見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

June 30, 2008

オールナイトパーティ


◇ユーロ2008の優勝に夢中のスペイン
決勝戦でドイツを1−0で負かし、彼らのフットボールチームがユーロ2008で一番になった後、何千人もの勝利に酔いしれるスペインファンがマドリッドで陽気に浮かれ騒いでいる。
フェルナンド・トーレスのゴールが44年ぶり2度目の主要タイトルをスペインにもたらした。
旗をまとったファンたちがストリートで踊って歌うとき、首都は赤とゴールドのナショナルカラーに酔う。
マドリッドのBBCのスティーヴ・キングストンが、何千人もの群衆が集まっているプラザコロンの騒々しい歓喜の場面を説明する。
・オールナイトパーティ
ボクたち特派員は、勝利が若いスペインチームにとって大成功、大手柄と考えられていること、そして政治的・地域的に分裂する国で、ヨーロッパ選手権は多くの点で国をひとつにするイベントだったことを、付け加えておきます。
これまでは、カタルーニャやバスク地方といった自治権のある地方は伝統的に国の代表チームを支援するのに気が進まなかった。
不朽のトーナメントのイメージは、スペインのゴールキーパーでキャプテンのカシージャスがウィーンでトロフィーを受け取ったとき、ホアン・カルロス国王が彼を抱き締めるシーンになるだろうと彼は言う。
マドリッドでは、街の主な広場からファンたちが夜のパーティをやるためにレストランやバーへとあふれ出るとき、数百人の警官が交通の流れを保つのに苦闘した。
「準々決勝を突破したんだってうんと前なのに、いまボクらは一番になっている。信じられないよ」とマドリッド出身の19歳の学生ダニはAFP通信社に語った。
「私たちは最高なんだ、それならワールドカップで一番になる用意ができている」と48歳のホアキンは言った。彼と家族は西部の街サラマンカから来ていた。
巨大TVスクリーンでウィーンからの試合の生放送を見るため、ファンたちがプラザコロンに集まって温度を急上昇させたその日、興奮は一晩中さめなかった。
スペインの優勝は1964年のヨーロッパ選手権で元ソ連に勝って以来、それがこれまでの主要トーナメントでの唯一の功績だ。
(BBC NEWS 29 June 2008)

写真は、スペインのファンがマドリッドで勝利を祝う光景。優勝は国を団結させる一つの方法とみなされている。

June 29, 2008

マンデラがテロ監視リストの大恥


◇米上院がテロ監視リストからマンデラを取り除く法案を可決
妨げのない米国への旅を排除していた潜在的テロリストのリストからアパルトヘイト政策を終わらせるのに尽力した南アフリカの元大統領ネルソン・マンデラを取り除くための法案を木曜、米上院が可決した。
上院での立法措置の共同発起人であるジョン・ケリー上院議員(民主党)は金曜、上院の決定を称賛した。
「今年夏の彼の90歳の誕生日の返礼に、ネルソン・マンデラは、人間の気高さと弾圧をものともしない勇気のゆえに、世界で最も影響力のある発言のひとりとしてもう一度名誉を与えられる。彼をわが政府のテロ監視リストに含めることで、この偉大な指導者の名誉をおとしめるという大恥をついに取り除くことすれすれに(あとはブッシュのサインのみ)米国は進んだ」とケリーは言った。
金曜日、マンデラは90歳になった。
南アフリカの白人アパルトヘイト(人種隔離政策)政権に反対して、今から何十年も前に現政権であるアフリカ民族会議(ANC)と共に着手した活動のせいで活動家は監視リストに載せられた。1990年に釈放されるまで、マンデラは27年間刑務所に閉じこめられた。初めて南アフリカの黒人が投票できた1994年に彼は南アフリカの大統領になった。
マンデラの名がいまだに監視リストにあることが、「決まり悪い思いをさせる」と最近コンドリーザ・ライス国務長官は言った。彼をリストから除外する法案はいまブッシュ大統領のデスクに進む。
「ネルソン・マンデラは、南アフリカの歴史の暗黒時代において自由と民主主義で指針となる人として力を尽くした。彼と他のANCのメンバーに押しつけた不名誉な入国規制を取り除くことで彼の投獄と犠牲的行為に名誉を与えることになる立法措置をついによく可決したと私は満足だ」と上院の法案の共同発起人ボブ・コーカー上院議員(共和党)は言った。「私たちが今日行っているのは、正しいことでまさにやるべきことなのだ。」
(the raw story 27 June 2008 by Nick Juliano)

◇南アフリカ初の黒人大統領で、ノーベル平和賞を受賞したネルソン・マンデラ氏らへの入国規制を解除するとともに、同氏を「テロリスト」と位置付ける情報を米政府のデータベースから抹消するよう定める法案が27日、米議会を通過し、ブッシュ大統領に送られた。
マンデラ氏は白人支配下の南アで、アフリカ民族会議(ANC)議長としてアパルトヘイト打倒に尽力した。だが、ANCは南ア国内で1990年2月まで「テロ組織」として非合法化されていたため、米政府はANC指導者たちの入国を規制、これまで解除措置が取られていなかった。
このため、米下院のバーマン外交委員長(民主党)が4月、今回の法案を提出。5月に下院で可決されたのに続き、上院でも27日、全会一致で承認された。
(共同通信 2008年5月28日)

◇マンデラ氏、ジンバブエ情勢で初発言 ムガベ大統領を非難 
大統領選の決選投票を前に、ムガベ政権が野党勢力の弾圧を強めているジンバブエ情勢について、ノーベル平和賞受賞者である南アフリカのネルソン・マンデラ前大統領は25日、「ジンバブエの指導者の悲劇的過ち」だとコメントした。同氏がジンバブエ情勢について公の場で語ったのは初めて。
マンデラ氏はロンドンで開かれた90歳の誕生日記念の夕食会で、スーダン西部のダルフール危機とともに、南アの隣国であるジンバブエの混迷を憂慮していることを明らかにしたうえで、慎重に言葉を選びながら、ジンバブエのムガベ大統領を暗に非難した。
マンデラ氏は、ムベキ南ア大統領がジンバブエ情勢改善に向けた仲介を主導している点を踏まえ、この問題についての発言をこれまで控えていたもよう。夕食会にはブラウン英首相や、クリントン前米大統領らが出席していた。
大統領退任後も大きな影響力を持ち、尊敬を集めているマンデラ氏の発言は、アフリカを代表する指導者を自称するムガベ大統領にとって大きな打撃とみられている。また、ムベキ大統領の仲介能力について各国が厳しい目を向け始めているため、今回のマンデラ氏のコメントは大きな反響を呼ぶと予想される。
(CNN 2008年6月26日)

写真は彼の90歳の誕生日を祝う、ロンドン、ハイドパークでのギグでステージに上るネルソン・マンデラ氏。会場にはマンデラの囚人番号だった46664に合わせた数(実際には50000人以上)が詰めかけた。写真のウィル・スミス、アニー・レノックスの他に、エイミー・ワインハウス、クィーンなどがギグで歌った。

アニー・レノックスのSING



アニー・レノックスの歌「SING」とそのプロジェクトのことご存じですか。
ウィル・スミス夫妻ばかりではありません。マンデラの90歳の誕生日を祝うロンドンでのコンサートには、大勢の南アの子どもたちといっしょに輝いている彼女の姿がありました。

◇「SING」ってなに?
ユーリズミックスで知られるミュージシャン、アニー・レノックスが、HIV/AIDS組織、治療活動キャンペーン(TAC)のために金を調達し自覚を呼び覚ますため、チャリティレコード「SING」で世界で最も喝采して迎えられる女性スーパースター23人のボイスと協力している。オリジナルトラックはすでにすべてのオンライン小売店からダウンロードすることで利用できる。これには昨年12月1日の世界エイズデーから利用可能のスペシャルリミックスが付随する。「SING」は昨年10月初めに発売されたアニー・レノックスの4枚目のソロアルバム「Songs Of Mass Destruction(大量破壊の歌)」から選ばれる。

アニー・レノックスは最近、TACと共に南アフリカで2週間過ごした。そして何百万という人びとが毎日直面している現実の生々しい情況を記録する、それゆえ、世界的流行病に疎い人びとがなにがしか理解にたどりつく。苦しむ患者たちの医療の足しになるとか、HIV/AIDSの予防について人びとを教育するための、財源がほとんどない。南アへのトリップはアニー・レノックス自身によってプロデュースされるTVや印刷メディア、オンラインのあちこちで詳細に記録・報道される。

スーパースター軍団のボイスの中には、「The Generics」として知られるTACの地元活動家メンバーのボーカルグループが含まれる。彼女たちのCDの社会・政治活動家の歌がアニーに生命を吹き込み「SING」を真実にさせる。アニーは手紙によって各女性アーティストに個人的にアプローチをかけた。そしてレコーディングは2007年の春を通して、世界中の各アーティストの地元スタジオで行われた。

TACは1998年12月10日、南アフリカのケープタウンで設立された。彼らはHIVに感染した人びとの治療のためと、新たなHIV感染を減らすため、キャンペーンを行う。全国的な母から子への感染防止の実行と抗レトロウィルス治療プログラムが含まれる、彼らの奮闘の結果は多くの命を救う介入になっている。TACはまた治療読み書き能力キャンペーンも運営する。これはHIV治療と防止学に関する訓練プログラムだ。

◇数年前、私は一個の人間として、ロベン島の彼の元独房の前に立って世界のプレスに向けて話しかけるネルソン・マンデラを目撃した。アフリカでの世界的流行病HIV/AIDSは、それどころか現実はジェノサイド(大虐殺)だというのが彼のメッセージだった。それ以来、私はできるかぎりHIV/AIDSの危機に目に留めようと決心した。
(アニー・レノックスの「SING」のウェブサイトより)
◇世界的流行病HIV/AIDSが南アフリカでどのように女性たちと子どもたちを襲っているかについて、なんとか人に知らせようと、私は「SING」を書いてレコーディングしました。この最初の「SING」プロジェクトに23人の国際的によく知られた女性レコーディングアーティストが私の仲間に加わってくれました。オンラインやロンドンのボディショップで販売するこのTシャツは倫理にかなってよりどころとされます、そして南アフリカ全体におよぶ草の根ネットワークの治療活動キャンペーンに私はこの販売から利益を寄付することになっています。
(アニー・レノックスのオフィシャルオンラインショップより)

写真はネルソン・マンデラとアニー・レノックス、2007年の南アの46664コンサート。そしてマンデラの手と彼の囚人ナンバーだった「46664」
「SING」は破滅的と言われる南アのHIV蔓延を抑えようとのマンデラのキャンペーン「46664」に鼓舞されている。(Billboard.com)
23人の女性アーティストには、マドンナ、セリーヌ・ディオン、ピンク、シャキーラ、KTタンストール、ダイド、フェイス・ヒル、ファーギー、シュガーベイブ、ベス・オートン、ボニー・レイト、マーサ・ウェインライト、ジョス・ストーン、KDラング、グラディス・ナイト、サラ・マクラクラン、などがいる。
以下でアニーのボイスとマンデラの声を聞いてください。ダンスする南アの男の子かわいいです。
http://www.annielennoxsing.com/sing.php

June 28, 2008

次の911で共和党が勝つシナリオ


◇アラスカ沖の原油漏れでエクソンに課せられた損害賠償金を米最高裁が減らす
1989年アラスカ沖でのエクソンの原油タンカー、ヴァルデス号の原油流出のためエクソンモービルが支払わねばならない刑罰の損害賠償金の額を最高裁が大幅に減らしている。プリンスウィリアム海峡の漁場海域に1100万ガロンの原油を漏らした事故で、エクソンは刑罰の損害賠償金50億ドルを支払うべきだと当初アラスカ州地裁は裁定していた。2006年、刑罰の損害賠償金は半分に減額された。水曜、最高裁がまた刑罰の損害賠償金を減額して、当初の地裁の判決の10分の一、5億ドルだけ支払うようエクソンモービルに命じた。
(利益をむさぼるエクソンには50億ドルの支払い能力があるうえ、漁場海域への原油漏れは計り知れない痛みを人類を含め多種多様の生物にもたらすものだろう。
・米石油大手エクソンモービルが5月1日発表した1ー3月期・第1四半期の決算は、純利益が前年同期比17%増の109億ドル=約1兆1300億円だった。記録的な原油価格の高騰で探査・生産の上流部門の利益が押し上げられた。ibtimesより)

◇子どもをレイプした罪での死刑判決を最高裁が終わらせる
もうひとつの判決で最高裁は子どものレイプの罪で死刑判決を取り除いた。5対4の判断で、囚人を死刑にできるのは殺人かまたは国家犯罪のみだと判事らは言った。この裁定は、子どものレイプで有罪とされた後に死刑判決を受けているルイジアナの2人の男性を含め、6州で裁判をくつがえす。
(以上、デモクラシーナウ!6月26日ヘッドライン)

◇NASAの科学者が人類に対する犯罪に努めると石油幹部を喝采
月曜、NASAの気象科学者のトップ、ジェームズ・ハンセンは、世界が大気圏での温室ガスで危険レベルをとうに超えてきており、地球は警告を発する時に近づいていると警告した。「非常に異なった進路にどんどん進まないと、私たちはトーストにされる。これが最後のチャンスだ。」とハンセンは言った。彼はまた新たな石炭火力発電所の建設を妨げろと政府に求めた。全米公共ラジオ(NPR)でのインタヴュー中にハンセンは、気候変動について間違った情報を広めることで彼らの役割に努めていると石油会社の最高経営幹部を喝采した。
ジェームズ・ハンセン:「科学的に理解されていることに異議を唱え続けて相反することに資金を供給し続けるなら、そして結果、地球の多数の種を破壊して人類自身に莫大な悪影響を与えることになる、警告を発する時を通りすぎるのを私たちに押しつけるなら、これら最大手のエネルギー会社のCEOは人類に対する犯罪で有罪である。」
地球温暖化はすでに始まっていたと警告するためにジェームズ・ハンセンが初めて議会の前に登場したのが今から20年前だった。ハンセンの最初の証言の年、1988年は、世界が記録的な暑さに見舞われた年だった。それ以来14年、世界はもっと暑くなっている。

◇マケインの顧問:米国に対するテロ攻撃はマケインのためになる
大統領選のニュースでは、米国本土での新たなテロ攻撃はマケインの立候補のためになるだろうと雑誌で語った後、ジョン・マケインの主要な政治戦略家が謝罪している。チャールズ・ブラックはフォーチュン誌に「彼にとって確かにそれは大きな強みになるだろう。」と語った。同インタヴューの中でブラックは、パキスタンのベナジール・ブット元首相の暗殺がマケインを助けたと言った。

