイン高校無差別殺人に関連づけられるかもしれない

歴然たる協定で死んだKristin Hermelerは無差別狙撃のあとすぐにコロンバインの生存者に手紙を書いたと警察は言っている

コロラドの射撃場で彼女ら自身をねらって撃ったオーストラリア人の双子の姉妹の歴然たる自殺協定(心中の約束)の原因となる動機を捜し求める刑事らは、それが1999年のコロンバイン高校無差別殺人に関連づけられるかもしれないと真に受ける。

姉妹の所持品の中から警察は、狙撃から一カ月後の1999年5月に出たタイム誌の表紙を発見した。表紙は「The Monsters Next Door What Made Them Do It」と見出しをつけられ、コロンバインの2人の銃を持った殺し屋と13人の犠牲者を特集した。

KristinとCandice Hermeler(29歳)は、11月15日射撃練習場で互いに撃ちあった、そこはコロンバイン高校から約20マイル離れている。Candiceは頭部に損傷を受け、まだ入院中、一方Kristinは事件で死んだ。二人は遺書をなにも残さなかった。

警察はまた、Kristinがコロンバインの惨劇の生存者のひとりブルックス・ブラウンに2通手紙を書いて、殺し屋のひとり、エリック・ハリスの味方だったことにありがとうと言ったのを明らかにしてきている。「生まれてこの方、拒絶され、いじめられ、追放されっぱなしの人間として、エリックにチャンス与えるあなたに、私はありがとうと言いたい。」

手紙はコロンバインの狙撃からちょうど2カ月後の1999年6月に書かれ、それが生じた時期にKristinがひどく無差別殺人に関心を持ったのを暗示する。

姉妹は南アフリカ共和国出身の両親と共に、見える苦労もなく、ほとんどメルボルンに近い中流社会の家庭でおとなになった、そして友人らによってかなり教養があり、好ましいと形容された。二人は三カ月間アメリカを旅行して、コロラドで5週間過ごした。

二人は明白な心中の約束の2週間前に射撃練習場から銃の修行を得た。狙撃の日、二人は22口径の銃を彼女ら自身に向ける前に、射撃場で1時間ほど過ごした。

(UKガーディアン紙 22 November 2010)

△写真はコロラドの射撃訓練場で死んだKristin Hermeler(Photograph: Ho/Reuters)

http://www.guardian.co.uk/world/2010/nov/22/twin-sister-suicide-pact-columbine-massacre

▲11年前の衝撃的事件、13人が殺されたコロンバイン高校の襲撃関連のニュースがこのブログの前身となるフリーペーパーTAMAのサイトにあります
●どこの学校にもあるファゴット(ゲイ)いじめ
http://www.fair-port.com/tama/news2.html
●学校が吹っ飛ばされた日
http://www.fair-port.com/tama/news3.html
事件の背景に興味があれば ぜひ、お読みください

2010/11/20

ペイリンがオバマに勝つ日



◇イスラエルの傭兵をロシアが解放する

写真:クラインは1980年代と1990年代を通じて反乱軍兵士AUCを助けるためコロンビアで有罪と評決された
写真はおっそろしい準軍事組織AUC

準軍事的組織隊の訓練に関与のため、コロンビアによって要求されたイスラエルの傭兵Yair Kleinを、ロシアが釈放したと報道は言っている。

元イスラエルの陸軍兵Kleinはイスラエルに向かう途中だとインタファクス通信が報じる。

2001年にコロンビアの裁判所は右翼のゲリラ組織養成のため欠席のまま彼を有罪とした。

インターポール(国際刑事警察機構)の令状のもとにロシアは2007年に彼を逮捕し、後日彼をコロンビアに引渡すことに同意した。

だが、彼がコロンビアで虐待を受けるかもしれないとの理由で、欧州人権法裁判所(ECHR)が引渡しを禁止する。

 "麻薬王"

イスラエルのテレビ放送Channel 10 は19日金曜日、拘留されていたモスクワ刑務所から出発するKleinを見せた。

「Kleinは解放されて現在イスラエルへ行く途中」だとインタファクス通信が無名の保安筋の言説として引用した。

Kleinは1980年代と1990年代に麻薬王とゲリラ組織を助けて訓練するとして、2001年に欠席のままコロンビアで10年8カ月投獄の判決を下されてきている。

悪名高いメデリン麻薬カルテルのため殺し屋の幹部(中核)を育成するとして彼は有罪と評決された、罪を彼は否定する。

彼らはもっと後で、コロンビア統一自衛隊(United Self Defence Forces of Colombia:AUC)として知られた冷酷な準軍事的組織軍の推進母体となった、AUCはその国の最も悪名高い政治的暗殺のいくつかを遂行したと検察官は言った。

彼はまた反乱軍組織、革命統一戦線(Revolutionary United Front)への武器密輸の罪状で1999年にシエラレオネでも投獄の月日をつとめてきている。