◇TV局のニュースがイラク戦争の報道規模を縮小する
主要TV局が週日夜のニュースキャストの中でイラクとアフガニスタンの戦争の報道規模を徹底的に削減してきている。今年に関して言えば、イラク報道規模について3大ネットワークの夜のニュースキャストがウィークデイ合計181分なのを明らかにしている。ネットワークあたり週あたりのイラク報道規模は約2分ということになる。3大ネットワークのアフガニスタン戦争の報道規模には、ほんの46分が費やされている。

◇イラク評議会メンバーが米兵2人を殺す
話変わって、イラクからのニュースでは、サルマンパクの町出身の地元のイラク評議会メンバーが月曜、2人の米軍兵士を殺害した。他に4人が負傷した。この狙撃は町の評議会集会の外で起こった。

◇清涼飲料水のためのハイチへの金に米国が障害となる
ハイチの政権交代を押しすすめるためのてことして、ハイチに清涼飲料水を提供するつもりの金を米国政府が差し控えていると人権団体の連合は非難している。1998年にハイチ政府が国の水と公衆衛生システムを改造するのを助けるためアメリカ大陸間開発銀行は5400万ドルを承認した。10年後、水プロジェクトはまだ手つかずのままである、米国政府がずぶといほど積極的にローンの支払いを妨げようと試みたからだ。報告によると、米国政府は民主的に選ばれたハイチの大統領ジャン・ベルトランド・アリスティードの放逐を盛んに要求していた2001年にプロジェクトを狂わせた。アリスティードは結局、2004年に米国が支援するクーデターで転覆させられた。
(以上、デモクラシーナウ!2008年6月24日ヘッドライン)

June 27, 2008

アメリカ国民は規律ある民兵


◇米連邦最高裁判所は26日、銃所持の権利の是非をめぐる裁判で、個人が銃を持つ権利は憲法が保障しているとして、自宅での銃所持を禁止した首都ワシントンDCの銃規制を違憲とする判断を示した。銃規制に関する最高裁の初の憲法判断となった。
(AFP 2008年6月27日)

◇判事9人の判断は5─4の小差だった。保守派のスカリア判事は多数意見の中で、修正2条について「軍と警察が整備された現代には時代遅れ」との批判があることを認める一方、「修正2条を無効と宣言するのが当裁判所の役目でないことに、議論の余地はない」と述べた。
一方、リベラル派のブレイヤー判事は少数意見で、「修正2条は民兵の武装を認めたもので、一般市民の自衛が主目的ではない」と主張した。
ワシントンでは76年から、個人が自宅でけん銃を持つことを禁止する規制法が施行された。近年、銃犯罪の増加などを背景に、「自衛のためにけん銃所持を認めるべき」との声が高まり、07年にはワシントン連邦高裁が、この規制法を違憲と判断。当局が上訴していた。
焦点となった修正2条には「規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保持する権利は、侵してはならない」とある。これを民兵、つまり現在の州兵を組織する権利と解釈するか、一般市民が武装する権利まで認められているのかをめぐり、長年論争が続いてきた。
ワシントンのフェンティ市長は最高裁判決を受けて「残念だが、最高裁の権威を尊重し、素早く対応することが重要だ」と述べ、ただちに警察にけん銃の登録制度導入を指示すると表明した。
一方、銃規制に消極姿勢を示してきたブッシュ大統領は、判決を「歴史的な判断」と歓迎した。
判決は今後、ワシントンと同様の規制法を持つイリノイ州シカゴをはじめ、全米各地での議論に影響を与えるとみられる。
(CNN 2008年6月27日)

写真は最高裁の憲法判断に喜ぶ銃推進派の人たち 5対4の小差、最高裁判事を入れ替えたタカ派の勝利

June 26, 2008

世界初の動くビルディング


◇2007年度の世界の富裕層は、前年比6.0%増加して1010万人となり、発展著しいインドや中国、ブラジルなどでは過去最高の伸びを示しているという。米証券大手メリルリンチと仏ITサービス企業キャップジェミニが24日に発表した、第12回「World Wealth Report」で明らかになった。
同報告書によると、2007年度の世界の富裕層全体が保有する総資産は40兆7000億ドル(約4400兆円)に上り、平均資産も400万ドル(約4億3000万円)を初めて突破した。また少なくとも3000万ドル(約32億円)の資産を保有する人の数も8.8%上昇し、10万3320人に上った。
国際金融市場における新興国の影響力拡大が強調されているが、インドでは前年比22.7%、中国では同20.3%、ブラジルでは同19.1%の割合で富裕層が増加している。
地域別にみると、富裕層が最も増加しているのは中東地域(前年比15.6%増)で、東欧(同14.3%)、中南米(同12.2%)と続いている。
(AFP 2008年6月25日)

◇形が変わる革命的な420メートルのスカイスクレーパー(超高層ビル)をドバイに建設するための大がかりな計画が建築家によって公開されている。
タワーの各階が独立して回転して絶えず変動する形を創り出すと建築家たちは主張する。
ニューヨークが活動基盤の建築家、デイヴィッド・フィッシャーのダイナミックグループが発表した広報声明によると、「世界初の動いているビルディング」と説明される80階のダイナミックタワーはまた、組み立て式工法で作られたユニットで建てられる最初のスカイスクレーパーになる。
階と階とのあいだにはめ込まれる風力タービンによって動力を供給されて、階は各々独立して回転することにうまく耐えられる。
「あなたは刻々と与えられる好きな状態に形を調整できる」とフィッシャーは言った。「今日誰かがデザインしたひとつの建築なるものではない、それだけのこと。それは永遠に存続する。生命・この世の暮らし・活力によってデザインされ、時間によって形が作られる。」
アパートメントは1平方フィートあたり約3000ドルで売り出され、各ユニットの価格の幅は約400万ドルから4000万ドルまでになる。ダイナミックのウェブサイトによると、タワーは2010年までに完成される。
2つ目の回転するスカイスクレーパーをモスクワに建てる計画が進んだ段階にあり、グループは3つ目のタワーをニューヨークに建てるつもりだとフィッシャーは言った。カナダ、ヨーロッパ、韓国のデベロッパーと役人もまたプロジェクトに関心を表明していると彼は言った。
だが、懐疑の気持ちを表している人がいる。以前にフィッシャーはひとつも超高層ビルを建てたことがない。英国とインドの有名な建築家やエンジニアと協力していると彼は言う。
アラブ首長国連邦のドバイで彼は建設のための開発ライセンスをもらっているが、ビルの建設地を彼は明らかにしていない。モスクワの市長執務室は、プロジェクトにざっと目を通しており、決定はされていなかったと言った。
フィッシャーは組み立て式工法で建設するテクニックを「建築の未来」と呼んでおり、それは4000年の「レンガ造り」建築メソッドを根本的に変容させると言う。
「世界経済のすぐれたセクターである不動産と建設工事が最も原始的であることが信じられない」とフィッシャーはダイナミックのウェブサイトで言ってることを引用した。
「世界中のほとんどの建設労働者がいまだに<こて>を本式に使う、最初にエジプト人によって使われてからローマ人によって使われた<こて>をだ。建物は他のどんな製品とも異なるべきではないし、これからは生産の便宜をはかるところで製造されることになる。」
2009年にそれが完成すると世界で最も高い建物とそのタイトルを要求しだす、Burjタワーを有するドバイは、建設ブームを経験してきている。すでに世界最大のモールを構え、中東にありながら、世界最大の室内スノーパークを誇りとして持つ。

写真は、絶えず変動するダイナミックタワー、各階が風力タービンの力で独自に回転することで、全体の外観が刻々とこんなふうに変わります。ビルの中で生活する人にとってこの回転はどんな感じなんだろう。

June 24, 2008

ベックのModern Guilt 予告編


◇ベックの「Modern Guilt」は7月8日まで到着しないことになっている、でもそんなに長く待てないとか、リークまでじっと我慢できないというなら、アマゾンが新しいLPからクリップを宣伝のため特別公開している。モノクロのウォーホール風モンタージュで、「Walls」や「Youthless」やアルバムタイトル曲などからの抜粋が、まんまと予告となるものを見せてくれる。もし2分の「Modern Guilt」予告編が君を飽きさせるなら、Play.comでもアルバムの各10曲からそれぞれ30秒の前菜をストリーミングしている。
(Rollingstone 23 June 2008)

◇昨日、ベックは「Modern Guilt」から予告編ヴィデオと30秒のクリップをボクたちに提供してくれた。今日、彼はまるまる2曲をボクらにタダで聞かせてくれている。「iLike」のベックのページから、先に発売される「Chemtrails」といっしょに、Danger Mouseプロデュースのアルバムのトラックリストから「Orphans」と「Gamma Ray」の2曲を初めてストリーミングする。
「Modern Guilt」は7月8日に発売予定になっている。7月1日にスタートする全米のTouchtoneジュークボックスでも全曲入手可能となる。
(Rollingstone 24 June 2008)

◇http://www.ilike.com/artist/Beck/songs
◇http://www.rollingstone.com/rockdaily/index.php/2008/06/23/becks-modern-guilt-teaser-trailer/

イスラエルがヒズボラとスワップ取引


◇オバマ氏、原油高対策で投機筋の監視強化を主張
ワシントン(AP):米大統領選で民主党候補指名を確定させたオバマ上院議員は6月22日、原油高対策として、投機筋による取引への監視強化を打ち出した。
オバマ氏は、原油市場では巨額の投機資金が価格高騰の主要な原因になっていると指摘。特に、2000年に成立した法令に、一部の原油先物取引は連邦当局の監視を受けないとの条項が含まれていたことが、投機筋に「抜け穴」を与えていると強調、「この抜け穴を完全にふさぐのが私の計画だ」としている。
オバマ陣営はさらに、同条項の起源について、共和党マケイン陣営の経済顧問を務めるフィル・グラム元上院議員が、当時のエネルギー大手エンロンの圧力で盛り込んだと主張した。
これに対し、マケイン陣営の報道担当者は、「抜け穴をふさぐための対策はマケイン氏も支持しているし、問題の法令が成立したのは民主党のクリントン政権下だった」と反論。グラム氏も民主党議員からの質問に対する回答状で、条項が盛り込まれた経緯への関与を否定している。
(CNN 2008年6月23日)

◇フランスのニコラ・サルコジ大統領は6月23日、イスラエル国会(クネセト)で演説し、イスラエルへの強い支持を表明する一方で、イスラエルがパレスチナ自治区ヨルダン川西岸で続けている入植活動について停止するよう呼びかけた。
サルコジ大統領は、議員や来賓を前に「入植の停止なくして、和平はない」と訴えた。
イスラエル政府は過去数カ月間に、ヨルダン川西岸への数百戸の住宅建設を発表していた。これに対しパレスチナ人からは強い反発が起こり、また、パレスチナ自治区内への入植をすべて違法とする国際社会からは非難が巻き起っていた。
また、サルコジ大統領は、ヨルダン川西岸内にイスラエル軍が数百の検問所を設置していることについて、移動規制の緩和を呼びかけた。検問所については、世界銀行が経済成長における主要な障壁であると非難してきたが、イスラエル側は治安上必要不可欠だと主張している。
一方、サルコジ大統領はパレスチナについても、和平実現のためにさらなる努力が必要だとし、「パレスチナ側がテロと戦わないのであれば、和平の実現はない」と述べた。
また、フランスがイスラエルの安全保障に最大の努力を払ってきたことをサルコジ大統領は強調した。
そして、恒久平和のためには、存続可能なパレスチナ国家が樹立され、エルサレムをパレスチナとイスラエルの2国家の首都とする必要があると訴えた。
(AFP 2008年6月24日)

◇イランへの軍事攻撃で中東は「火の玉」にと、IAEA事務局長

アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ:イランの核開発問題に触れ、国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長は6月21日、イランに対するいかなる武力行使も中東地域を「火の玉」にし、同国の核政策を一層硬化させる可能性があるとの考えを示した。
UAEの衛星テレビ、アルアラビーヤとの会見で述べた。事務局長はこの中で、私的意見としながら、「軍事攻撃は最悪の手段」とし、「制裁よりさらに悪く、イランの核兵器保持のペースを早めるだろう」と述べた。
イランの核開発では、同国のウラン濃縮活動の停止を求め国連安全保障理事会が再三決議を採択しているが、イランはこれを無視している。安保理とドイツは現在、新たな制裁決議も模索している。ブッシュ米大統領はイランの核問題解決で武力行使を含むすべての選択肢があるとの立場を再三強調している。
中東情勢では、イスラエル空軍が6月2日、地中海東部で大規模な演習を実施したと米国防総省が確認。イランの核関連施設への空爆能力を同国へ誇示することが狙いと受け止めている。イラン政府当局者は21日、国際平和を乱すものと演習を非難している。
イスラエルでは、イランの核開発問題に絡み、空爆必要論がくすぶっている。モファズ副首相兼運輸相は6月初旬、「イランの核計画を中断させるためには攻撃しか選択肢がない」との考えを示していた。イスラエルのオルメルト政権の閣僚がイランへの攻撃の必要性をこれほど直截な表現で示したのは初めてだった。
同国は昨年9月、シリアが北朝鮮の支援を得て建設していた核施設を空爆で破壊。1981年には、当時のイラク・フセイン政権が建設していた原子炉を空爆したことがある。
(CNN 2008年6月22日)

◇サウジアラムコと仏トタル、サウジで大型製油所建設
ジッダ(サウジアラビア):サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコと仏石油大手トタルは6月22日、サウジ東岸のジュベイルに日量40万バレルの大型製油所を共同で建設すると発表した。同日に合弁会社の設立契約書に調印した。合弁会社は今年7—9月期に設立し、2012年末に稼働する予定だ。サウジが本格化する設備投資事業の一環で、同国の精製能力が大幅に向上する。
当初の合弁会社の出資比率はアラムコが62.5%、トタルが37.5%。うちアラムコの25%の株式はサウジで公開する予定だ。製油所の投資額は明らかにしていないが、15億ドル(約1600億円)前後になるとみられる。
サウジは22日に開催した産油国と消費国の緊急会合で、将来の生産や精製能力拡大のため、積極投資を約束していた。
(日経新聞 2008年6月23日)

◇イラン、イラクに製油所建設へ
ドバイ:イラン政府は6月9日までテヘランに滞在していたマリキ首相などイラクからの訪問団に対し、イラクに複数の製油所を建設すると約束した。イランのダバーディ副大統領が同日、明らかにした。イラク戦争以来の混乱で石油製品の供給が不足するイラクを支援するのが狙いで、イランを敵視する米国が警戒を強めそうだ。
副大統領によると、両国政府は2005年に合意した原油と石油製品の「スワップ取引」の実現でも一致した。
(日経新聞 2008年6月10日)

写真はイスラエル内閣がヒズボラとの「スワップ取引」を考慮(CNN.com 24 June 2008)のニュースからーー。
イスラエルのオルメルト首相が日曜、捕虜とぶんどられる2人のイスラエル兵士の交換を伴うヒズボラとの取引を是認するよう彼の内閣に求めるつもりだ。
2007年ヒズボラ戦闘員たちが誘拐された2人のイスラエル兵士の旗をレバノンのビルボードにはりつける様子。ヒズボラはブッシュが事あるごとに「テロリストとは取引しない」と繰り返す、彼のリストに挙がるテロリストなんだが?

イラン攻撃は中東を火の玉にする


◇ジンバブエの野党指導者ツァンギライ議長が大統領選から撤退
ジンバブエでは、何週間と続いているツァンギライの民主変革運動(MDC)の党員らに向けられた暴力の結果として、大統領選投票で第一位の最有力野党候補モーガン・ツァンギライが第2位の現職ロバート・ムガベとの今週27日の決選投票から撤退している。少なくとも野党支持者86人が殺されてきており、数千人以上が負傷してきている。日曜、ツァンギライは彼の撤退を発表した。
モーガン・ツァンギライ:「現在の功を奏する周囲の状況は信頼できる投票を行うことを許さない。民兵組織、戦争のつわもの、ムガベ自身にも、現実に非常に殺される可能性に面と向かわせる来たる決選投票で私に投票するのはぼんくらだとわかっている。」
ジンバブエの選管当局は、6月27日の大統領選決選投票はツァンギライの撤退にもかかわらず進められると言っている。

◇国際原子力機関IAEAのエルバラダイ事務局長がイランが攻撃されるなら辞めるとおどす
IAEAのトップのエルバラダイはもしイランが軍事攻撃されるなら辞職するとおどしている。
エルバラダイ事務局長:「この時期に結局イランに対する軍事行動となるなら、私の仕事を続けられなくなる。」
イランは重大で差し迫った危険を呈さないし、イラン攻撃は中東地域を火の玉にしてしまうとエルバラダイは言った。エルバラダイのコメントは、イスラエルが大規模な軍事演習を行ったことをニューヨークタイムズが暴いて数日後に起こった、これはイランの核関連施設への爆撃を想定したリハーサルであると思われると米国当局(ペンタゴン)は述べる。国連でロシア大使 Vitaly Churkinは、イスラエルの攻撃に対し警告した。
Vitaly Churkin:「記事が事実かどうか私にはわからないが、原則問題として、もちろん私たちはこの情況での力の行使へのいかなる骨折りや企ても、きわめて逆効果となると考える。いま私たちには、まもなく初めて、サラナ氏のテヘラン旅行のすぐ後に続いて何らかの外交のはずみがあり、6カ国によってテヘランに提案された新たに拡大されたパッケージがある、そのカウンターレスポンス、希望に満ちた外交サインがあると私は信じる。」
米国大使Zalmay Khalilzadは、イランが国際社会を無視すると、さらなる処置が講じられることになると言ってイランをおどした。
Zalmay Khalilzad:「国際社会がこの問題を非常に深刻に取り扱うこと、そして国際社会を無視し続けるとさらなる処置が必要となることを、イラン、イラン政府は明確に理解する必要がある。」

◇ハリド・シェイク・モハメッド 水責め100回
非難されるべき現場、秘密の刑務所をCIAがポーランドで稼働したとニューヨークタイムズは報じている。彼らは911の首謀者と申し立てられるハリド・シェイク・モハメッドと他の捕虜(囚人)をそこに拘留した。秘密の刑務所で拘留される間にモハメッドは2週間の期間に100回水責めの拷問を受けた。モハメッドの尋問を監督したのは正式な尋問スキルもなければアラビア語も話さない長いこと麻薬捜査官のデュース・マルティネスだった。マルティネスはそのあとでCIAを離れている。彼はいま、尋問に関してCIAにアドヴァイスした2人の元軍の心理学者によって運営される会社、Mitchell Jessen & Associatesで働く。マルティネスはまたタイの秘密の刑務所に拘留されたAbu Zubaydahも尋問した。

◇NATO軍がパキスタンのゲリラに集中攻撃を浴びせる
アフガンとパキスタンの国境で緊張がエスカレートしている。伝えられるところではロケット弾と火砲攻撃の報復として、日曜、アフガンのNATO軍がパキスタンのゲリラに集中攻撃を浴びせた。先週、パキスタン内の民兵組織を攻撃するため国境に軍隊を送るとアフガンのハミド・カルザイ大統領は威嚇した。これより前に今月、パキスタンの国境駐屯部隊へのアメリカの空爆が11人のパキスタン兵を殺した。

◇告発が却下されたことでハディサの居住者たちを踏みにじる
イラクからのニュースで、ハディサの24人の一般市民を殺した2005年の大量虐殺にかかわり合う海兵隊員のほとんど全員が自由の身になることでハディサの居住者たちは米軍に踏みにじられると報じられる。8人の海兵隊員は当初から罪を問われたが6人に対しては刑事告発が取り下げられた。7人の海兵隊員が無罪放免にされた。Yousef Aid Ahmedは新聞McClatchyに語った、「私たちは法律と法廷に期待をかけたのに、次々に無実とわかる。これは組織犯罪です。」

◇ダルフールに部隊を展開させろとミア・ファローがブラックウォーター社をせきたてる
女優で活動家のミア・ファローが民間軍事請負会社ブラックウォーターに部隊をダルフールに送れとせきたてている。スーダンでできる役割を議論しようとブラックウォーターにアプローチをかけていると彼女はフィナンシャルタイムズ紙に語った。ミア・ファローは人権団体Dream for Darfurと共に働きかけを行う。スーダンにブラックウォーターを展開することで多くの人々が留保するかもしれないのを彼女は認めたが、難民に対する暴力の脅威がすべてのオプションを探らねばならないことを意味すると彼女は言った。一方、米国に支持されるソマリア連邦移行政権はソマリアの沿岸をパトロールするのにフランスの民間軍事会社Secopexを雇っている。

◇コロンビアのエクアドル攻撃の生存者たちをニカラグアが庇護する
20人以上を殺した3月のエクアドル領土内FARCのキャンプ地へのコロンビア軍の攻撃で生き残った3人のコロンビア人女性をニカラグアが庇護している。ルチア・モレットは、コロンビアのウリベ大統領が裁判にかけられるのを見たいと言った。
ルチア・モレット:「どこに行こうが、私たちは彼を糾弾するつもりです、でも私たちの命は危険な状態です。私たちがしゃべるのではとウリベはこわがっています、彼に対して始められることになる裁判で私たちは告発の目撃者になりうるからです。彼が行ったすべてのせいで、3月1日の大量殺戮のせいで、いつか彼が被告の席につくことになるからです。」
ニカラグアのダニエル・オルテガ大統領は国家テロを遂行するとしてウリベを非難した。
ダニエル・オルテガ:「テロと戦っていると彼は言う、それどころかテロリストは彼だ、コロンビア国民に対してテロを犯すのみならず、隣国に対しても犯すからだ、そしてこの場合はエクアドルだ、エクアドルではこの3人の女性が殺されかけ、他の同僚たちが殺された、そして彼らは死体をボゴタに運んだ。」
(以上、デモクラシーナウ!6月23日ヘッドライン)

写真はアフガンのオピウム(ケシの花)、タリバーンがケシ畑の農夫に課税。2007年タリバーンがオピウム売買のためアフガンのケシ栽培の農夫から推定1億ドル稼いだと、国連は言う。(BBC NEWS 24 June 2008)

June 23, 2008

16歳の妊娠協定


◇米東部マサチューセッツ州グロスター市の高校で女子生徒のグループが一緒に妊娠、出産し、育てようとの「協定」を結び、17人が妊娠した。今年に入ってから発覚し、市当局が20日までに調査を始めた。米国では17歳の人気タレントが出産するなど10代の妊娠が増加しており、「トレンド化」を危ぐする声も上がっている。
「妊娠協定」を結んだのは、人口約3万人の漁師町にあるグロスター高校の女子生徒たち。「1年以内に一緒に赤ちゃんを産んで育てよう」と約束し、少なくとも17人が妊娠、夏休みが始まる頃に続々と出産予定という。
米メディアによると、昨年10月頃から、高校の保健室に妊娠検査を受けにくる女子生徒が増え、前年と比較して妊娠する生徒の数が4倍に激増したことを担当者が不審に思い、校長らが調査したところ、女子生徒の1人が協定の存在を告白。妊娠した17人は全員が16歳以下で、約半数が15歳か14歳。検査で妊娠していないことが判明した生徒は、がっかりした様子を見せていたという。
グロスター市のファーマー教育長は「彼女たちには(子育ての)目的も方向性もなかった」と述べ、仲間内の遊びがエスカレートした可能性を示唆した。
女子生徒らが妊娠するための相手として選んだのは同級生や20代半ばの男性ら。中には24歳のホームレス男性もおり、米社会に衝撃を与えている。
米国では一昨年、10代の妊娠が増加に転じた。今月19日には人気歌手ブリトニー・スピアーズの妹で女優のジェイミー・リン・スピアーズが17歳で女児を出産し話題になったばかり。
また、ジェイミーが妊娠を発表した昨年12月には、16歳の女子高生が同級生との子供を妊娠し出産する映画「JUNO/ジュノ」が全米で公開。当初は7館での封切りだったが、同年代の若者を中心に口コミで評判が広がり、最終的には2500館まで拡大。今年2月の第80回アカデミー賞では脚本賞を受賞するなど旋風を巻き起こした。
一部メディアは「彼女たちは、赤ちゃんは自分たちに愛とステータスを与えてくれると思っている」と指摘した。
(スポニチ 2008年6月22日)

◇グロスターは同州州都ボストンから約50キロ北に位置する人口3万人の街。史上最大規模の嵐と死闘を繰り広げた漁師たちの実話をもとにした映画「パーフェクト・ストーム」(2000年)の舞台として知られている。

ところで、「ジュノ」は全米で1億ドル突破の超ヒット作となっているが、監督のジェイソン・ライトマンは、パパがあの「ゴーストバスターズ」を作ったアイヴァン・ライトマン。生後11カ月ですでにジェイソンは映画制作の現場にいた。短編や数々のコマーシャルフィルムを作り、長編一作目の「サンキュースモーキング」がスマッシュヒット。ひねりが効いてるところ、「小気味よさ」が、親譲りでしょうか。
話変わって、先日、クローネンバーグの「イースタンプロミス」見ました。すごい!クローネンバーグの作品は初期の「ラビッド」「ブルード(怒りのメタファー)」あたりから見ていますが、人間の暴力性とネガティヴな創造性、そのエネルギーの産物を彼はずっとぶれずに描いてきています。ヴィゴ・モーテンセンというアーティストにも惹きつけられます。彼は写真や絵を発表していて、アートや詩、評論といったジャンルを扱う独立系出版社を自分で立ち上げている。まだ無名のアーティストたちに彼はチャンスの場を与えている。

写真はジンバブエからーー。
◇大統領選の決選投票が27日に予定されていたアフリカ南部ジンバブエで、最大野党・民主変革運動(MDC)のツァンギライ議長が22日、ムガベ政権による暴力を理由に、選挙戦からの撤退を表明した。これを受け、国際社会からは政権への非難が集中している。
MDCは20日、決選投票をボイコットすれば「暴力的独裁者に屈することになる」として、撤退の憶測をいったん否定していた。しかしその後も、22日に首都ハラレで開いた集会がムガベ大統領派の襲撃を受けるなど、弾圧が続いたとされ、党内で撤退を主張する声が強まったとみられる。
一方、ムガベ政権のチナマサ法相はCNNとのインタビューで、「国内法の規定により、一方の候補が正式に不参加の手続きを取った場合は、残る候補者が大統領となる」と述べ、ムガベ大統領が自動的に5選されるとの認識を示した。
◇23日ツァンギライ議長が身の危険を理由にオランダ大使館に逃れたことが明らかになった。国連の潘基文事務総長はジンバブエ政府に対し、現状で投票が実施された場合は「全面的に正当性に欠ける」として、投票を延期するべきだとの認識を明らかにした。
ライス米国務長官も声明で、「自国民に対して暴力を振るい続けている」とジンバブエ政府を非難。野党勢力の集会や言論の自由に対する弾圧強化で、自由で公平、平和的な決選投票の実施が不可能になっていると指摘した。
ツァンギライ議長は、続投に向けて強硬姿勢を変えようとしない現職・ムガベ大統領について国連の調査を求め、ジンバブエ国民が「絶望を深めているのではないかと懸念している」とコメントした。(CNN.co.jp6月24日)

June 21, 2008

原子力発電所あと100個



◇タグバ司令官:ブッシュ政権は戦争犯罪を犯した
アブグレイブでの虐待を最初に調査した陸軍司令官がブッシュ政権は戦争犯罪を犯すと非難している。米国の拷問の慣行について退役したアントニオ・タグバ少将が新たな報告でコメントした。「最高司令官とその部下らは拷問の組織的制度に権限を持たせた。」とタグバは書いた。「あとになってみないとわからない唯一の問題は、拷問の使用を命じた人々が理由の説明を行おうとするかどうかだ。」とタグバは続けた。

◇エクソンモービル、シェル、BP、イラクの石油を入札なしで契約される
36年ぶりにイラクに復帰させる契約で、西側の石油大手4社が交渉の最終段階にあるとニューヨークタイムズが報じる。イラク最大の油田を使えるようにする入札なしの契約でイラク石油省と協議する会社のなかに、 Iraq Petroleum Companyの最初のパートナーであるエクソンモービル、シェル、トタル、BPがいる。契約を認めることで米国がどんな役割を演じたかは明らかでないとタイムズは伝える。アメリカ人はイラク石油省にアドヴァイザーとして任務を果たし続ける。