彼は2007年以降、ロシアに拘留されてきている。Kleinの家族は引渡しと戦ってきており、それは避けられない死を意味するものだと申し立てる。

いくつかの法廷申し立ての結果として、ロシアの最高裁は2008年に彼の最終の控訴をしりぞけた、そしてKleinをコロンビアに引渡すことを命じた。

ECHRは、Kleinが深刻な虐待を受ける可能性もあるとして、それに不利な裁決を下した。

ロシアはECHRの決定に控訴したけれども、法廷は決定を支持した。

(BBC 19 November 2010)
http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-11799078

◇テロ被告、大半の罪で無罪評決 米大使館連続爆破事件

ニューヨークの連邦陪審は17日、アフリカのケニアとタンザニアで1998年に発生した米大使館連続爆破テロ事件に絡む公判でタンザニア人のアフメド・ハリファン・ガイラニ被告(36)に対し、殺人など計285件の起訴内容で1件を除き、無罪との評決を下した。



有罪とされたのは米政府の建物、財産破壊の罪1件となっている。量刑裁判の公判は来年に予定されている。ガイラニ被告は2004年にパキスタン内で逮捕され、2年後にキューバにあるグアンタナモ米海軍基地のテロ容疑者収容施設に移送されていた。



今回の公判は、グアンタナモ基地に収容されるテロ容疑者として初めて米国内の一般法廷で刑事裁判を受ける例として注目を集めていた。オバマ大統領は同基地の収容施設を閉鎖し、一部の拘束者を米国内の一般裁判所で裁くことを計画しており、今回の評決内容がこの計画に軌道修正を迫る可能性がある。収容施設の閉鎖は共和党からの反発が強くて進展しておらず、一般法廷での裁判も治安維持などで懸念を強める候補地が難色を示している。



17日の評決を受け、同被告の弁護士は米国の司法制度の偉大さを示したと主張。一方、米司法省は文書の声明で、陪審の判断を尊重するとし、被告は最大で禁固20年の量刑判決を受ける可能性があると指摘した。検察当局は保釈なしの最大刑を要求する方針。

弁護側は公判で、陪審員の間で評決内容をめぐり意見の対立があったとして裁判の合法性を疑問視したが、判事はこれを退けた。判事はまた、検察側が立てた証人は、ガイラニ被告が威嚇的な手段を受けてその証人の身元を明かしたため、公判への召喚は認められないとの判断も示していた。



ケニアの首都ナイロビとタンザニアの最大都市ダルエスサラームで起きた米大使館同時爆破テロ事件では、10人以上の米国人を含む224人が死亡、数千人が負傷した。国際テロ組織アルカイダが犯行を認めている。



公判で弁護側はガイラニ被告はタンザニア情勢に通じているためアルカイダに利用されただけとし、共謀グループには加わっていないと無実を主張していた。

連邦陪審の評決内容については賛否両論が早くも出ており、テロとの戦いの推進者となったチェイニー前副大統領の娘が率いる保守系団体などは声明を発表し、テロとの戦いの戦時下にある米国で容疑者を一般法廷で裁くことの間違いを指摘し、オバマ政権を批判している。一方、人権擁護団体は公正な公判の結果と評価し、グアンタナモ収容者の他の容疑者も同様の裁判を受けるべきだと主張した。

(CNN 2010年11月18日)

◇アラスカ州上院選でマカウスキ(現職)が勝利宣言

2週間以上の票集計のあとにアラスカの共和党リサ・マカウスキ上院議員がティーパティ支援の対抗馬ジョー・ミラーをしのいで勝利を主張してきています。8月、ミラーが共和党の予備選で勝利したあと書き込み投票の候補者として選挙で争いました。マカウスキは1万票のリードと言いますが、ミラーはまだ敗北を認めるのを拒んでいます。
(党公認候補でないマカウスキについては記名投票だったため集計が遅れた。ワシントンポスト紙によると、記名投票で当選したのは1954年以来で史上2人目。)

◇ポルトガルのNATO首脳会議に反戦抗議者らが集まる

19日金曜に始まるリスボンでのNATO首脳会議のためオバマ大統領がポルトガル向かっています。オバマ政権はアフガニスタンにおける軍事戦略と少なくとも2014年までとする拘束力のない撤退期限を遅らせる新しい計画に対する支持を呼集めることを期待します。首脳会議に先んじてリスボン市内はポルトガル史上じつに最大の警備取締りに見舞われています。20日土曜日、平和活動家たちは反戦デモ行進で絶頂に達するいくつかの集会を開催するつもりです。抗議の主催者ペドロ・リマはアフガニスタン占領におけるポルトガルの関与を非難しました。
ペドロ・リマ:「ポルトガルが事実上戦争に加わっていること、私たちがその国、アフガニスタンによって荒らされたこともないこと、私たちがその戦争を後援していることを、リスボンの人々に知ってもらいたかった。戦争軍備につぎ込むため、かなりの金が社会福祉事業と教育から持ち出される。」

◇スウェーデンの検察官がWikiLeaksの創立者の逮捕を要求

スウェーデンの首席検事がレイプと痴漢行為の罪状でWikiLeaksの創立者ジュリアン・アサンジの逮捕を命じてきています。動きは、最初に取り下げられたあとに9月に再開された調査に続いて起ります。それはまたイラク戦争における拷問と一般市民の死亡者の新たな証拠を打ち明ける機密扱いの米軍文書の貴重な発見物のコレクションをWikiLeaksが公表して一カ月に満たないうちに起こります。アサンジは申し立てを否定してきていますし、彼は自分が中傷合戦の攻撃目標だと言っていました。ストックホルムの法廷は逮捕要求を認めるかどうかで審問(聴問会)を行う準備をしています。

◇ペイリンが2012年大統領の誘いをそれとなく匂わす

共和党の前副大統領候補サラ・ペイリンが2012年にオバマ大統領にいどむつもりであるとの最新のほのめかしを提供してきています。ABCニュースを相手にインタビューでペイリンは大統領選でオバマを負かすことができるのはたしかだと思うと言っています。
サラ・ペイリン:「現在私は状況を眺めていて、答えを見つけ出そうとやってみています、国にとって、論議(対話)にとって、私の家族にとっていいことかどうか、それがいいことかどうか。」
バーバラ・ウォルター:「仮に大統領に立候補するとして、あなたはバラク・オバマを破ることができますか?」
サラ・ペイリン:「そう信じます。」

(以上、デモクラシーナウ!ヘッドライン 18 November 2010)
http://www.democracynow.org/2010/11/18/headlines

2010/11/19

パティ・スミスに全米図書賞



◇パンクロックの伝説的人物パティ・スミスがロバート・メイプルソープとの思い出を綴った回想録「JUST KIDS」でアメリカ文学界最高の賞ナショナルブックアワードを受賞

シンガーソングライター、詩人、アーティスト、パンクロックの伝説的人物、パティ・スミスが、回想録「Just Kids」によって、ノンフィクション部門で全米図書賞(National Book Award)を与えられてきています。著書はニューヨークシティでスミスが一人前になる逸話や彼女の生涯の友情、有名な写真家ロバート・メイプルソープとの独創的コラボを語ります。

(デモクラシーナウ!18 November 2010より)

△上のYOUTUBEは今年8月28日、アーカンソー州リトルロックで行われた冤罪糾弾のチャリティイベントで(向かって左)エディ・ヴェダーと(右)ジョニー・デップと一緒にパフォーマンスする「ダンシング・ベアフット」(パティ・スミスの79年のアルバム「ウェイヴ」から)。このあと、ディクシー・チックスのナタリー・メインズもパフォーマンスしている。

冤罪とされる当時ティーンエイジャーだった3人は1993年にアーカンソー州ウェストメンフィスで3人の児童を殺害したとして有罪を宣告された。彼らは"ウェストメンフィス3"の呼び名で知られている。現場に残された証拠やDNA鑑定などからもほかの容疑者が存在しているはずだとの各方面からの指摘があるが、1人は死刑、残る2人に終身刑が確定してきている。

エディ・ヴェダー:「ボクがここにいるのはウェストメンフィス3の無実を支持しているからだ。それに加えて、この事件をみんなにもっとよく知ってもらうためだ。なぜ無実かって?それは有罪を証明する証拠がひとつもないからだよ。」

また、パティ・スミスは本業の新作を録音中...
パティ・スミス:「レコーディングはわたしのバンドとやったんだけど、娘のジェシーがピアノで参加していて、あと、トム・ヴァーレーンもギターを弾いてくれてるの。」
来年には聴けそうだ。

(以上、ロッキングオンのサイトRO69より)

△ジョニー・デップの演奏スタイルは彼が尊敬するキース・リチャードにそっくりだなー
なんか重なって見える

2010/11/17

コレラは平和維持軍のせい?





◇報告:アメリカの無人機攻撃でパキスタンの女子供が殺害される

パキスタン北ワジリスタンの近くでアメリカの無人機攻撃が少なくとも住民20人を殺してきています。被害者はアフガン国境を渡ってきた戦闘員を疑われるとパキスタンの諜報機関は言っています。けれどもアルジャジーラはミサイルがただ1つの家の内部の16人を殺したとき、死亡者の中に女性と子どもがいたと報じます。

◇アメリカはイエメンでのCIAの役割を押し広げるため軍事基地を考慮する

最新の経緯がイエメンでのアルカーイダ工作員狩りでオバマ政権の軍事作戦の拡大を明らかにしてきています。ウォールストリートジャーナル紙によれば、アメリカ特殊作戦部隊によって支援される、辺鄙な領域にイエメンの軍事基地を設立すべきとの提案をアメリカ合衆国は考慮に入れています。ホワイトハウスはまた、アルカーイダのメンバーを狩る特殊作戦隊の指揮権を中央情報局(CIA)の管理下に置く段取りを吟味しています。