◇石油ドリリング(穴あけ)禁止令を解くようブッシュが議会をせきたてる
水曜、沖合海底油田の穴あけと北極圏野生生物保護区での連邦禁止令を取り除けと、ブッシュ大統領が議会をせきたてた。
ブッシュ大統領:「今朝、アメリカの石油とガソリン生産量を拡大するため4段階で前進しようと民主党の議会指導者らに要求した。まずは、遠く離れた大陸棚(またはOCS)へのアクセスを増やすことでわれわれはアメリカの石油生産を拡大すべきだ。エキスパートらはOCSが石油約180億バレルを生産するかもしれないと考える。それは、ほぼ10年間のアメリカの現行の石油生産量に十分見合う量となる。」
ブッシュのコメントは、ガソリン価格の値上がりに反抗するには沖合の石油穴あけ禁止令を解くことが必要だと共和党大統領候補者ジョン・マケインが言ってわずか数日後に出た。マケインの最初の声明以降、彼のアドヴァイザーは禁止令を解いても供給や価格に直接の影響がないことを認め始めている。民主党大統領候補者バラク・オバマは沖合の石油穴あけに反対している。水曜、民主党指導部は禁止令を解くための奮闘と戦うつもりだとイリノイ州のラーム・エマニュエル下院議員は言う。
ラーム・エマニュエル下院議員:「石油産業が賃貸権を所有したがる今日、この時点ですべきでないことをしてアメリカ国民をびっくりさせるつもりはない。14年のエネルギー供給の価値は、文字通り、外国依存から乳離れさせる私たちの手腕となるものだ。従って、非常に実際的で常識はあっても、それが自然保護地区と効率の度合い(有効性)に関連があるとき、私たちは供給と需要の両方を含むアプローチから戦略上の配慮をするつもりだ。」

◇ウォールストリートの銀行が石油投機家の規制反対をせきたてる
話変わって、ガソリン価格が値上がりし続けるとして、エネルギー投機を規制する新法案の可決を遅らせることでウォールストリートの投資銀行数社が議会に圧力をかけている。ゴールドマンサックスとモーガンスタンレーの代理人が、石油投機に新たな規制は必要ではないと議員らを精力的に納得させようとしているとワシントンポストは報じる。

◇マケインが新たに45基の原子炉を大声で要求する
別のエネルギーのニュースでジョン・マケインは米国が2030年までに新たに45基の原子炉を建設することを要求している。究極のゴールは、新たに100カ所の原子力発電所だとマケインは言った。1979年のスリーマイル島での炉心溶融以降、米国では原子力発電所は建設されてきていない。バラク・オバマも原子力利用の拡大を支持するが、新たな発電所建設に関して詳細な計画を展開してきていない。

◇ニューヨーク市警(NYPD)が、ヒップホップグループ、Rebel Diazのメンバー2人を逮捕
ここニューヨークでは昨日、政治的なヒップホップグループ Rebel Diazのメンバー2人の釈放を求めてブロンクスで抗議が行われた。ストリートで果物を売る露天商に立ち向かう警官を2人がなんとかヴィデオに撮ろうとしたとき、2人は逮捕され打ちのめされたとミュージシャンたちは言う。「2人が警官の身分を示すバッジを問い合わせると、根本的に警官は激しくなぐり出した。」と Rebel Diazの別のメンバーは言った。

◇CBSの記者:米国のメディアを見るために「気が狂いそう」
そしてついに、りっぱな国家のメディアには、ことによると予想外の新たな批判者がいる。ララ・ローガン、CBSニュースの海外特派員のボスだ。最近、ローガンがジョン・スチュワートと共に番組デイリーショーに登場した。
ジョン・スチュワート:「米国で私たちが見ているニュースを見ますか?」
ララ・ローガン:「ノー。ノー。」
ジョン・スチュワート:「私たちが戦争のことで批判を聞かされているのを知ってますか?」
ララ・ローガン:「ノー。」
ジョン・スチュワート:「どうやら私たちは実のところはすべてをわかっているのかもしれないですね。」
ララ・ローガン:「米国であなたが聞いているニュースをもし私が見るとしたら、銃で頭をぶち抜くでしょうね、だって気が狂いそうだからよ。」
(以上、デモクラシーナウ!6月19日ヘッドライン)

◇テキサスの共和党大会で反オバマの人種差別のピン(襟に留めるピン)が売られる
他の選挙戦ニュースでは、先週の党大会で人種差別のピンを販売させたことでテキサスの共和党が批判を受けている。ある露天商は「オバマが大統領でも、、、まだホワイトハウスと呼ぶつもり?」とあるピンを売っていた。
(デモクラシーナウ!6月18日ヘッドライン)

写真は「ブッシュ政権は戦争犯罪を犯した」と報告書に書いたアントニオ・タグバ少将。そしてイスラエルとハマスの停戦が19日に実行されたガザ地区の闘士、イスラム聖戦のメンバーたち。「イスラエルとの停戦が持ちこたえるとガザ地区の人々が信じるか否かに関係なく、それは少なくとも最近までほとんど希望らしい希望がなかったガザという場所に少しは希望を提供している。イスラム聖戦は停戦を歓迎し、それを尊重するつもりだと言う。」(BBC NEWS 19 JUNE)

June 20, 2008

摂氏50度の隔離独房


最近出版され、目下ニューヨークのAperture Galleryで写真展が開催中(7月31日まで)のリチャード・ロスの写真集「Architecture of Authority:権威の建築」をWIRED VISIONが紹介している。さまざまな施設の建物が人びとにどのように力を行使するかがプロジェクトのテーマだ。
この本の中でロスは、イラクのアブグレイブ刑務所から、警備が特に厳重なことで知られるカリフォルニア州のペリカンベイ州立刑務所にいたるまで、秘密主義をとっていたり警備が厳重だったりするあらゆる建物への立ち入りを驚くほど成功させている。
この前例のない潜入は、粘り強さと純粋な好奇心のたまものだとロスは言う。「ああいった施設にいる人々の多くは、こちらが彼らの世界に興味を持っているとわかると、それらの場所を見せてやろうという気持ちになる」とロスは述べている。

写真はそのなかの一枚ーー。
イラクのアブグレイブ刑務所、キャンプ・リメンブランス(記念)の隔離独房
ロスにとってこれはプロジェクトのテーマとなる写真だ。2005年8月、摂氏50度にもなろうかとの猛暑のなか、窓越しに5分のスキをとらえて撮影された。写真は施設の役人らによってもう少しで妨げられるところだった。
(Courtesy Richard Ross Inside the Architecture of Authority
by Keith Axline 29 May 2008)

June 19, 2008

まだ石油を掘ろうとする


◇パレスチナ自治区ガザを支配するイスラム原理主義組織ハマスとイスラエルが合意したガザ地区での停戦が19日午前6時、発効した。ガザでの停戦は、ハマスが昨年6月にガザを制圧した後、初めて。
エジプトが仲介した合意によると、イスラエルは数日後からガザの境界封鎖を段階的に緩和し、物資搬入を認める。さらに両者は(1)ガザ住民が外国渡航に使うエジプト境界のラファ検問所再開(2)ハマスなどが2年前から拘束しているイスラエル兵の解放ーーについて、交渉を本格化させる。
イスラエルのオルメルト首相は18日、停戦について「イスラエルは履行するが、脆弱で長続きしないだろう」と述べ、いかなる作戦にも対応できるよう軍に準備を指示したことを明らかにした。ガザのハマス幹部のハニヤ氏は、停戦が「ガザ住民の生活の困難を和らげ、イスラエルにも安定をもたらす」と述べた。
(共同通信 2008年6月19日)

◇イスラエル政府は18日、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスとの停戦を19日朝に開始することに同意したと表明した。ただ、イスラエル国内には「テロ組織との取引」に反対する声も強く、政府は今後もガザでの臨戦態勢を維持する方針だ。
イスラエル放送によると、カイロでエジプトが仲介する両者の停戦交渉に臨んでいたイスラエル国防省当局者は「ガザのすべての勢力がイスラエルへの攻撃を停止しなければならない」と指摘。ハマスだけでなく、イスラム聖戦や民衆抵抗委員会(PRC)など他の武装組織の動向を注視する考えを示した。
(時事通信 2008年6月18日)

◇パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスは17日、ガザ市で記者会見し、エジプトの仲介によりイスラエルとの停戦に合意したと発表した。
停戦は19日朝に発効し、期間は6カ月間。イスラエルは、ガザに対する封鎖の段階的解除に合意したという。
記者会見には、ハマス幹部のザハル元自治政府外相らが出席。停戦にはハマス以外の武装勢力も参加する予定で、(1)停戦発効の数時間後、イスラエルはガザへの物流を一部再開する(2)停戦から1週間後、ハマス、アッバス議長が率いる自治政府、欧州連合、エジプトの4者が、ガザ〜エジプト間の検問所再開に向けて協議する——ことなどで合意したという。ザハル氏は「(米、イスラエルが主導してきた)封じ込め政策は失敗した。武力闘争の勝利だ」と述べた。
ロイター通信によると、エジプト外務省報道官は17日、合意成立を確認。アッバス議長も合意を歓迎する声明を発表した。ただ、イスラエルのバラク国防相は同日夜、「(停戦の)宣言は早すぎる」と慎重姿勢を示した。同日、イスラエル軍のガザ攻撃で武装勢力のメンバーら6人が死亡した上、ハマスの記者会見後もガザからのロケット弾攻撃が続いており、停戦実現には依然、不安定な要素も残されている。
イスラエルは、昨年6月にハマスがガザを武力制圧して以降、ハマスに対抗するアッバス議長と和平交渉を進める一方で、ガザへの物流を差し止め、ハマス追い落としを狙ってきた。だが、ハマスなど武装勢力がイスラエル攻撃を活発化させたことで、国内で死傷者が続出。政府はハマスを無視できなくなり、エジプトの仲介による間接交渉を余儀なくされた。
( 読売新聞 2008年6月18日)

◇タリバンがカンダハル近くの7つの村を奪う
アフガニスタンではタリバンの闘士がアフガニスタン第2の都市カンダハール近くの7つの村の支配を奪っている。戦闘員がカンダハルの刑務所を爆破して1000人の被収容者を逃がした数日後にタリバンの攻撃は起こる。

◇アムネスティ:イラク難民の危機が悪化
イラクの安全情況の不正確な実態を増進することで、米国と他の国々がイラク難民に対するその責任をはぐらかしていると、アムネスティインターナショナルは非難している。「米国政府のレトリックはそうでないと指摘するとはいえ、イラクの人権情況は自発的な帰還を勢いづかせるには恐ろしすぎる。」とアムネスティのサルナタ・レイノルズは述べた。国連によると、自分の家から逃げ去ったイラク人の数はいま、米国の侵攻以来最大の470万人に達している。
ダマスカス(シリア)でのイラク人難民の暮らし:「彼らの家は破壊されているか他人に盗まれている。飲料水や電気のような付帯設備はない。病院にしても人々に医療処置を施すのに向いてないほど不十分である。学校に対して、子どものことで常に親から言い争いがある。彼らは子どもたちが誘拐されることを懸念する。」

◇ロイターのジャーナリスト銃撃のヴィデオをなくしたせいで軍は批判される
話変わって、2005年バグダッドで米軍によって射殺されたロイターの音響技師ワリード・カレドの事件で新たな進展がある。ペンタゴンの監察長官は、カレドを殺害した米兵らは軍規の範囲内の行動だったと裁定した。だが、銃撃の証拠となるヴィデオを保存するのを怠ったことで、事件に関する軍の徹底的調査が汚されたのを監察長官は認めた。申し立てによると、クルマの中のロイターのカメラマンの銃撃を含め、結局は銃撃となる成り行きをとらえたヴィデオを、軍の調査官がなくしたとされる。

◇グアンタナモの方針に疑問を呈するせいでブッシュがUKのジャーナリストをアメリカを中傷すると非難
グアンタナモの被収容者の待遇でブッシュに挑んだ後、結局はブッシュがその英国人ジャーナリストをアメリカを中傷すると非難している。ブッシュのコメントは英スカイニュースのアダム・ボールトン記者のインタヴューの中で起こった。
ボールトン:あなたは自由についてたくさん話してきていますね。あなたにお目にかかるたびだと思います、私はあなたが自由について話すのを聞いてきています。
ブッシュ:そうね。
ボールトン:そしていぜんとして、そら、グアンタナモベイやアブグレイブや拷問の他国への引渡しやなんかの事態を挙げろ、それは自由とは完ぺきに反するものだと言う人たちがいます。
ブッシュ:もちろん、君がアメリカを中傷したいなら、そういう風に見ることはできる。だが、君がしないことで君は負ける、私は記者会見でやれと提案したと思う。君がグアンタナモに及んで被収容者らがどう待遇されているかに目を通すなら、われわれの裁判制度を通じてうまくやってのけている。われわれは法治国家だ。
ボールトン:彼の地であなたが行っていることは法に反していると最高裁が言ったばかりじゃないですか。
ブッシュ:だが、連邦第一審裁判所(地方裁判所)はそうは言わなかった。そして上訴裁判所はそうは言わなかった。
ボールトン:最高裁は最高度ではないんですか?
ブッシュ:最高度だよ、私は彼らの判決を受け入れる。判決に同意はしない。それはあそこで私が行っていたことではない。これは、私が可決承認させるため議会を動かそうとして米国議会で可決された法案だった。
ボールトン:でもそれはある程度は、憲法を出し抜くための試みのように見えました。
ブッシュ:アダム、これは可決された法案だ。われわれが法案を可決した。憲法を出し抜くというのは、憲法の限度を超えてわれわれがなにかしたことを意味するね。われわれは議会に訴えて(頼って)ひとつの制定法を可決させたのだ。
ボールトン:それがいま取り消されているも同然ですよね。
ブッシュ:それはそうだ、そして私は最高裁のしたことを受け入れる、そして私が必ずしもそれに同意する必要はない。君に対する私の真意は、確かにアブグレイブがなかったらいいのにと思うってことだよ、だが、それがアメリカの信用をそこねたりしない。これはある兵士らのふるまいだった。アメリカの本質と精神を示さない。
(以上、デモクラシーナウ! 2008年6月17日ヘッドライン)

◇米中西部を今月初めから襲っている洪水被害は17日までにアイオワ、イリノイ両州を中心に拡大、AP通信によると、これまでに少なくとも22人が死亡、85人が負傷し、数万人が避難した。アイオワ州のトウモロコシなど米有数の穀倉地帯も大きな打撃を受けており、「2005年の大型ハリケーン・カトリーナ以来の被害」(米政府当局者)とも指摘され始めた。
米農務省の推計では、アイオワ州のトウモロコシ畑の9%、大豆畑の8%が浸水。同州の農作物の被害額は10億ドル(約1080億円)を超えるとみられ、穀物価格のさらなる上昇が懸念されている。
ブッシュ米大統領は同日、連邦政府の災害支援基金の利用などによる被災農家などへの支援を約束、19日にはアイオワ州を訪問すると表明した。
(共同通信 2008年6月17日)