◇ハイチでは国連の基地での抗議で2人が殺される

900人余りの住民を殺してきているコレラ発生をめぐって動揺が増大するなか、ハイチでは抗議する人と国連軍とのあいだで衝突が勃発してきています。15日月曜、Cap-Haïtienの市中の国連平和維持基地での抗議で2人が殺害されました。そこに駐屯するネパール軍はうっかりハイチにコレラ発生をもたらしたと非難されてきています。衛生の専門家が、コレラ菌株はハイチやカリブ諸島の特徴的でないがネパール兵の故国一帯にぴったりとマッチすると言っていました。1万4600人以上がコレラっぽい症状で治療を受けています、また患者(症例)は目下のところハイチの全10県(州)で報告されてきています。ポルトープランスのテント野営地で「国境なき医師団」のFrancois Servranckxは、コレラ突発が大きくなり続けると言いました。
Francois Servranckx :「ここポルトープランスの患者数は私たちのそれぞれの施設でなおますます増えています。ポルトープランスでは私たちは8つの異なる場所で働きます。今はもう、数日前そうだったような、毎日倍増してはいませんが、それでもかなりの重要な増加です。私たちは実際、週に千人余りが治療されるのを話題にしています。」
次の何年かで約27万人のハイチ人が病気になると国連は警告してきています。

◇グアンタナモの捕虜に対して英国が補償する

報道によれば、彼らの拷問と虐待を教唆するとしてグアンタナモベイの元捕虜12人をめぐり補償することで英国が同意してきています。7月、英国政府は捕虜の拷問の申し立てに査問(調査)に乗り出しました。公式の発表が本日もっとあとで待たれます。

◇アムネスティがE.Uに、引渡し、拷問を徹底的に調査するよう駆り立てる

CIAの引渡し便やヨーロッパの地で進行中の秘密刑務所について国際アムネスティが欧州連合に措置をとるよう働きかけている時にこの懲らしめがやって来ます。新しい報告でアムネスティは、ブッシュ時代の引渡しと拷問プログラムに関与につき責任をとることを加盟列国に持ち出すことができないでいるとアムネスティは言っています。国際アムネスティのジュリア・ホールはヨーロッパでの説明義務がオバマ政権に人の例にならうまでに圧力をかけるだろうと言います。
ジュリア:ホール:「ご存じでしょうが、事実上の論点はどれだけ米国が持ちこたえられるかです。このような決然とした代弁者によって、それについて騒ぎ立てる市民社会によって、どれだけ米国はあくまで拒むことができるか?もしE.Uがその代弁者に加わってくれるなら、それは米国がそれなら応じなければならないことになるもう一つの急所になるでしょう。また、私たちが唯一期待できるのは、彼らがよろしいとなることです。」

◇パレスチナ人が入植凍結で米国の誘導措置を非難する

不公平にたった3カ月だけ入植拡大を凍結することでイスラエルをなだめすかすため、米国の発憤材料のすさまじい一括提案をめぐってパレスチナ人が激怒を言葉に表しています。オバマ政権は報道によればイスラエルにおよそ30億ドルに値する高度のF35軍用機20機を提供することや中東和平追求の国連決議を拒否することを申し出ています。凍結は90日後必ずしも延長されるとは限らないものですし、占領下の東エルサレムには当てはまりません。イスラエルは占領下の領域の強奪を一時的に小休止することで同意するため報酬を与えられていたと、パレスチナの国会議員Hanan Ashrawi は言います。
Hanan Ashrawi : 「そのように、3カ月パレスチナの土地の窃盗を最小限度に抑えて先送りするために、イスラエルはあらゆる種類の戦略上の利益を獲得しています。これは容認できません。もしも私たちが入植の解体を求めることに着手するなり、もしも私たちが妥結に署名する局面に至るならば、彼らはイスラエルに何を差し出すつもりなのかと驚きます。」
イスラエル内閣は提案に関して票決する準備をしていますが、オバマ政権からの公式の書状を待っていると言っています。ワシントンでの記者会見でヒラリー・クリントン国務長官は詳細を提供するのを断りましたが、取引を後押しするとしてイスラエルのベニヤミン・ネタニヤフ首相を褒め立てました。
ヒラリー・クリントン国務長官:「中東に関して、これは非常に見込みのある新しい進展でネタニヤフ首相によるすばらしい骨折りです。本日詳しく述べたいとは思いません、でも、私たちはイスラエルもパレスチナも両方ともと非常に折り合いの付く交渉の関係にあり、2国家解決と一帯の包括的な和平に至ることができる交渉再開のための態勢を作り出すため集中的に努力すると私は申し上げるつもりです。」

(以上、デモクラシーナウ!ヘッドライン 16 November 2010)

◇コレラ発生の罪をきせる国連平和維持軍の兵士にハイチ人が敵対する

国連任務のため実際に役立つネパール兵士が国に疾病を持ってきたと、土地の人からの申し立ての最中に暴徒と軍勢が衝突する

(UKガーディアン紙 16 November 2010)