◇中国南部の産業中心地、広東省では、大雨や高潮、河川決壊によって新たな洪水発生の危険性が高まっている。新華社が17日、同省関係者の話として報じた。
中国南部では、このところ降り続いている大雨により169人が死亡している。
広西壮族自治区では約100万人が避難。広東省では、仏山、中山、広州など大規模な輸出産業地区を抱える珠江三角州地帯が洪水の危険にさらされている。
新華社によると、大雨によって同省の道路が受けた被害額はこれまでで約6億元(8600万ドル)。この他、生産低下や農作物被害などの経済損失が予想されている。
中国南部は1月にも、大雪で深刻な被害を受けたばかり。
5月12日に四川大地震に襲われた一部の地域でも、大雨のため洪水が発生しており、土砂災害の恐れが高まっている。
(ロイター 2008年6月17日)

◇米ホワイトハウスのペリノ大統領報道官は、ブッシュ大統領が18日、議会に対し、沖合の石油採掘の禁止措置を解除する法案を可決するよう求めると述べた。
ペリノ報道官は「ガソリン価格が1ガロン4ドルを超えていることなどから、大統領は明日、安全で環境に配慮した沖合の石油採掘に対する禁止措置の解除を議会に求める」と語った。
この措置は1981年以来実施されており、共和党は解除を求めているが、民主党は環境面に対する懸念からこの動きを繰り返し阻止している。
(ロイター 2008年6月17日)

写真はガザの男性、BBC NEWSより

June 18, 2008

人間が原因の地震



◇コロンビア大学「ラモントドハティー地球科学研究所」で地質災害を研究するクリスチャン・クローゼは「人間が原因で地震が発生するのはわかっている、そしてそれはごくありふれたこと」だと話す。イギリスで記録された地震のおよそ25%が人間によって引き起こされたものだと彼は推測する。

「人間が原因の地震」はその大半が震度4に満たない小さな地震だ(日本の震度基準ではなく、ヨーロッパで使われるEMSという12段階の震度基準)。こうした地震は石炭やカリを大量に採掘するといった人間の行為なしには起こらなかった。たとえば、6人の死者を出した2007年のユタ州クランドールキャニオンの炭坑での落盤事故のような、鉱山の天盤が崩壊したときなどにこれは起きた。

だが人間の行為がはるかに大規模な自然の断層の境界で地震を引き起こすこともあり得る。人間には巨大マシーンの力を借りて地球の地殻内の応力パターンを変化させるほど質量を動かすことが可能だからだ。そうなると、百万年地震を起こさなかった断層でも、突然地震を起こすことがある。

オーストラリアで初の死者を出した1989年のニューカッスル地震(マグニチュード5.6、死者13人)がそのようにして起こった地震だとクローゼは主張する。クローゼは「炭鉱の採掘とそれにともなう大量の地下水の喪失がニューカッスルの地下断層に刺激を与えたことで地震は起きた」と述べている(ABCニュースの記事による)。

人為的な地震を引き起こすのに質量を変動させることが効果的だと判明している。ダムだとか、原油やガスの採掘、または鉱物の採掘などで、この種の地震は引き起こされる。

・ダム建設

水は空気より重いため、ダムの谷間に水がたまると水の下の地殻にかかる応力に大きな変化が生じる。たとえば、アメリカの巨大ダム、フーバーダムの周辺ではそのミード湖に放水されて以来、何百と地震が起きている。ダムが原因で起きた地震の例はほかにも多数あり、クローゼの研究によると、人為的な地震の約3分の1が貯水池建設によるものと考えられる。5月12日、中国四川省を襲った大地震(マグニチュード7.9)では、三峡ダムへの貯水が原因ではないかとの懸念が浮上している(PROBE INTERNATIONALの記事)が、これについて今のところ確証は得られていない。

・地中への液体注入

米国陸軍は1961年、ナパームの製造その他で生じる有毒廃棄物を処理する最善の方法は、ロッキー山脈に深さ約3700メートルの井戸を掘って廃液を地球の地殻内に注入することだと考えた。(ロッキーマウンテン兵器工場はナパーム、サリン、VXガスなど大量の軍用化学兵器を製造していたほか、米国最大の化学兵器貯蔵施設でもあり、全米の化学兵器を廃棄する設備として利用された。)

1962年から66年にかけて、陸軍は約6億2500万リットルの有毒廃棄物を地球にあけたこの穴に注いだ。だが残念ながら、この注入作業が原因と見られる地震が周辺地域に頻発し、陸軍は廃棄を停止した(1962年春からおよそ1カ月に数10回から多いときで60回以上の地震が頻発したデンバー地震のこと。当初、廃液注入が原因との見方は否定されたものの、注入を止めると地震は起きなくなった。)

これについて地震学者デイヴ・ウォルニーは、「深い井戸への注入は、その下の岩盤にかかる応力を変化させることになり、どこかの時点でその応力を解放するのに地震が引き起こされる」と説明する。

コロンビア大のクローゼは、二酸化炭素貯留(石炭を燃料とする発電所で回収し圧縮した二酸化炭素を、地下の貯留場所へ注入する方法)もまた地震を引き起こす可能性があり、あらに悪いのは、この場所が人口密集地域に近いことだと懸念を表す。

・大量の石炭採掘

米国では電力の半分以上を石炭でまかなっており、中国ではこの割合がさらに大きい。これはいま現在も、化石燃料を地球からせっせと掘り出している炭鉱が多数存在することを意味している。

2006年だけで、合計61億9500万トンの石炭が採掘された。また、炭鉱では石炭といっしょに水をくみ出すことが多く、場合によると、石炭の何10倍もの水がくみ上げられる。両方合わせると、その地域では大きな質量が変動することになる。

大規模な質量変動はその地域の地震応力を変化させ、それが地震を引き起こす引き金になる。クローゼの研究は、記録に残る「人間が原因の地震」の50%以上が、採掘によるものであることを説明する。

・原油や天然ガスの採取

「人間が原因の地震」のうち、最大の3件(どれもマグニチュード6.8以上)は、ウズベキスタン共和国のガズリ天然ガス田近くで起きている。

ロシアの研究チームが行なった大規模な分析によると、「炭化水素の採取と地震活動との関連性についてはほとんど疑いの余地はないが、厳密にどの程度関連があるかはまだわかっていない。」研究チームは、地殻活動がすでに活発な地域では、原油や天然ガスの採取が強い地震の引き金になる可能性があると警告する。

・世界最大規模の建築物

ある地質学者が2005年、当時世界一の高層ビルだった「台北101」(地上101階、地下5階、高さ508メートルの台北国際金融センター)について、重量70万トン超のこの建築物が、これまで長期間活動を休止していた台湾の断層に地震を起こさせたと主張した。

クローゼはこれには懐疑的だが、建築物が地震の原因になる可能性はゼロではないと述べる。だがそのためには目下建設中の世界一の高層ビル「ブルジュ・ドバイ」をはるかにしのぐ必要がある。

ひょっとすると、「地殻戦争」などというのもありかもしれない。世界一重量のある建物をカリフォルニアの荒野にでもこっそり建設して、ゆっくりと、だが確実にカリフォルニアの危険な断層に負荷をかけていくのだ。

(WIRED SCIENCE 04 June 2008)

写真はアメリカのフーバーダムと、その規模5キロ×7キロメートルのドイツのエルスドルフ炭鉱、いずれもWIRED SCIENCEより

June 17, 2008

ペルーの銅山まるごと購入


うまくいった!と米国がこれをイラクにあてはめようとしている地位協定の模範は日本のこういう態度なのだ。よくブッシュはせせら笑いを浮かべて言う。かつての敵国(いまでいう悪の枢軸)日本をみてごらん。きっとイラクもうまくいく。でも、イラクはこうはちょろくない。以下、ニュースからーー。

◇1956年合意 日本に裁判権なし
日本に駐留する米兵らの事件をめぐり、日米両政府が1956年の合同委員会で地位協定に基づき日本側に第一次裁判権がないとされる「公務中」の範囲を通勤や職場での飲酒にまで拡大し、米側に有利な運用で合意したことが、機密解除された米側公文書などでわかった。在日米軍関係者によると、合意内容は現在も適用されているという。
地位協定は公務中の米兵犯罪について米側が第一次裁判権を有すると規定しているが公務の範囲を明記せず、これまで合意内容は明らかにされていなかった。米側が合意後「有利に処理することに成功した」と評価していたことも判明した。
文書は日米関係史を研究する専門家の新原昭治氏が、米国立公文書館などで見つけた。
在日米大使館が1970年2月28日、当時フィリピン政府と地位協定締結に向け協議していた現地の米大使館にあてた「日米地位協定」と題した公電は、54年から55年にかけて兵庫県や福岡県などで日本人計4人が死傷した米兵らによる4件の交通事故に言及。
4件はいずれも帰宅途中などで公務中に当たるかどうかをめぐって日米で議論になり、56年3月の合同委で宿舎、住居と勤務地の往復や宿舎や勤務地で開かれる「公の催事」での飲酒も公務に含めると合意した。
分科委員会で日本側は公の催事を狭く解釈するべきだとしながら、将校らが出席していれば公務と認め、事故原因とみなされなければ勤務中の飲酒も公務とすることに同意。通勤途中の「寄り道」を公務に含めるかどうかも「ケースごとに考究する」とした。
その後、4件は公務中の事故として処理された。公務の範囲は、ほかの事件でも同様に解釈されているという。
・日米合同委議事録要旨
米兵らによる交通事故の事件処理をめぐり、法務省幹部らと在日米軍幹部らが参加し1955年11月21日に開催された日米合同委員会刑事裁判権分科委員会の公式議事録要旨は次の通り。
米側:飲酒という用語は公の催事以外の場所で飲酒することを指すものと解釈する。軍隊の構成員らが勤務中に飲酒したとしても、必ずしも公務の性格を失うものではない。勤務地と宿舎の往復の間に事故を起こし、その際の飲酒が判断力を失わせる程度であった場合は公務外となる。
日本側:然り。公の催事は狭く解釈されるべきだ。数名が飲酒目的で集合しても該当しないが、社交上の慣行により、一定の将校または軍属の出席が要求される場合には、公務と認めることにやぶさかでない。
米側:寄り道も公務として許されると考える。ガソリンスタンドやクリーニング工場に立ち寄る場合はどうか。慣習および慣行が考慮されるべきだ。
日本側:住居と勤務地の往復のみに限定して考えるべきで、いかなる寄り道も認めたくない。しかし、個々のケースごとに考究することに同意する。
(東京新聞 2008年6月16日)

◇地位協定秘密合意 国民を欺くに等しい行為
今回公文書によって明らかになった合意内容は現在も適用されているという。なるほど、米兵犯罪多発の状況が改善されないのも当然である。
公務中か否かというより、今回の問題は日本の裁判権が及ぶか否かと考え直した方が分かりやすい。米側が「職場での飲酒」まで公務中の範囲としたのは、当然ながら日本の立場に配慮したものではない。いかに自国軍に利することができるか腐心した結果である。
対する日本は、強い抵抗も示さず玉虫色の拡大解釈に同意してしまう。そこに国民に対する配慮はない。見えてくるのは、地位協定の運用を第一とした妥協である。
2005年に東京都八王子市で、小学生ら3人のひき逃げ事件が発生した。逮捕された米兵は「公務中」とされ即日、釈放された。
米側は公文書で、合意後に起きた事件について「公務の内容に関する日本側からの照会が数件あったものの、すべての案件が米側に有利に処理された」とまで示している。
現在、噴出している地位協定の問題は、その不平等性に起因している。これほど米側に配慮された協定であるからこそ、日本国民の不利な状況が際だつのだ。
米兵の犯罪が相次ぎ、日米両政府とも犯罪を根絶する具体策を検討しているように見える。しかし、その背後には、日本側の裁判権の放棄ともいえる秘密の合意事項が隠されていた。要するに、日米両政府の姿勢はポーズにすぎなかったのだ。
真剣に根絶策を検討するのならば、特に日本政府は、このような合意をやり玉に挙げ、米側に破棄を求めるべきである。
ところが日本政府は、米国に対する柔軟な姿勢とは対照的に、地位協定の抜本改定を求める県民らに譲歩する様子は見られず、「地位協定は運用改善で」という方針を決して崩さない。
日米両国の間で、日本国民、とりわけ米軍基地の集中する県民は犠牲を強いられている。米側の恣意(しい)的な裁判権運用を認める日本政府は、その姿勢を改め、地位協定の抜本的な改定を強く主張するべきである。欺かれたと感じている国民の信頼を取り戻すには、米国に対して毅然(きぜん)とした態度を示すしかない。
(琉球新報 2008年6月17日の記事より抜粋)

写真は、BBC NEWSのトップ記事、イスラエルとハマスが「停戦協定」ーーより
「いつものガザへの急襲をイスラエルが行う」
もうひとつ中国がペルーの銅山をまるごと買ったというヴィデオもUPされていました。周辺の貧しい部落のインディオたちがなぜ出て行かなくちゃならないのか当惑しています。アフリカ同様、他のペルー南部の山岳地帯でも中国人によるもうれつな開発事業が進められているのがわかります。

June 15, 2008

死があまりにも早すぎる、父の日


◇イスラエル、また入植地の住宅増設へ 米国務長官は批判
イスラエル政府は14日、同国が占領している東エルサレムの郊外にあるユダヤ人入植地での住宅増設を発表した。将来のパレスチナ独立国家の土地を奪う政策だけに、イスラエルとパレスチナを訪問したライス米国務長官は15日、「(パレスチナ国家を目指す)和平交渉に悪影響を与えている」と批判した。
今回増設が認められたのは約1300戸。昨年11月に米国の仲介で約7年ぶりに再開された和平交渉では、入植活動の凍結が約束されたが、イスラエルは相次いで無視。交渉行き詰まりの原因の一つになっていた。
(朝日新聞2008年6月15日)