△写真はハイチ、Cité Soleil(太陽の街)の地震難民キャンプをパトロールする国連兵士(Photograph: Andres Martinez Casares/EFE)

http://www.guardian.co.uk/world/2010/nov/16/haiti-cholera-united-nations-peacekeepers

2010/11/16

高度成長期の火災



◇上海の高層建築アパートの火災が数十人を死亡させる

アパートは夜通し燻り続ける

火災は上海の超高層ビルを完ぺきに破壊して少なくとも42人が死んでいると、国営メディアは報じる。

中国の都市中心部の28階建てアパートの端から端まで炎が突進するために、少なくとも90人あまりが負傷したと新華社は言っている。

建物は火災が勃発したとき刷新されていた。住民たちが火の手から救助されるのを待つとき、建物を取り囲む足場にしがみつくのを中国のテレビが見せた。

炎を鎮めるため、消防士は数時間におよび悪戦苦闘した。

火災の原因はまだ調査中だが、架設資料が燃え出して火の手がすぐに建物の周囲の足場に昇ったと目撃者らは言っている。

(BBC 15 November 2010)
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-11759276

◇住民らがパニックになって出口に殺到し、あるいは火の手を逃れて足場にしがみつくなか、消防車61台が出動し、ヘリコプター3機が救出活動にあたった。

消防用ホースが届かない建物上部の火は、隣のビルの屋上からの放水で消し止められ、火災は4時間半後に鎮火した。出火原因は調査中という。

改築工事は最近始まったばかりで、マンションには156世帯が入居していたという。

(AFP 2010年11月16日)

写真はBBC NEWS より

2010/11/15

アリゾナにもマリワナ薬局



◇医療用マリフアナ合法化の住民投票で賛成多数

米アリゾナ州選挙管理当局者らは14日、医療目的のマリフアナ合法化の是非を問う同州の住民投票で、賛成票が小差で反対票を上回ったことを明らかにした。

住民投票は今月2日の米中間選挙と同時に実施された。州務長官のウェブサイトに掲載された暫定集計結果によると、投票数160万票余りのうち、賛成が50.1%、反対が49.8%。わずか4300票前後の差で賛成票が多数を占めた。

合法化法案は、がんやエイズなどの患者が苦痛緩和のため、医師の助言のもとでマリフアナを使用することを認める内容。州内120カ所に州監督下のマリファナ薬局を設け、自宅が40キロ以上離れている患者には自家栽培を許可する。

米国では1996年以降、14州と首都ワシントンで医療目的のマリフアナが合法化されている。

(CNN 2010年11月15日)

△写真はカリフォルニアで撮影





宮古島トリップのおまけは来間島から...

写真は見晴台の入口で売っていたドラゴンフルーツ
中の果肉が白いのしか知りませんでしたが
アカいのもありました しゃれたフルーツです
右の写真は来間大橋の欄干
遠くの白く波立っているところまでがサンゴ礁
太陽の光が強くあたればあたるほどエメラルドに輝きます
ダイバーが長期滞在するのもよくわかる

△写真はクリックすると拡大版で見ることができます

宮古+伊良部島トリップ

昨日の続き...



宮古島からフェリーで25分ほどのところにあるのが伊良部島
島には高校がないので生徒たちはこのフェリーで宮古まで通学する
風速25メートルでフェリーは運航中止となって
みんなが家に閉じこもるファミリーデイとなる
宮古島の人たちには風速20メートル30メートルはそよ風とのこと
台風が来なくて待っていることもあるそうだ
だって台風は島の空気を一掃してくれる
島には川もなければ山もないので
河川の氾濫も土砂崩れもない
樹木だってみんな頭を低くしている
サトウキビだって宮古島のはどれもまっすぐに伸びてない
人も樹木もなにもかもが強度の風に適応する術を身につけて
サステナブルに生きている

写真は左から
宮古島の砂山ビーチ
伊良部島の昔の台風の置き土産 
どこからか運ばれた珊瑚の岩がごろごろ浜に点在する
伊良部島の港に揚がっていた船
同じく港にあったコンテナ なぜか目にとまった
伊良部はかつては遠洋漁業で御殿が建ったところ
島の一番高いところに島の黒い鳥サシバの巨大な像があって
海を見下ろしている
遠く外洋に出た男たちの家族がそこから見送ったという
今はひっそりと生活に結びついた漁業のみ
あとはサトウキビ畑があるばかりだ

△写真はクリックすると拡大版で見ることができます

2010/11/14

宮古島トリップ

たった三日間だけ 宮古島へ



前日まで曇って さえなかったそうなんですが
三日間はバツグンの晴天 まったく雨もなし
実に4年ぶりのオキナワ そして初めての宮古島
トライアスロンの方々が大いに広めてくれて島にとってはありがたやの
「雪塩」工場にも行ってきました
といっても 小さな小さなプレハブっぽい造りの工場
でも、すごいんですよ、ここの女性ガイドさん
とても能力のある人でした
ここの工場にはNASAの技術が使われていて
一瞬で海水を水(飲料水になる)と塩に分けます
たぶん、メキシコ湾の原油流出事故でも活躍した技術だと思う
ガイドさんいわく、割合として大部分を占める水をここでは捨てること
これをなんとかしなくてはいけないのが課題だとか
宮古島は硬水です
この工場 宮古では一番の稼ぎどころ