◇イスラエルが一帯に建設予定の家屋は3000棟を上回った。しかしパレスチナ自治政府は、将来樹立する独立国家の首都を東エルサレムに定める方針。
ライス長官は、アフガニスタン支援国会議の開催地パリからテルアビブに移動する途中の機内で、「以前も指摘した通り、今は信頼構築の時だ。住宅建設は信頼作りに役立たない」と語った。ライス長官はイスラエル指導者や当局者との会談で、この問題が協議されると予想している。
ライス長官は今週エルサレムとパレスチナ自治区ラマラを訪問し、パレスチナ国家樹立に向けて米国が支援している中東和平プロセスの進ちょくについて、イスラエルとパレスチナの指導者らと会談する予定。
イスラエルは米国が2003年に提示した中東和平の行程表(ロードマップ)で、領有権問題が発生している場所に入植しないことで合意済み。しかしイスラエルは、新規の入植地がすでに併合した土地にあり、合意違反ではないと主張している。
(CNN 2008年6月15日)

◇ブッシュ政権にとっていましめとなる、グアンタナモの捕虜たちが米国の法廷で監禁に異議を申し立てることができると司法は裁定
ブッシュ政権にとってヒリヒリする一撃、米最高裁はグアンタナモベイの捕虜たちが民間の連邦裁判所で彼らの拘束に異議を申し立てることができると裁定している。この裁定は、グアンタナモの捕虜たちの権利にまつわり最高裁がブッシュ政権に逆らって裁定するのが4年で3度目なのをはっきり特徴づけた。
(デモクラシーナウ!6月13日ヘッドライン)

◇ブッシュ:米国とイラク間の盟約に関する批判は「やかましい議論」
イラクに米軍を駐留させることで提案された協定への反対をブッシュ大統領は簡単に片付けている。詳細が先週から明らかになっているイラクと米国の議員から批判が昂じている。ブッシュ政権は永久にイラクに50以上の米軍基地を確保することを求めている。また、イラク政府との協議なしに軍事キャンペーンを続けることやアメリカ人兵士と請負人のための免責についても主張している。水曜、ドイツで話をするブッシュ大統領は、イラクと米国の議員から持ち上がる批判を「彼らのシステムとわれわれのシステムにおけるやかましい議論(ノイズ)」と呼んだ。条件が誤解されてきており、協定されると確信しているとブッシュは言った。
ブッシュ大統領:「イラクの教訓のひとつは、民主主義の進展のために整えるか、経済を発展させるのが目的で、セキュリティの立法措置がなくてはならない、それがいま生じている。従って、協定は調印されるだろうと考える。」

◇マケイン:米国のイラク占領の長さは「重要でない」
その間に、共和党大統領候補者ジョン・マケインもまたイラクの長期占領計画の批判を簡単に片付けている。水曜、NBCの番組Today Showで話をするマケインは、いつ米軍がイラクから帰還することになると思うか尋ねられて、こう返答した。「それはそれほど重要ではありません。重要なのはイラクでの犠牲者だ。アメリカ人は韓国にいる、アメリカ人は日本にいる、アメリカの軍隊はドイツにいる。どこも申し分ない。」

◇ブッシュがイランをおびやかすと、イタリアで数万人が抗議
ドイツに戻ると、ブッシュ大統領はまたイランに向けて、核の具体的活動に関してイランが米国の要求を守らないなら軍隊を行使するとの彼の積年のおどしを繰り返す。
ブッシュ大統領:「すべての選択が検討中だと私は話した。そして私の最初の選択は外交的に解決するというもので、外交的に解決するための最良の方法はわれわれのパートナーと共にやってのけることだ。その通りのことをわれわれは行っている。そして孤立するよりも前進するよい方法があり、それはウラニウム濃縮計画を証明できるように停止することだとの、イラン政府へのメッセージは非常に明白だ。」
イランは核計画と大まかな協定について交渉することを申し出ているが、米国はイランは前提条件として核の具体的な活動を停止しなければならないと断固主張する。ブッシュ大統領はドイツからイタリアに向かった。そこで彼は数万人の人々の抗議に直面する。水曜、デモ参加者らはブッシュの訪問に抗議するためローマで大規模な大会を開始した。
抗議者:「イタリア政府とイタリア人全世界がブッシュの政策と戦争の政治を支持しないと、私たちはブッシュに示したい。」
抗議者:「ブッシュに抗議するため私はここに来た。選挙で選ばれて以降、ずっと彼はアメリカ国民にとって売国奴(裏切り者)だと思う。」
今日もイタリアで抗議行動は続いている。
(デモクラシーナウ!6月12日ヘッドライン)

写真は、イラクにも父親はいて、違いは家族、特に子どもたちを守るために計り知れないほど苦労しているということ。また子どもにとって、イラクの父親はあまりにもすぐに死んでしまう存在だった。これは「イラクの父の日」のメッセージです。

June 13, 2008

男同士のハグが大発生


◇ペンタゴンで、男同士の抱擁が突然オーケーになる
By Noah Shachtman

人を感動させる男同士のハグ(抱擁)はアメリカの軍隊ではまったく奨励されていない。だが、少なくともペンタゴンでは、オール男性の抱擁が突然大発生している。五角形のビルの中の男の子たちが抱き合い始めている。

「2002年の半ばから2004年の終わりにかけてのペンタゴン(国防総省)での最初の勤務期間にそんな現象はなかった」と、このDANGER ROOM の仲間、ボブ・ベイトマン中佐は言う。「80年代後半と90年代初めには、民間人の世界では男の抱擁はかなり普通になっていた(プロスポーツから漏れたんだと思う)、ボクには、なんかこうもっと抑えられたサブカルチャーだ。現に軍隊文化には1950年代にはっきりと先祖返りをする側面がある。」

ではなぜペンタゴンが突然変わるのか?ボクらの文化はなぜ急激な変化をしているのか?あてはまりそうなルールが確かにある、そしてボクが気づいたことだけを話しているのと、軍隊内だけのことであることに、特に注をつけておく。

ルール1:抱擁は少なくとも1年は会っていなかった二人の男同士にのみふさわしい。そんな時間の隔たりの後、二人の初めての遭遇でのみ、それは起こる。

ルール2:会わないでいた期間中、二人のどちらか一方かまたは両方がイラクまたはアフガニスタンで戦闘に従事している。どちらも死んでいないし取り返しのつかない無能にもなっていない。あまりにも多くがそうなっているのを、いまとなっては二人ともよく承知している。

ルール3:前腕を固く握った握手と共に抱き合う。そっけない。右腕で握手、左腕は相手の肩にまわして愛情をこめて背中を2〜3回ポンと叩く。それで終わり。離れる。その裏にある意味、感情は行為と同じくらいダイレクトだ、「君が死んでなくてボクはうれしい」

すなわち、ボクたちを変えたのは戦争だった。

(DANGER ROOM 11 January 2008)

June 12, 2008

クロアチア 生気のある勝利


◇Spirited Win
1次リーグの試合が行われるオーストリア、クラーゲンフルトでは、本命だったドイツ(最多3度の優勝を誇る)相手にクロアチアがユーロ2008準々決勝(8強)進出の感動的な勝ちを自分のものにした。
2−1でドイツを呆然とさせたクロアチアは Uefaユーロ2008Bグループを首位で突破。
(BBC NEWS 12 June 2008)

写真は、ユーロ・ファン&サポーターのためのファンゾーン。値下げされたドリンクに加え、ファンゾーンではミュージックのおたのしみも見つけられる。

June 11, 2008

占領よりずっと不快


◇イラクの国会議員らが長期協定から生じる新たな米国の要求を明らかにする
イラクと米国間の長期盟約についての協議で、イラクの国会議員たちがブッシュ政権の要求の新たな詳細を発表している。米国に占領の権限を授与する国連の委任が来月失効する前に交渉が行われることになる。McClatchy Newspapersによると、3万フィートの高さに至るまでのイラク領空ばかりでなく、少なくとも58の軍事基地の支配を米国が要求しているとイラクの議会人らは言う。58の米軍基地は現行の全体数30基地のほぼ2倍にあたる。国会議員らはまた、おそらくイランに対するおどしとみなされるもので、他国がイラクに対し理由のない攻撃を犯しているかどうかを実際上決定することになる権限を米国が要求しているとも言う。ブッシュ政権は米国の侵略と占領をイラクに対する理由のない攻撃(国権の侵害)とはみなさない。だが、イラクのことに干渉すると言って繰り返しイランを責める。イラクの国会議員らは、それらの提案を拒否していると言う。
米国当局が強引にその要求を通すため押収したイラク資産の数100億ドルを目的遂行の手段にしていると、先週、ロンドンのインディペンデント紙は報じた。アメリカの兵士と請負人の完全な責任免除もそれには含まれる。イラクのイスラム最高評議会を率いる議員は米国の提案を「占領よりもずっと不快」だと呼んだ。議員のジャラル・アルディン・シャギール師は「自分の国の占領の受け取りに署名しろと私たちは求められています。これまでは我慢してきたすべてを私たちが完全に拒否しているのはこういうわけです。」と言った。

◇ブッシュ大統領に対する弾劾条項をクシニッチ下院議員が提出する
民主党下院議員のデニス・クシニッチがブッシュ大統領に対する弾劾35条項を議会に提出している。月曜、クシニッチは戦争犯罪とイラク侵攻に向けての準備段階で国民を欺いたことでブッシュ大統領を告発しようと国会議員に訴えた。
デニス・クシニッチ下院議員:「大統領と彼の代理人と部下によるこの行動のすべてが、単に容認しがたいのみならず司令官として危険である、真実の軽視と、国家安全保障、核拡散、米軍の世界の役割に関して顧みない無謀さとを公然と示します。」
クシニッチは昨年、チェイニー副大統領に対する同様の決議案を提出した。弾劾の「審議をやめにする」と宣言している民主党指導部をものともせずに、この処置は起こる。

◇被告人指導者ら庇護のウワサにボリビア人たちが抗議
ボリビアで、異議を申し立てる人々の大量殺人で告訴された元政府高官らにブッシュ政権が庇護を提供しているとのウワサの中で、月曜、米国大使館の外で数千人が再結集した。全員が米国に住む、ゴンザロ・サンチェス・デ・ロザダ元大統領、カルロス・サンチェス・ベルザイン元国防大臣、もうひとり別の元大臣は、5年前の「黒い2月」弾圧の際の役割で指名手配される。67人が殺されて400人以上が負傷した。先週、ベルザイン元国防大臣がこのまま米国に残ることで庇護を提供されたとボリビアのラジオ局に語った後、新たな論争が勃発した。裁判を受けるため被告人は故国に戻されるべきだとボリビア人抗議者は言った。
抗議者:「私たちは正義がほしい。米国にいるゴニ、サンチェス・ベルザイン、悪漢全員が国から追い出されるのを望みます。私たちは彼らをやっつける方法をよくわかっている。なにをすべきかよくわかっている。私たちは正義がほしい。いいですか、黒い2月は裁判によって処罰を受けない状態だ。そして彼らはまさにこれと同じく罰を受けたくない。ここボリビアで不正は許せない。」
ラパスの米国大使館はベルザインが庇護を承諾されたかどうか確認するのも否認するのも拒んでいる。そしてそれを個人的な移住の問題と呼ぶ。

◇反ブッシュ・デモでの弾圧を懸念するイタリアの抗議
イタリアで、ブッシュ大統領の訪問に先だって月曜、ローマの主要刑務所の外にデモ参加者らが集結した。水曜に到着するとき、ブッシュに反対して結集すると予想される抗議者たちに場所を空けるため、刑務所の空いてる場所を清掃するとの批判をイタリア政府は受けていた。World Without Warのフェデリカ・フラティーニは、イタリア政府が意見の相違を不当に弾圧していると言った。
フェデリカ・フラティーニ:「私たちにはデモをする権利があると考える、それに私たちは非暴力主義的だ。これには実際笑いました、そこで彼らが私たちを逮捕したいなら、すでに準備ができてることを示すために私たちはここに来ている。」
ブッシュは目下、彼の最後のヨーロッパツアーの最初の訪問地スロベニアにいる。

(デモクラシーナウ!2008年6月10日ヘッドラインより)

写真は、対チェコ戦でユーロ2008初めてのゴールを決めたクリスティアーノ・ロナルド。待望のゴールでふっきれたような笑顔を見ることができました。彼はチェコ戦で3−1で勝ったようなプレイができるならポルトガルがユーロ2008で優勝するビッグチャンスはあると考えます。(BBC NEWS 11 June 2008の記事より)

パキスタン空襲をペンタゴンが擁護




アフガンでアメリカが、映画「大いなる陰謀」にあるような秘密の作戦をしきりと展開していることが明るみに出たニュースです。

◇パキスタン軍の11日の声明によると、アフガニスタンと国境を接する北西部の部族地域モフマンド地区で10日夜から11日未明にかけ、治安部隊の詰め所が米軍主導のアフガン駐留連合軍の空爆を受け、将校1人を含む兵士11人が死亡した。
パキスタン軍は声明で「いわれのない卑劣な行為」として、連合軍に対し異例の抗議を表明した。パキスタンのテレビ報道は、死者を兵士13人、部族民10人と報じている。
AFP通信によれば、連合軍は空爆の事実を認めたが、敵対的な武装勢力を標的にしたと主張している。誤爆だった可能性が大きい。
アフガンで対テロ戦争を進める連合軍は、国際テロ組織アルカイダやアフガンのイスラム原理主義武装勢力タリバンが国境沿いのパキスタン側に潜伏しているとして、無人機などによってたびたび空爆を実施。パキスタンの民間人や治安要員に犠牲者が出ているが、今回は過去最大規模の被害となった。
(時事通信 2008年6月11日)

パキスタンは11日、テロとの戦いにおける協力関係が弱体化する恐れがあると警告。外務当局は即時調査を行うよう求めた。
一方、多国籍軍はアフガニスタンの首都カブールで、パキスタン領内で空爆を行ったことを認めたものの、パキスタンの民兵組織の前哨拠点付近から攻撃してきた武装集団を狙ったものだとしている。
米国とアフガニスタン両政府は、パキスタン政府が部族地域に潜伏する旧支配勢力タリバンと交渉を進めようとしていることに不安感を示している。
米軍主導の多国籍軍は、パキスタン兵の死に関連するパキスタン政府の主張には特に言及せず、調査が行われているとのみ発表した。
多国籍軍の声明によると、同軍はアフガニスタン東部クナル州で作戦実行中に、パキスタン領内のゴラプライ検問所付近の森林地帯から武装集団の攻撃を受けたため、パキスタン軍に対しその旨を連絡する一方、無人偵察機により武装集団を確認し、「自衛」のため「危険が排除されるまで」迫撃弾や空からの支援を受け攻撃を行ったとしている。
(AFP通信 2008年6月12日)