写真は上から
滞在したホテルの目の前に広がるサンゴ礁の白い砂 与那覇前浜
前浜ビーチのガーデン
前浜ビーチのサンゴ礁でできてるバンク
前浜ビーチのサンセット
そして宮古島エアポート

△写真はクリックすると拡大版で見ることができます

2010/11/13

ブッシュの最後の死刑は冤罪



◇ブッシュによって処刑された最後の人をDNAが救えた

画期的な事件の調査が初めて死刑申し立ての反証を上げる

テキサス州知事としてジョージ・W・ブッシュの任期の間に処刑された最後の人物は、ただ1つの痕跡(証拠)、人間の毛髪に基づいて死刑に処せられた、それが実際に彼のものではなかったのをDNA鑑定が明らかにしてきている。

クロード・ハワード・ジョーンズは1990年に酒類販売免許の店主殺害で有罪とされて10年後に致死注射によって死刑を課された。陪審員たちは彼の毛髪の房が被害者の死体すぐ近くの床で発見されたというのを知らされたとあって、彼は極刑をこうむった。

それが今度は真実でないと判明する:実は店の所有者、Allen Hilzendagerの頭から生じた毛髪だったのを、証拠のきびしい項目の実験分析が明らかにしてきている。

写真:2000年後期に致死注射によって処刑される前日、テキサス州死刑囚監房棟面会者の部屋で撮影された家族のスナップ写真で見てもらえるクロード・ハワード・ジョーンズ

(インデペンデント紙 13 November 2010 by ガイ・アダムズ ロサンジェルス)
http://www.independent.co.uk/news/world/americas/dna-could-have-saved-the-last-man-executed-by-bush-2132850.html

2010/11/12

緊縮財政 シザーハンド



◇計画された教育資金手当の削減をめぐってロンドンで学生5万人以上が抗議する

高等教育資金手当を40%まで削減すると同時に大学の授業料を引き上げる政府案に抗議するため、9日火曜、推定5万2000人の学生がロンドンで街頭デモをしました。先月発表された英国政府の緊縮財政措置に反対するデモは数十年で最大の学生の抗議であり最大の人出のひとつでした。

◇ハイチのコレラ発生はポルトープランスに達する、援助資金から割当てを解除するのを米国議会は封じ続ける

ハイチではコレラ発生が首都ポルトープランスに広がってきています、そこでは1月のひどい地震の後に100万人以上が今もってホームレスのままで込み合ったテント設営地で生活しています。そうした中でワシントンの米国議会は、さかのぼって3月ハイチに約束済みの復興金11億5000万ドルの交付に対して、さらに障害を提出してきています。

◇アムネスティ:ブッシュを拷問のため起訴する

人権団体の国際アムネスティは、水責めの拷問テクニックに権限を与える彼の承認の結果として起る、ジョージ・W・ブッシュ前大統領を起訴することをオバマ政権に求めています。彼の最新の回顧録「Decision Points」に書き入れるブッシュは、自称9.11主謀者のハーリド・シェイク・マホメット(Khalid Sheikh Mohammed)を水責めにするCIAの許可を最初に聞き入れたとブッシュは言っています。声明で国際アムネスティは「国際法のもとに拷問に関わり合った何びとも当然の報い裁きを提起されなければならない、しかもブッシュを除外しない。」と言っていました。仮に彼の承認が裏づけられるとすれば、米国は彼を起訴する義務があります。

(以上、デモクラシーナウ!ヘッドライン 11 November 2010より)
http://www.democracynow.org/2010/11/11/headlines

◇学生抗議は11月24日に全国大会をするつもりだ

写真:ひとりはエドワード・シザーハンド(映画ではジョニー・デップが演じた)の服を着た、学生たちは、より高い授業料と大学の資金手当削減に反対して、水曜日ウェストミンスターでデモをする
Photograph: Tony Kyriacou / Rex Features

(UKガーディアン紙より 11 November 2010)
http://www.guardian.co.uk/education/2010/nov/11/students-protests-national-24-november

2010/11/05

アフガン戦争は犯罪になる



◇チョムスキー:アメリカ主導のアフガン戦争、犯罪になる
 Press TV 03 November 2010

米国のアフガニスタン侵攻は、本日までアルカイダが9・11攻撃を遂行してきている1つの証拠もないからには、違法だったと、有名なユダヤ系アメリカ人学者ノーム・チョムスキーは言っている。