◇パキスタン軍によると、パキスタン側にある治安部隊の国境検問所が10日、アフガニスタン連合軍数百人によって攻撃を受け、銃撃戦に発展した。一方、現地の報道では、現場は両国が国境の位置をめぐり争っている地域で、検問所を設営しようとしたアフガン軍をパキスタン治安部隊が阻止し、アフガン側が攻撃し戦闘に発展。劣勢の治安部隊をパキスタン側武装勢力が支援したことから、米軍機が空爆したという。
(毎日新聞 2008年6月12日)

写真は5月、カブールで自爆テロの現場となった道路を封鎖する米兵。AFP=時事のキャプションには「アフガンの治安、悪化の一途:アフガニスタンの治安は、復興支援ロンドン会議で国家再建が新段階に入った2006年の前半を境に悪化の一途をたどり始めた。」とある。次のBBCの写真には「戦闘後、丘陵斜面がはぎとられて露出したと思われる。」とあり、最後の写真には「記者たちは衝突後そのエリアで親タリバンの民兵を見た。」とある。

June 09, 2008

世界最速のレーザーレーサー


異議を申し立てていた日本水連もびっくり。日本選手がこれを試着して泳いでみたら、出るわ出るわの記録の更新。泳いでる本人も自分のタイムにたまげて恍惚となる。これ、英スピードインターナショナル社の水着「LZR RACER(レーザーレーサー)」のおはなし。以下、WIRED NEWSから抜粋ーー。

◇レーザーレーサーは、2008年の北京オリンピックで世界最速の水泳選手たちにタイムの更新を約束している。だが、スピード社の製品だけが競技で勝利するためのハイテク水着というわけではない。
国際水泳連盟(FINA)は6月4日、伊アリーナインターナショナル、独アディダス、日本のミズノが開発したハイテク水着を承認した。このすべてが、2008年2月に発表されて以来、37の世界記録に貢献したと思われるスピード社の水着と肩を並べるものと考えられている。
スピード社のレーザーレーサーは価格が550ドル。ほとんど自分の肌同然までのフィット感を出すために継ぎ目は超音波で溶接してあり従来の水着のような縫い目はない。
生地に組み込まれている低反発素材(ポリウレタン素材のレーザーパネル)を含め、最高の素材を見つけるため、NASA米航空宇宙局の科学者たちの協力を得て開発された製品だ。
だが論争も起きている。組み込まれるポリウレタンの薄い層が規定に違反するレベルの浮力をもたらす可能性があるからだ。
スピード社の後援を受けた選手たちがこの新しい水着を着用しだした直後から多数の記録が出た。そうなるとスピード社の技術は行き過ぎで、競技に公正さを欠くと、複数の競合企業とその企業をスポンサーとする各国水泳連盟が異議を唱えた。
現時点で、スピード社製と同等の飛躍的効果をもたらす水着の開発に成功している企業は、米TYR スポーツだけである。5月半ば、米TYR社が、米水泳連盟と共謀したとしてスピード社を告訴した。
とはいえ、私たちには間違いなく北京オリンピックで期待できることが1つある。史上初の新記録達成ラッシュになることだ。そのために多少は宇宙時代の合成樹脂層が欠かせないにしても。
(日本水泳連盟は現時点で公認のミズノ、デザント、アシックス社製以外も、選手が自由に選べることにするとの発言をおおやけにしている。)

◇スピード社のオリンピック選手たちが北京で売りに出ている状態にあるとき、レーザーレーサー・スーツが世界で最も影響を及ぼすファッション会社のひとつ、コムデギャルソンによってデザインされるグラフィックを目玉として売りに出す。私たち運動選手には北京で最速で最高に革新的で最高にパワフルなスーツがあるばかりか最高に美しいスーツがあることになる。
世界記録を破るのにスイマーたちが必要とする究極のフォースの表現をレーザーレーサーにグラフィック的に描くのに、コムデギャルソンは日本の有名なアーティストのひとり、いのうえゆーいちの絵を選んでいる。
キーとなる図柄の書道の文字は、ハート、マインド、スピリット、フィーリングを意味する「心」と読む。
「エネルギーを表現するのがおもしろかった、勝とうとする決意、精神力からくるパワー、それが最終的に結果を決定する。いのうえゆーいちのアートは書道の古びたしきたりじゃないもので躍動する。彼はすばらしいメンタル力を働かせて、ものごとのほとんど原点を描く。そしてはつらつさと耐久力とでスピード感、スピードの源を追求する。私たちがスピード社の領域であるハイテクの開発にゆーいちのアートの力とスピリットを併用するとき、記録は間違いなく破られるでしょう」(川久保 玲:コムデギャルソン)
(スピード社の「レーザーレーサー」サイトより) 

◇NASAによって専門的助言を与えられ、かつてないほど最速のスイムスーツをデザインするための力作で、スピード社は宇宙時代のテクノロジーの研究と実験を活用した。
NASAには世界で最も精密な風洞があり、計り知れないスピードで地球の大気圏に再突入する航空機や宇宙船に作用するといった、物質の表面摩擦を実験するのにそれは使われる。
皮膚への摩擦抵抗がより低いことにより、高速のウルトラスピードの点からベストパフォーマンスが提供されるのを見るため、スピード社は60タイプ以上のファブリックの表面抗力を実験した。
(スピード社の「レーザーレーサー」サイトより)

写真はスピード社がスポンサーの水泳選手リビー・トリケット、オーストラリアグランプリの女子100メートルバタフライで55.74という驚くばかりのタイムを記録した。もちろんウエアはレーザーレーサー。

June 08, 2008

狂った経済


◇マイケル・ホーガンの「おろかな経済」
今頃はニュースを見ているだろう。ダウが400ポイントも下がり、石油が10ドル75セントまで上がっている。これは、ハーバードのMBA(経営管理学修士)を持つテキサスのオイルガイに投票したときアメリカが参加させたものではまったくない。(ノーベル受賞者ジョセフ・スティグリッツの著書「The Economic Consequences of Mr. Bush:ブッシュ氏の経済学の結果」を読むこと)
それでもなお、全部をジョージ・W・ブッシュのせいにはできない。そして常に誰を責めるべきかは必ずしも明白ではない。ハーパーズ誌が最近、現にぐらつくGDPにしばしばひどい成り行きがあるとき、アメリカには「経済」成長への病的執着があると非難するジョナサン・ロウの驚くべきエッセイを掲載した(購読契約がひどく欠かせない)。もちろん、石油価格の高騰は数年先には手際よく道路から追い出しかねない再生エネルギーに向けて無理やりボクたちに行動を起こさせる市場の流儀だとの主張はできる。
ボクはちょうど彼の新しいニュース番組でダン・ラザーが誰かにインタヴューするのを見た。その間に、2007年以降、石油とトウモロコシを含める必需品への莫大な投資金の注入が世界中で食料とエネルギー価格を引き上げてきていると彼は言った。人間の生存にとって非常に重大である必需品に投機をすることは投資家にとって品行方正な(道義をわきまえた)ものかどうか彼は疑った。
君はどう思う?経済はどうなっちゃったのか、どうやって直すか、わかる?わからなくても、最近、なんか適切なセオリー聞いてない?
(VANITY FAIR Daily.com 6 June 2008)

写真は、コロンビアの反体制組織Farcに戦闘をやめて人質全員を解放しろとしきりに促すベネズエラのチャベス大統領
最近見た映画「チャーリー・ウイルソンズ ウォー」にアフガンの戦場にいるひげを生やしたダン・ラザーを下院議員のチャーリーが見つけるシーンがある。アフガンに「おお、ダン・ラザーがいる!」ここからチャーリーの関心はアフガンに向く。チャーリーがソ連のヘリを撃ち落とすために予算をぶんどり、送り込んだ兵器のせいで冷戦時の敵であるソ連を駆逐する。任務達成!チャーリーは地味に学校を作りたかったが、そんなものに予算は微塵もでない。アメリカが手を引いて新たな勢力が流れ込む。これが急進的なタリバンでありアルカイダとは。「アメリカはへまをした」、そう言って映画は終わる。

June 07, 2008

戦争売り込み準備中


◇軍の焦点が核施設から革命防衛隊にシフト

UKサンディタイムズのマイケル・スミスによると、ペンタゴン(米国防総省)は、真偽の疑わしいイランの反乱分子訓練キャンプなるものに対し、迅速正確な「局部攻撃」に向けた計画を立案している。

その断定を西側情報機関のものであるとするスミスは、ブッシュ政権がテロリスト集団と指摘しているイラン国軍のエリート軍団、イラン革命防衛隊に、米国当局がますますフラストレーションを起こすようになっていると断言する。イラクの反乱民兵の武装をイランが手助けしていると西側当局は非難しており、IED(手製爆弾のような即席爆破装置)の調達でイランを非難している。

スミスは、Downing Street Minutes(首相官邸ダウニングストリート議事録)を最初に暴いた人物。それはイラクを包囲するブッシュ政権当局と英国諜報機関との2002年の秘密の会合に関する報告だ。そこで、英国諜報部MI6のリチャード・ディアラブ長官は、イラクを取り巻く事実は、戦争に向けての方針でぐるりと「固められた」と述べた。

「米国の司令官らはイラクでのイランの干渉に対してますます関心を持ち、南部港湾都市バスラでのイラクと米軍の合同軍による最近の成功はコッズ部隊によってくつがえさせてはならないとの決意だ」とスミスは書く。「バスラの情況が以前のようなものに戻るとすれば、アメリカはイランのせいにして戦闘員訓練キャンプに局部攻撃を行いそうだ」との防衛当局者の話を彼は引用する。

・核施設が「ターゲットではない」

ニューヨーカー誌のシーモア・ハーシュとRAW STORYのラリーサ・アレクサンドロヴァーナは、ありうるイラン戦争への売り込み・準備に関するペンタゴン内部計画を暴露した。しかしながら、その報道が流れて以降、イランに関するレトリックはトーンダウンしてきており、ありうる総力戦への関心は減少してきている。

アメリカ当局はイランの核施設への攻撃はどんな攻撃もはばまれたとスミスは言う。しかしながら、民兵キャンプへの攻撃は共和国防衛隊にメッセージを送ることになると彼らは信じる。

先週、CBSニュースがイランへのありうる空爆について報じた。

「兵器が作られる製造工場から、イラクでの作戦を指揮するコッズ部隊として知られる組織の本部まで、標的にはすべてが含まれることになる」と彼らは書いた。

「イランが核開発計画を発展させ続けるのと同様、ペルシャ湾の米軍艦船へのイランの嫌がらせにもまた米国当局は関心を持つ」とCBSは付け加える。「イランのウラニウム濃縮工場の最新の写真が、後ろに防衛大臣がいるのを見せる。まるで、核兵器に取り組むのをイランがやめていたとの、米情報部による最近の調査結果(事実認定)を故意にあざけるかのように。」

イランの核施設への攻撃は計画されていなかったと情報筋はスミスに語った。そのような計画は批判されてきている、なぜならイランの施設の多くが地下にあって、位置のすべてが空爆によって無効にされないかもしれないからだ。

「攻撃があるとすれば、口出しするなとイランに対して明白なメッセージを送るため、訓練キャンプへの攻撃になるだろう」 とひとりの情報局職員は言った。

(RAW STORY 03 May 2008)

写真は、いよいよ開幕したユーロ2008で7日土曜の対トルコ戦で2−0で勝利したポルトガルのサポーター。これから当分眠れない夜になります。実は、わたしもポルトガルを応援してます。クリスティアーノ・ロナルドいるしなー。こっそり言いますがデコも好きです。ゴールを決めたぺぺは最初からいい動きしてます。彼はレアルに所属しますが、目が離せません。

June 06, 2008

ポリティカルダンス


6日のBBC NEWSの一面に「オバマークリントン、ポリティカルダンス」とあります。
以下は、デモクラシーナウ!6月3日ヘッドラインからーー。

◇世論は反戦だと問われ、「なんだつまらぬ」と却下したことで、チェイニーが前言撤回
国民のイラク戦争反対を却下する彼の論議を呼んだコメントをチェイニー副大統領が説明しようとしている。米国のイラク侵攻5周年のインタヴューで、ABCニュースのマーサ・ラダッツ記者は、アメリカ人の三分の二がその戦争は戦う価値がなかったと考えていると指摘した。「So?(それでどうだっていうの?)」とチェイニーはただちに応じた。月曜、チェイニーは全米記者クラブで彼の返事について尋ねられた。
司会者:「あの質問に違って答えておけばよかったですか?そして戦争に関する賢明な態度で国民がはっきりと意見を異にするとして、かまいませんか?」
ディック・チェイニー副大統領:「いいや、私がSo?と言ったとき、その意味はマーサ、質問はなんなのか?だった。マーサは質問したのではなく、声明したのだよ。」

◇核の公開でIAEAが米国、イランをたしなめる
国際原子力機関(IAEA)は今月後半にシリアに査察官チームを送る計画を発表している。シリアが秘密兵器プログラムに従事しているのを証明できると言う情報の共有をブッシュ政権が遅らせるとの批判を受けてるとき、この動きが生じる。
9月のシリアへのイスラエルの空襲を米国は支持したが、先月、国連の査察官らに情報部を引き渡しただけだ。月曜、IAEAのエルバラダイ事務総長はタイムギャップで米国を批判した。
中東での摩擦をさらにかきたてたくなかったので米国は立ち往生していたのだと、グレゴリー・シュルテ米国大使は言った。今年早くに、ニューヨーカー誌の記者シーモア・ハーシュが、標的にしていたものがなにかをイスラエルは知らなかったし、主にイランにメッセージを送るため、飛び越えて攻撃していたと報じた。
月曜エルバラダイは、核計画に関する情報を与えずにいたと言って、イランもまた批判した。イランはさらなる制裁に直面すべきだとシュルテ米国大使は言った。
グレゴリー・シュルテ米国大使:「いろいろな意味で、選択はイラン次第だ。彼らは孤立したままでいる用意があるのか?彼らはさらなる制裁と、世界の経済システムと財政システムからの孤立にみずからをさらす用意があるのか?または、検討中である申し出を受ける用意があるのか?われわれは、彼らが申し出を受けることにすると期待する。」
イランの核計画と中東和平に関し、イランは米国との会談を提案してきている。だが、どのような交渉も、核の具体的活動をイランが放棄することでブッシュ政権はあらかじめ調整してきている。