「アフガニスタン戦争のあからさまな公言した動機は、世界貿易センターとペンタゴンに対するテロリスト行為に関係してきていると非難した国民、アメリカ合衆国に委譲する(引き渡す)のをタリバンに強要することでした。タリバン... 彼らは証拠を求めました... そしてブッシュ政権は何でも与えることを拒絶しました」、81歳の上席の大学人はPress TVの番組「Simple Question」で思ったことを言いました。

「私たちは後日、彼らが証拠を提示しなかった理由のひとつに気がつきました:彼らはどんな証拠も持っていなかった。」

政治アナリストもまた、そんな証拠が非存在なのは、8カ月後、FBIによって確認されたと言っていた。

「史上最も執拗な国際的調査のあとに、恐らくアラブ首長国連邦とドイツで実行されたというのを除いては、筋書きがアフガニスタンでもくろまれているかもしれないとFBIは信じると、FBI長官が記者団に知らせた。」


戦争になって3週間、「アフガニスタンの国民がタリバンを崩壊させるまで、米国と英国は爆撃を続行するつもりであると英国の士官が発表した... それが後日、戦争に対する公式の正当化になった。」とチョムスキーは加えた。

「こんなことはすべて、完全に違法でした。それ以上のもの、犯罪になります」とチョムスキーは言った。


2001年アメリカ主導のアフガニスタン侵攻は、交戦状態を抑えて、その国に平和と安定をもたらすという政府の目標と共に開始された。

しかしながら、9年の上に、その国が相変わらず不安定のままであり、一般市民が最大の過酷な犠牲を支払い続けるのを、アメリカとアフガン当局は受け入れる。



△原文はここに↓あります
http://www.presstv.ir/detail/149520.html

写真は、アメリカに残る「知性」、ノーム・チョムスキー教授、長生きしてください

2010/11/03

YES WE CANNABIS



◇若者の賛成票つまずく;提案19号(Prop.19)届かず

カリフォルニアは気晴らしにキメるためマリワナを買うのを承認する最初の州になろうとした。普通の有権者がそれに反対した。

△写真:提案19号(Proposition 19)に賛成して火曜日、オークランドのグレゴリー・ライアンズが電話をかける。有権者は気晴らしのマリワナを合法化する提案をしりぞけた。 (Brian van der Brug, Los Angeles Times 01 November 2010)

◇米カリフォルニア州で2日、中間選挙とあわせて実施された住民投票のうち、注目を集めていたマリフアナ合法化の提案は反対多数で否決される見通しとなった。米テレビCNNは反対57%、賛成43%で否決されたと報じている。

「提案19号」と呼ばれるこの提案は、21歳以上の人に1オンス(28グラム)までのマリフアナ所持と、最大25平方フィート(2.32平方メートル)までのマリフアナ栽培を認める内容。

可決していれば初めてマリフアナが完全に合法化されるところだった。マリフアナ合法化の支持者は若者が中心で、高齢者には反対者が多かった。来年1月に任期を終えるアーノルド・シュワルツェネッガー同州知事もマリフアナ合法化に反対の立場だった。

同提案を発議したリチャード・リー氏は、「これだけ多数の州民がマリフアナの合法化に賛成票を投じたことは大きな勝利だ」と否決の事実にもくじける気配は見せず、2年後の住民投票で再挑戦する意欲をみせている。

(AFP 2010年11月3日)

◇ただひとりイラク戦争に反対した上院議員、バーバラ・ボクサーが接戦を制する!

バーバラ・ボクサーが再選の戦いで勝利を奪う、けれども共和党候補カーリ・フィオリーナは上院争奪戦の敗北を認めるのを拒絶する。

(LATimes 03 November 2010)

アルコールはヘロインよりヤバイ



◇アルコールはヘロインだとかクラックよりもいっそう有害

クビにされた政府の薬物顧問David Nuttがランセット誌に研究を発表してドラッグのランク付けで論争を再開する

本日掲載されたその筋の信頼できる研究論文によれば、かなりの販売利益によってUKではアルコールが最も危険なドラッグ(中毒を起こす麻薬)で、ヘロインとクラックを二位、三位にたたき出す。薬物の分類体系は廃棄されるべきとの要求と、飲酒に反対して着手するいっせいのキャンペーンを再び開くものだ。

型破りのIndependent Scientific Committee on Drugs(薬物科学独立委員会)からの同僚と共に、肘鉄を食わされる政府薬物顧問David Nuttによって率いられる研究は、もしも薬物がそれが待遇する害に基づいて等級に分けられるのだったら、ヘロインやクラック・コカインと比べて、アルコールはどうしてもAクラスになるものだと言っている。

評判のよい医学雑誌ランセットによって掲載される本日の研究論文は、合法と違法薬物を比較して害悪という困った問題を引き受けることで政府への異議の申し入れとみなされるものだ。それは労働党にとって政治上損害を与えることとなった。

最新の研究論文は2007年にNuttと他の者によって果たされた研究を更新する、当時もランセットによって掲載されて、合法的に使用可能なアルコールとタバコがマリワナ(カンナビス=大麻)やLSD(幻覚剤)よりいっそうやばいと言いだすことで論争のきっかけになった。