◇自治権運動のまっ最中にモラレスは改革推進を誓約する
ボリビアではモラレス大統領が、石油が豊富な地方からの自治権運動にもかかわらず、国有化の奮闘で前進することを誓約している。日曜、先月のボリビアで最も豊かな地方サンタクルスに続いて、ベニとパンド州の有権者らが自治権の住民投票を承認した。月曜、モラレスは石油パイプライン会社の国有化を発表して、ボリビアを分断する運動を無効と退けることを誓約した。
ボリビアのエボ・モラレス大統領:「ボリビア国民からのこのはっきりした要求、とりわけ、ネオリベラル政府を通じて不変に示威運動をした社会運動の要求と共に、エネルギー産業の回復を続け、こんなふうにボリビア国民の願望をかなえることが私たちの義務だ。回復のプロセスはこの政府と共に続くだろう。」

写真は、6月6日協力関係のアピールが始まったオバマとクリントン、BBC NEWSの写真のキャプションには「白人労働者階級の有権者といっしょにクリントン夫人はオバマ氏を支えられるのか?」とある。

June 03, 2008

黒人候補が初の指名!とメディア


オバマが民主党の指名を獲得するのはほぼ決まりだと、米メディアは伝える。
最後の予備選となったサウスダコタとモンタナの投票も終了し、出口調査では、オバマが指名に必要な過半数を制するのは間違いないとメディアは伝える。
さて、はたしてヒラリーがオバマのランニングメイトになるのかどうか。
昨晩ニューヨークの同僚下院議員との電話の中で、彼女はそれを「快く受け入れる」と言っている。
(BBC NEWS 03 June 2008より抜粋)

June 02, 2008

犬も住めない南アの移民キャンプ


デモクラシーナウ!5月29日ヘッドラインからーー。

◇世界クラスター爆弾禁止が米国の異論を制して承認される
100カ国以上がクラスター爆弾禁止に同意している。この条約にはダブリンでの協議をボイコットした米国は含まれない。ロシア、中国、インド、パキスタンもまた加わらなかった。だが、英国政府が米国の圧力を無視したとき、あおりをうけた協定は土壇場の介入で調印された。クラスター弾薬連合のトーマス・ナッシュは協定はたくましいと言った。
トーマス・ナッシュ:「それは途方もなく強い文書です。すべてのクラスター弾薬を永久に禁止するものなので、途方もなく大胆な文書です。どんなクラスター弾薬も二度と使用を許さないとの、非常に強く制限する明確な限定がこれにはあります。」
クラスター爆弾には、広域にばらまかれ、最初の衝撃で頻繁に破裂しない小型爆弾が詰め込まれている。時には町の中心地に何年も置かれるのを、地面から拾い上げた子どもたちには特に致命的だった。地雷アクションのディレクター、サイモン・コンウェイは、協定が何十万人の命に影響を及ぼすことになると言った。
サイモン・コンウェイ:「これはどっしりと重い。これが世界を大きく変えることになる。さもなければ命や手足を失うことになった何十万の人たちのことを私たちは考えている。」
ブッシュ政権は、クラスター爆弾の排除は米兵を危険にさらすと言って米国のボイコットを擁護する。反対にもかかわらず、最終的言い回しに影響を及ぼすため、米国当局者らが舞台裏でこっそり働きかけたのは明らかだ。米国の圧力はどうやら、条約国に非条約国との軍事作戦に従事するのを許すための条項を確保することで決め手となったようだと、反クラスター爆弾活動家は述べる。
(子爆弾の不発率が低い新型の高性能爆弾は禁止対象から外した。例外を設けても現在世界で保有されているほぼすべての爆弾が禁止対象になることから折り合った。条約に加盟する保有国は8年以内に全廃を目指す。一方、条約加盟国は非加盟国との「軍事協力や作戦」ができるとした。米国と同盟関係にある日本や英国の対米軍事関係を妨げないという配慮だ。朝日新聞)

◇外国人嫌いの暴力で南アフリカの移民が追い払われる
外国人嫌いの暴力のうねりで、南アフリカでは何十万という移民が退去させられている。国の全域で暴徒らが移民社会を襲撃した今月初め、暴力が突発した。身元不詳のソマリア人難民が国際的な介入をせきたてた。
身元不詳:「私たちは争いから逃げました。私たちは自分の国から遠くまで逃げました。私たちはここで殺されます。私たちは自分の国で殺されます。私たちがどこに属すのかわかりません。ですから、私たちに必要なのは、国連と政府です。あなたが今どこにいようと、あなたがこれを聞いているなら、私はあなたに言います、タボ・ムベキ、これを支援するのはあなただ、この問題のすべてを行ったのはあなただ、なぜならあなたはこの国のボスだからだ、あなたは大統領、これをただちに止めることができた。あなたには重装備の軍隊、重装備の警察がある。外国人嫌いの攻撃が始まるずっと前にこれを止めることができた。」
南アフリカのウエスタンケープの当局者らは、その州を災害指定地帯だと宣言するよう政府に求めている。別の身元不詳の移民は、間に合わせのキャンプは居住に適さないと言った。
身元不詳:「私たちが来たときは、2000人以上の人がわずか2つのテントを用意されただけだった、なんとも常軌を逸してる。トイレはない、薬局はない、クリニックはない。そうして彼らは政府があの場所を提供していると言う。だからそこに行き着いても、あの場所には犬だっていられないことに気づく。つまりこの事実から、政府と一般的にすべての南アフリカ人が、私たちを好まないことが明かされるというものだ。」

◇ニューヨークが同性婚を事実として受け入れる
そしてここニューヨークでは、デイヴィッド・パターソン州知事が州の機関に同性婚の容認に着手するよう指示している。ニューヨークは、同性婚を禁止すると同時に、よその州で合法的に行われるならこれを受け入れる、最初の州になることになる。

写真は南アフリカのスティーヴ・ビコ解放のデモ。1980年ピーター・ガブリエルの歌「ビコ」で彼の名はよく知られる。ビコの運動、彼の精神を受け継いだその後の運動など、南アフリカは忘れてしまったようだ。ビコの闘いは、人種差別からの黒人意識の解放を目指すもので、アパルトヘイト時代の「非白人」というネガティブな規定や、「カラード」「インド人」「アフリカ人」という分断の強制を拒否。「 黒人とは、南アフリカでは法と伝統で差別されているが、自らの希望を実現する戦いに一体となって関わる人々のこと」だと規定した。ANC(アフリカ民族会議)が非合法だった当時、代わりにビコが精神的支柱のBPC(黒人人民会議)が全国政党の役割をになった。1977年8月18日、テロリズム法第6条で再逮捕拘禁されたプレトリアで、拷問による脳挫傷が原因で彼は死ぬ。南アフリカ現大統領のタボ・ムベキは、国外追放されるも、反アパルトヘイトのANC闘士のひとりだ。

パレスチナ人に未来はあるのか



◇ガザのフルブライト奨学金がもとどおりになった
米国で勉強するため、ガザの7人のパレスチナ人のフルブライト奨学金を国務省はもとどおりにした。
イスラエルが学生たちに出国許可を用立てなかったせいで奨学金を取り上げるとの決定をこれがくつがえす。
一年前にハマスが権力を奪った後、イスラエルはガザの封鎖を強化して大規模にその自治領を外の世界から孤立させる。
エルサレムの米領事館は、自治領から外に出すために取り計らっていると学生たちに話している。
・完ぺきな視界
ガザ出身の数十人のパレスチナ人学生たちは、イスラエルの封鎖のせいで、海外で大学のコースに従事することはできないだろうと言われてきている。
人権団体とイスラエルの政治家たちは、学生たちを出国させない政策を「集団懲罰」として説明してきている。
パレスチナ人戦闘員たちがガザからイスラエルの町にロケット弾を発射するかぎりは、誰もガザから出られないとイスラエルは言う。
日曜日、結末が期待されるとのアメリカの要請に続き、イスラエルはパレスチナ人学生をなんとか援助するつもりであるとイスラエル外務省のスポークスマンは言った。
信望のあるフルブライト奨学金は米国務省によって運営される。
金曜日、コンドリーザ・ライス国務長官は、奨学金の取り消しを調査すると約束している。
「率直に言って、2国の問題解決はイスラエル人とパレスチナ人にとって、まずまずの暮らしを持ちたいと望むその地域の人々にとって、とても重要だと信じるからには、若者に約束を保証できないなら、彼らの期待と彼らの夢に完ぺきな視界を与えられないなら、パレスチナ人に未来はあるのか私にはどうもわからない。」とライスは言った。

写真はガザの生徒たち。2枚目の写真には「才能ある学生にとってガザの教育システムには限界がある」とのキャプションがついている、BBC NEWSより

June 01, 2008

テディベア・スコティ


◇ホワイトハウス:マクレランは不満を抱いて「ふくれた」元雇い人
ブッシュ政権はホワイトハウス元報道官スコット・マクレランからの痛烈な批判を簡単に片付けてきている。水曜日、ホワイトハウス報道官ダナ・ペリノはマクレランを不満を抱いて「ふくれた」元従業員と呼んだ。彼女はこう続けた、「嘆かわしい。これは私たちが承知しているスコットではありません。」一方、マクレランは、ヴァージニア州アーリントンの自宅の外で記者らから質問を受けていた。
スコット・マクレラン:「まあ、人がそれに目を通す機会を得るのが望ましいです。重要なかなりのメッセージを得られると思います。そして今日、私はそれをはっきりさせたいです。そして明日のインタヴューで話すのを楽しみに待ちます、明日始まります。そのとき秘密をおおやけにして話すのを楽しみに待ちます。」
記者:FOX TVでの昨夜のカール・ローヴのコメント、「左翼のブロガーのしわざのよう」だった、これに対するあなたの返答はなんですか?
スコット・マクレラン:「繰り返します、明日のインタヴューでお答えするつもりです。そうすることで人が機会を得られればと期待します。たくさんコメントすることがあると考えます。実際に本を見る機会が人々にはないのです。本には人々が目を通す必要があると私が思う重要なメッセージがあります。そして今日、私はそれをはっきりさせたい、人々にそれに目を通す機会を得させたい、そして明日、秘密をおおやけにして話すのを楽しみに待ちます。」
同時に、遠慮なく話すには遅すぎるといった批判をマクレランは受けいている。反テロリズムの元権力者(帝王)リチャード・クラークは、マクレランはホワイトハウスにいる間に彼の確信を共有するべきだったと言った。
リチャード・クラーク:「ブッシュのプロパガンダ機構のからくりを通して、イラク戦争がいんちき商品として国民に売られたのを、大部分のアメリカ人はだいぶ前に見抜いた。だからどうやら、わかりきったことについて目をくらますようなフラッシュを私たちに教えてくれてありがとう、スコット、だよ。しかしながら、2004年にはわかりきったことでなかった。そして私が2004年にそれを言ったとき、マクレランは、ブッシュ政権を批判しイラク戦争を批判したと私を攻撃したホワイトハウス機構の一部だった。」
マクレランはブッシュの報道官として3年ちかく務めた後、2006年4月に辞職した。
(デモクラシーナウ!2008年5月29日ヘッドライン)

◇記者たちにCIA工作員名をリークするため、ブッシュがこっそりとイラクに関係する2002年NIE(国家情報評価報告書)の機密扱いをといたと、マクレラン
30 May 2008 by Think Progress

今朝のメレディス・ヴィエラの番組「Today」出演中に、元報道官スコット・マクレランは、イラクに関係している2002年国家情報評価報告書のリークをブッシュ大統領自身が認可していたのを確認した。

マクレラン:だが、もうひとつ決定的瞬間は2006年4月初期でした。そのとき私は、副大統領とスクーター・リビーが匿名で記者らに名前を明かすのに大統領がイラクに関係する国家情報評価報告書をひそかに機密扱いから外したことを知りました。そして選択的な機密扱いの情報のリークを大統領がどう重く取り上げるかを私たちは向こうで考えていました。そして、さあどうぞ、私たちが批判していたこととまさに同じことを大統領が認可していたとの知識です。

ホストのヴィエラ:大統領に話しましたか?あなたはなぜこういうことをしているのでしょう?

マクレラン:実は話をしました。私たちの会話について話しました。私は大統領専用機に歩いていきました、ノースカロライナだと思います、南のほうであったイベントの直後でした。そして私が大統領専用機に歩いていくと、合法的な訴訟手続きの最中におおやけになったこの暴露について質問しようとしている記者が大統領に大声で問いかけていました。暴露とは、大統領が認可していたか、またはスクーター・リビーに行かせてこの情報について話す認可を与えたかでした。そして私は大統領に記者が質問していたことを話しました。この情報をリークするのを認可したのはあなただと、あなた自身だと記者は言っていたと。すると彼は「year,I did」(ああ、認可したとも)と言いました。私はちょっとめんくらいました。

マーシー・ウィーラーは、「とはいえ、これまでのところ、私たちにはこの情報を機密扱いから外すよう彼が実際にブッシュに頼んだというディック・チェイニーの言葉があるだけです。情報を実際に機密扱いから外したとのブッシュの確認はありません。でも今は、米大統領の彼がこの情報のリークを認可したと確認する、ジョージ・ブッシュがいます」と書く。

◇2003年10月6日ホワイトハウス定例会見よりーー。
記者:「スコット、大統領はCIA工作員名漏洩事件の調査結果を心待ちにしていて、誰が関わっていても大統領は説明責任を果たすと話してますが、」
スコット・マクレラン報道官:「そのとおりです。」
記者:「ところで、ホワイトハウス関係者が機密を漏洩していた場合、それが誰であろうと大統領は解雇すると確約できますか?」
マクレラン報道官:「先週、この話題が出たときにはっきり言いましたが、機密の漏洩元が政権内の人物であった場合、もうその人物はこの政権内で仕事はできません。これはきわめて深刻な事件です。大統領はつい最近もイーストルーム(ホワイトハウス東棟)で言ってましたが、機密漏洩は深刻な事態です。だから大統領は捜査の結末が知りたいんです。早ければなお結構。」

ワシントンのロビイストに転職し、すっかり愛想がよくなったフライシャー元報道官は、ローブと同じ漏洩元の容疑で捜査対象になっている。カール・ローブが機密漏洩元との報道が配信されてから、ホワイトハウスの定例会見は異常な盛り上がりを見せている。前任者アリ・フライシャー報道官の恫喝姿勢と違い、現在のホワイトハウス報道官スコット・マクレランは、穏やかな口調でなめらかにウソを言い、問題をごまかす技能に長ける優秀な人物だ。英語を使って最大限曖昧な表現を試みるとき、マクレラン報道官のテキストほど参考になるものはない。だが、その「テディベア・スコティ」(マクレラン報道官のニックネーム)も、最近は、詰め寄る記者たちをごまかすことができずに苦戦している。