その研究論文ではアルコールは全体として5番目に最も危険と分類された。2007年の研究論文はまた、ドラッグ分類体系のオーバーホールを要求したが、批評家はドラッグを分類するのに用いられた判定基準と差異に重みをかけないことに異論を唱えた。

本日の研究は2007年の批評に取り組もうと努めるもっと複雑な分析を提供する。ドラッグが個人個人を待遇する「死亡から、心の作動へのダメージや関連性をなくすことまで」、九つのカテゴリーの危害と他者に対して7つのタイプの危害を検討する。最大限ありうる危害のスコアは100で最小はゼロ。

全体として、ヘロイン55、クラック54に対して、アルコールは72と採点される。個々の麻薬使用者にとって最も危険なドラッグは、ヘロイン、クラック、次いで粉末のメタンフェタミン(crystal meth)と分類された。他者に対して最も有害なのはアルコール、ヘロイン、クラックの順序通りだった。

麻薬分類体系は根本的な変更を必要とするとNuttはガーディアン紙に語った。「薬物乱用法は販売期限最終期日を過ぎており、やり直す必要がある」と彼は言った。「これら新しい研究結果の見地から、ドラッグにどう取り組むか、私たちは再考する必要がある。」

総合的な危害として検討されるほかの薬物は以下の通りに評価される:粉末のメタンフェタミン:crystal meth(33)、コカイン(27)、タバコ(26)、アンフェタミン・スピード(23)、カンナビス(20)、GHB:ガンマヒドロキシ酪酸(18)、ベンゾジアゼピン(15)、ケタミン(15)、メタドン(13)、ブタン(10)、qat(9)、エクスタシー(9)、アナボリックステロイド(9)、LSD(7)、buprenorphine(6)、マジックマッシュルーム・幻覚キノコ(5)

UKの改革者たちは、労働党のときより連立内閣が格付けに対してさらに証拠を基礎とするアプローチを取って、もっと議論をたたかわすであろうことを願おうとする。自由民主党は彼の解雇をめぐってNuttを支持した、同時に15歳でマリワナを吸ったためイートン校でいざこざを起こした保守党のデイヴィッド・キャメロン党首は、国会議員時代に国内問題特別委員会にあっては薬物乱用法が実際に役立たなかったのを認めた。

アルコールによってを引き起こされる害を減らすことにつぎ込まれるさらにいっそうの努力をNuttは訴えた、そして常用癖や崩壊した家庭の社会の失費に加えて、その実利的な代価が非常に高いことを指摘する。例えば、ワインの税率の5分の1を課税するアルコール分を含むサイダーと共にアルコールへの課税は「完全に不適切」、また措置はとりわけ青年向けの廉価ものやバカルディ・ブリーザーズなんてアルコールの販売促進を攻撃目標にすべきであると彼は言った。

(ガーディアン紙 01 November 2010)

写真:ヘロインはユーザーに害をもたらす、しかしアルコールはもっと広範囲の地域社会にかなりいっそう危害をもたらすことを研究論文は見つける

(Photograph : Action Press/ Rex Features)

2010/11/02

ジャイアンツが一番に!



◇米大リーグのワールドシリーズは1日、テキサス州アーリントンのレンジャーズ・ボールパークで第5戦が行われ、サンフランシスコ・ジャイアンツが3−1でテキサスレンジャーズを下し、ニューヨークに本拠地を置いていた1954年以来56年ぶり6度目のワールドシリーズ制覇を達成した。

ジャイアンツの先発はリンスカム、レンジャーズの先発はリーで第1戦と同じくエース対決。両投手ともヒットは打たれるものの、6回まで二塁を踏ませない投手戦となった。

しかし、7回にジャイアンツは先頭打者のロスが中前打で出塁すると、ウリベも中前打で続く。ハフの送りバントで一死二、三塁とチャンスを広げ8番・レンテリアが均衡を破る3ランを放った。

レンジャーズはその裏にクルーズのソロで1点を返したが、リンスカムを8回3安打と打ち崩せず、9回もジャイアンツの守護神ウィルソンに抑えられた。

ワールドシリーズMVPには、優勝を決めるホームランを放ったジャイアンツのレンテリアが選ばれた。

ジャイアンツ・レンテリア:
「(涙をにじませながら)何度もけがをしながら、辛抱して、またプレーするチャンスを与えてくれたチームに本当に感謝している。すべてがうまくいった。またメジャーでプレーできると信じていた。チーム、特に投手力を信じていたし、本当にうまくいった。(2チームで世界一を決める殊勲打を放った史上4人目の選手となり)本当に信じられないよ。」

(サンスポ 2010年11月2日)

写真、中央は特に若い女性に人気のリンスカム投手、ジャイアンツは若い投手に恵まれているなー、打たれたときぐっとかみしめる青年、リンスカムの顔はかわいかった
(LATimes 01 November 2010)